国会議員白書トップ衆議院議員内海清>30期国会活動まとめ

内海清衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言   4202文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  1回発言   2435文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  1回発言   2856文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  3回発言   9493文字発言

本会議発言一覧

第48回国会 衆議院 本会議 第17号(1965/03/12、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、政府提出の昭和三十九年度中小企業年次報告並びに昭和四十年度中小企業施策について、主要点につき、若干の質問をいたしたいと存じます。今回の白書において、政府は、金融引き締めが行なわれて以来、企業倒産の増加などの形で行き詰まりが表面化している、その根底には産業構造の変化………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第2号(1965/10/11、30期)

ただいま議長から御報告のありましたとおり、本院議員高橋等君は、去る八月十日、病のため、関東逓信病院において逝去されました。まことに痛惜の念にたえません。私は、諸君の御同意を得て、議員一同を代表し、つつしんで哀悼のことばを申し述べたいと存じます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第14号(1966/02/08、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、今回の全日空ボーイング727型機遭難事故につきまして、政府に対し若干の質問をいたしたいと存じます。その前に、このたびの事故によって不慮の災難にあわれました方々に対し、つつしんでその御冥福をお祈りいたしますとともに、御遺族の人々に対し、心から哀悼の意を表する次第でご………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   6393文字発言
 第46回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43) 12回発言  68897文字発言
 第47回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   9095文字発言
 第48回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47) 10回発言  51275文字発言
 第49回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  2回発言  12228文字発言
 第50回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第51回国会 56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 56) 10回発言  46126文字発言
 第52回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言  16503文字発言

  30期通算 167回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員167) 37回発言 210517文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
           124回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員124) 32回発言 167158文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35)  4回発言  36191文字発言

 社会労働委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   7168文字発言

 建設委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 日本国と大韓民国との間の条約及び協定等に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第45回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1963/12/14、30期)

先般の当委員会におきまして、多くの人命が犠牲になりました国鉄の鶴見事故を中心にしまして、事故防止の見地から、国鉄経営のあり方等について真剣な論議が行なわれたのでありますが、かかる傾向は、私は、今日わが…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1964/01/31、30期)

私は一般質問といたしまして、若干大臣にお尋ねしたいと思います。御承知のように、第四十三通常国会におきまして、いわゆる海運二法律が通過いたしたわけでございます。この海運二法律は、申し上げるまでもござい…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1964/02/07、30期)

この日本鉄道建設公団法案につきましては、御承知のようにすでに四十三国会でいろいろ論議されまして、そうして衆議院は通過いたしたわけでございます。ところが参議院段階でこれが流れまして、再び本国会に上程され…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1964/03/06、30期)

このたびの公団法の一部の改正は従来の業務範囲から新しく二つほど広げられるわけでありまして、その一つが、老朽貨物船を解撤する海上貨物運送業者等と費用を分担して内港貨物船の建造ができる、いま一つは、港湾運…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第18号(1964/03/17、30期)

時間もだいぶ経過したようで、皆さんだいぶお疲れのようですから、なるべく重複を避けてお伺いしたいと思います。今回の日本観光協会法の一部改正でありますが、これは端的に申しますならば、いままで一本でやって…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第20号(1964/03/27、30期)

中小型鋼船造船業合理化臨時措置法の一部改正でありますが、これは三十四年にできまして、御承知のように時限立法でございますけれども、この三月末で切れることになっております。ところが、この中小型鋼船造船業の…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第23号(1964/04/03、30期)

けさほど来いろいろ論議されてきたのでありますが、大臣もいま席をはずしておられるようでありますので、この法案の内容につきまして少しお伺いをいたしたいと思います。この内航海運の不振の大きな原因の一つには…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第24号(1964/04/07、30期)

前回に引き続きまして若干の御質問をする次第でありますが、今度の法改正によりまして、内航の適正船腹量を運輸大臣において決定して、そうしてこれが次年度の適正船腹量との関係で、次年度をオーバーするような、あ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第30号(1964/04/24、30期)

