蔵内修治衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言    564文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  4回発言   6735文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  5回発言   7299文字発言

本会議発言一覧

第48回国会 衆議院 本会議 第30号(1965/04/09、30期)

ただいま議題となりました臨時石炭鉱害復旧法の一部を改正する法律案外一件について、石炭対策特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告いたします。石炭鉱害の復旧については、臨時石炭鉱害復旧法並びに石炭鉱害賠償担保等臨時措置法により大きな効果をあげてまいりましたが、いまなお累積鉱害が多数残存し、また、………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第21号(1966/03/03、30期)

私は、ただいま趣旨説明のありました石炭関係三法案、並びに、これに関連して、今後行なわるべき政府の抜本的石炭安定対策について、自由民主党を代表して若干の質疑をいたしたいと存ずるものであります。各位もすでに御承知のとおり、過去十年間を通ずるわが国石炭鉱業の課題は、豊富かつ低廉な重油の急激な進出に対して、………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第32号(1966/03/25、30期)

ただいま議題となりました炭鉱離職者臨時措置法の一部を改正する法律案について、石炭対策特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。炭鉱離職者臨時措置法は、石炭対策の一環として昭和三十四年に制定されたものであります。すなわち、石炭鉱業の合理化に伴い、一定地域に多数発生した炭鉱離職者の職業………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第46号(1966/04/28、30期)

ただいま議題となりました産炭地域振興事業団法の一部を改正する法律案について、石炭対策特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のとおり、産炭地域振興事業団は、産炭地域における鉱工業等の計画的発展をはかるため、工業用地の造成、ボタ山処理及び設備資金の貸し付けの業務を行なってきた………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第61号(1966/06/09、30期)

ただいま議題となりました産炭地域振興臨時措置法の一部を改正する法律案について、石炭対策特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。石炭鉱業合理化の進行に伴う産炭地域の疲弊は、数次の石炭対策にもかかわらず、ますます深刻の度を加える傾向にあります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第46回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第47回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言    114文字発言
 第48回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  4)  3回発言   4961文字発言
 第49回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第51回国会 64回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 63 委員  0)  3回発言   5422文字発言
 第52回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  1)  3回発言   7717文字発言
 第53回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   2718文字発言

  30期通算 129回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事112 委員 16) 11回発言  20932文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 68 委員  4)  1回発言   2718文字発言

 石炭対策特別委員会
            53回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 44 委員  8) 10回発言  18214文字発言

 国際労働条約第87号等特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 災害対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 社会労働委員会理事(第48回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第48回国会)
 社会労働委員会理事(第49回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第49回国会)
 社会労働委員会理事(第51回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第51回国会)
 社会労働委員会理事(第52回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第52回国会)
 社会労働委員会理事(第53回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第47回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1964/11/09、30期)

この際、動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によることなく中村寅太君を委員長に推薦いたしたいと思います。何とぞ満場の御賛成をお願いいたします。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1965/01/26、30期)

この際、動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いずに、加藤高蔵君を委員長に推薦いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1965/02/04、30期)

この際、動議を提出いたします。理事は、その数を八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第21号(1965/04/27、30期)

去る四月九日爆発災害を起こしました日鉄鉱業株式会社伊王島炭鉱の事故について、御報告申し上げます。派遣委員は、加藤高蔵委員長、田中六助、多賀谷真稔、細谷治嘉、伊藤卯四郎の各委員及び私であり、現地におい…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1966/04/14、30期)

石炭鉱業合理化臨時措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議の趣旨を、三党を代表いたしまして簡単に申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1966/04/21、30期)

参考人にも長時間でお疲れでございましょうし、時間も経過しましたから、ごく簡単に伺います。堀坂さんに伺いますが、産炭地域の基盤整備のための、たとえばボタ山処理であるとか、土地造成であるとか、水道事業、…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第19号(1966/06/08、30期)

時間がありませんから、ごく簡単に…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1966/07/13、30期)

この際、動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によることなく、野田武夫君を委員長に推薦いたしたいと思います。何とぞ満場の御賛成をお願いいたします。会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1966/07/28、30期)

今度の答申について、大蔵、通産両大臣に少しこまかく御質問を申し上げる予定でおりましたが、いろいろな都合があって時間がだんだん迫ってまいりまして、大臣の御都合もございましょうから、きょうはごく基本的な問…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1966/08/12、30期)

参考人の方も、相当長時間にわたりましてお疲れだろうと思いますから、ごく簡単に質問をいたしたいと思います。実は、昨日二時からの予定が四時以降に下がったものですから、私、参考人の方々の御意見を聞いてない…会議録へ(外部リンク)

第53回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1966/12/19、30期)

炭鉱離職者臨時措置法の一部を改正する法律案について、大臣及び政府当局に重要なる数点について御質問をいたしたいと思います。第一に、石炭鉱業の現状は、もうすでに大臣もよく御承知のとおりでございますが、石…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22