いろいろ論議してまいられましたので、私は簡単に二、三御質問したいと思います。水先人の資格につきましては、これは法文化されております。ところが水先人の身分と申しますか、これは、語弊があるかもしれません…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第38号(1964/05/29、30期)

いろいろこの調整法に関連しまして、海運関係の問題が論議されてまいったようであります。時間の関係もありますので、なるべく調整法に関係深いようなことについて一応お尋ねして、一般問題につきましては、時期を得…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第41号(1964/06/09、30期)

陸運行政につきましてはいろいろお尋ねしたいこともございますが、私はとりあえず今度の道路運送車両法の特例法について簡単に二、三御質問して終わりたいと思います。この条約の締約国の国民が自家用車をわが国に…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第42号(1964/06/10、30期)

海運に関する件でありますが、主として船員の福利厚生問題について御質問申し上げたいと思うのです。この問題は運輸、厚生両省にまたがっておる問題でございまして、いろいろむずかしい問題があると思うのであります…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第46号(1964/06/25、30期)

今回の改正は、国際海上衝突予防規則の改正に伴いまして、これに対応して行なわれるものでありまして、この改正は当然だと思うのでありますが、それにつきまして二、三ちょっとお伺いしてみたいと思うのであります。会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1964/12/17、30期)

海難のふえます冬がやってまいりました。したがって、この海上安保の問題につきまして若干の質問をいたしたいと思うのであります。最近、北洋を中心としてまして漁船の海難事故がかなり多いようでございます。ただ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1965/02/24、30期)

本法案につきましては、すでに同僚議員から多くの質問がなされておりますが、ごく簡単に若干の御質問を申し上げたいと思います。政府は、三十六年に港湾整備五ヵ年計画を策定しまして、それの実施に入ったのであり…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1965/03/23、30期)

時間もないようでございますので、二法案についての簡単な御質問を申し上げたいと思います。この敷設法の一部改正につきましては、今回提案されておりますような東京都の国分寺付近から神奈川県の小倉付近、それか…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1965/03/24、30期)

私はきょうはオーナーの問題につきまして若干お尋ねいたしたいと思うのであります。御承知のように、海運の再建整備の二法案が実施されましてから今日まで約一年になりますが、この間にいろいろな困難な問題もあった…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第24号(1965/04/15、30期)

時間がありませんので、いろいろお尋ねしたいと思いますが、簡単に特にきょうお出まし願った参考人の方々に対して一、二お尋ねして、政府に対するものはまたの機会にいたしたいと思うのであります。一つ和田参考人…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第30号(1965/05/11、30期)

港則法の一部改正の法律案につきまして、ごく簡単に御質問申し上げたいと思いますが、今日港の状態は、この提案理由の説明にもありますように、わが国の経済の発展に伴いまして、港湾の取り扱いの貨物量が非常に増大…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第32号(1965/05/18、30期)

先ほどいろいろ論議されました中で、特に久保委員の海運集約によりまする経営基盤の強化、それから船腹の増強、いわゆる大量建造、こういう問題でいろいろ論議があったわけでございますが、これについて私はただ一つ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第33号(1965/05/26、30期)

かなり詳細な質問を行なわれたようでありますが、今回の室蘭港における災害は、外国の船が日本の港に来て、こういう不慮の災害を受けたという点、われわれも非常に考えなければならぬ問題であると考えるのです。こと…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第34号(1965/06/02、30期)

いろいろお尋ねしたいことがございますが、できるだけ簡単にいたしたいと思います。最初に内航関係につきまして少しお伺いをしたいと思うのですが、御承知のように昨年の十二月に運輸省で内航船腹量の最高限度がき…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第11号(1965/03/25、30期)

時間が迫っておりますので、ごく簡単にお尋ねしたいと思うのであります。原子力商船の建造につきましては、私もかつて当委員会で、できるだけ早く建造すべきである、すなわち造船海運国といたしましてはできるだけ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1965/04/14、30期)

原子爆弾被爆者の医療等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして若干の御質問を申し上げたいと思うのであります。戦後すでに二十年経過いたしておるわけでありますが、この原爆被爆者の実態を見ますときに…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1965/08/19、30期)

今回の日米航空協定の改定につきましては、当委員会におきましても、今日まで数次にわたりまして大臣の決意のほどをお伺いし、さらに国会の決議に沿いましての交渉を強力に進めていただきたい、こういうことが繰り返…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第4号(1965/08/11、30期)

時間がよほど経過いたしましたので、なるべく簡単に御質問申し上げたいと思います。原子力商船の第一船の開発につきましては、すでに御承知のように三十八年に日本原子力船開発事業団法ができまして、それに基づい…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1966/02/19、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、ただいま提案になっております国有鉄道運賃法の一部改正案並びに自民党提出の修正案に対しまして、反対の討論を行ないたいと思うのであります。本案につきまして、まず私は、…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 運輸委員会 第18号(1966/03/18、30期)

踏切道改良促進法の一部改正に関する法案が提案されておりますが、この踏切道改良促進法は三十六年にできて、四十年までの時限立法である。これをさらに延長しようというのでありますが、このことは今日までの経過を…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 運輸委員会 第32号(1966/05/13、30期)

大臣がおられませんが、また出席されましたらそのときに御答弁願いたいと思います。一応お尋ねしておきたいと思いますのは、御承知のような港湾に関しますいろいろな問題、その解決がわが国では非常におくれておる…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 運輸委員会 第33号(1966/05/18、30期)

前会の質問に続きまして、若干お尋ねしたいと思います。前会、私質問いたしましたが、なお十分理解しがたい点があるので、重複するかもわかりませんが、この問題から始めたいと思います。今回の改正で、一般港湾事…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 運輸委員会 第38号(1966/06/01、30期)

この小型船造船業法案につきまして御質問申し上げたいと思いますが、きょうで終わらぬかもしれませんけれども、この委員室が一時から使われるそうでありますので、適当な時間に打ち切って、次にやらしていただくとい…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 運輸委員会 第39号(1966/06/03、30期)

いろいろすでに御質問ございましたので、できるだけ簡略にいたします。いま関谷委員からもいろいろお話しございましたが、私もそのことについて常々考えておるものでございます。ただ、きょうお呼びした参考人は大体…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 運輸委員会 第40号(1966/06/07、30期)

だいぶ時間が経過しておりますので、若干質問して次の機会に引き続いて質問いたしたいと思います。さきに海上保安庁から、海上保安の現況についての発表がありました。それによって見ましても、漁船の海難が全海難…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 運輸委員会 第41号(1966/06/08、30期)

小型船造船業法案につきまして、前回に引き続いて質問をいたしたいと思います。最初にお伺いしたいと思いますのは、御承知のように合理化臨時措置法は四十二年の三月までの時限立法になっております。先般来の参考…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 運輸委員会 第44号(1966/06/25、30期)

この際ひとつお伺いいたしたいと思いますのは、御承知のように昨年、特殊法人の日本自動車ターミナル株式会社というものが発足したわけです。ところが現在のターミナル事業そのものは、これは公共性を持っておること…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第11号(1966/03/24、30期)

時間の制約がありますので、簡単にお聞きします。御承知のように、わが国は非常な地震国でございます。したがって、地震学につきましては、世界で一番研究されておるということであります。この地震学の研究が始ま…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1966/07/20、30期)

原子力船のいままでの経緯につきましては、いま事業団の理事長さんのほうから大体経過をお話しいただきまして、われわれもこれは大体承知いたしておるのであります。つきましては、去る十四日に原子力委員会で大体い…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22