長谷川正三衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(30期)

30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  1回発言   2328文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言   2637文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  2回発言   4965文字発言

本会議発言一覧

第46回国会 衆議院 本会議 第24号(1964/04/16、30期)

私は、ただいま議題となりました国立教育会館法案につきまして、日本社会党を代表いたしまして、反対の意見を申し述べたいと存じます。(拍手)まず第一に、本法案を提案するに至るまでの経過並びにその取り扱いについて納得しがたい点が多々あるのであります。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第42号(1965/05/11、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりました刑法の一部を改正する法律案につきまして、反対の討論をいたそうとするものであります。(拍手)本法案は、最近における交通事犯の実情等にかんがみ、刑法第四十五条後段の併合罪となる罪の範囲に改正を加えるとともに、同法第二百十一条の業務上過失致死傷罪………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 23)  6回発言  31753文字発言
 第47回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   8277文字発言
 第48回国会 44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 44)  7回発言  42851文字発言
 第49回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言   5458文字発言
 第51回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員  9)  6回発言  43156文字発言
 第52回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  3)  3回発言  30953文字発言

  30期通算 126回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 34 委員 92) 26回発言 162448文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

文教委員会
            83回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 34 委員 49)  20回発言 127980文字発言

法務委員会
            31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 31)   3回発言  16745文字発言

体育振興に関する特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)   1回発言   2715文字発言

逓信委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   7369文字発言

建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   7639文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

文教委員会理事(第46回国会)
文教委員会理事(第51回国会)
文教委員会理事(第52回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1964/02/21、30期)

前会、三木委員から、やはり文教施策の全般にわたっての御質疑がありまして、特にその際、いま非常に国民に衝動を与えましたあの高校生のきわめて残虐な殺人事件、あるいは連続強盗事件等々、青少年の問題にからみま…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1964/03/04、30期)

国立学校設置法の一部を改正する法律案について先般提案の御説明がありましたが、これは原則的に賛成いたすものでありますけれども、しかしこの機会に、将来の展望も含めて二、三の点をただし、かつ部分的には当該学…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1964/03/06、30期)

前々回の本委員会におきまして、文化財保護に関しまして、特に現在憂慮されておる点に関し、特に私の地元に起きている具体的問題につきまして、すなわち国立町にある国分寺史跡がいつの間にか宅地に分譲され、すでに…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1964/03/25、30期)

関連して。念には念を入れて確かめておきたいのですが、贈与という形でも軽々に行なうことは将来他の国に対して非常に大きな禍根を残すおそれがあるという指摘は、山中委員のおっしゃったとおりで、私も全く同感なん…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1964/04/15、30期)

三木委員のほうからだいぶ詳細な御質問があって、かなり明らかになったようですが、二、三逐条的に御質問申し上げます。評議員会の権能と申しますか、扱う事項として、定款の変更ということがございます。最初に定…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 文教委員会 第35号(1964/06/26、30期)

最初に、ただいま川崎委員から僻地教育問題についてずっと質問がありましたので、それに関連して一つだけ文部省の態度をお伺いしたいのですが、先ほど福田局長の御答弁の中で、僻地教育の振興のために、特に優秀な教…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1964/12/16、30期)

私はきょうの委員会で長谷川峻委員の質問、床次、ただいまの三木、各委員のお話を伺っておりまして、私もついおとといも、東京のある高校の女生徒が自殺をして、そのおとうさんから泣いて訴えられました。いま審議さ…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1964/12/18、30期)

一昨日開かれました前回の本委員会で、文化財保護、特に埋蔵文化財の問題について御質問申し上げましたが、非常に時間がありませんで質問が残っておりますので、特にお許しをいただきまして引き続いて質問をさせてい…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1965/03/27、30期)

今朝の新聞、テレビ等の報ずるところによりますと、政府が妥結を目ざして鋭意進めておられます日韓会談において、特に在日韓国人の法的地位について昨夜も徹宵折衝が続けられたというふうに伝えられております。私、…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1965/02/19、30期)

第四十八国会の最初の文教委員会でありました二月十日の委員会のおりに、愛知文部大臣から本年度の施策について所信の表明がございました。これに関連して、私はこの際、全般にわたりまして、文教施策についての御熱…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1965/03/24、30期)

私も、ただいま非常に論議を呼んでおります宮城教育大学の新設の問題につきましては、先ほど来の川崎委員、いまの三木委員との質疑あるいは答弁を伺っておりまして、やはり釈然としないものがあります。特に教員養成…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 文教委員会 第12号(1965/03/26、30期)

ただいま上村委員からもいろいろ御質問がございまして、また、その中のお話にもございましたけれども、アジアにおきまして初めて開かれました昨年の秋のオリンピック東京大会を記念いたしまして、全世界の各国各民族…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1965/05/07、30期)

だいぶ前から質問の通告を申し上げて、宮地局長にはそのたびにから振りでたいへん御迷惑をかけました。ようやくきょう機会を得ましたので、具体的なことを局長のほうに伺い、あとで総括的なことは大臣がお見えになっ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第14号(1965/03/16、30期)

私は、現在政府によって進められております日韓会談に関連いたしまして、在日朝鮮人の方々の法的地位について、法務大臣並びに関係各位に御質問を申し上げたいと思います。御承知のように、日韓会談は始められまし…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1965/03/19、30期)

ただいま横山委員からも御発言がございましたが、私は十六日の本委員会の質問におきまして、冒頭に法律の専門家でないという点をお断わりして、しかし、いま非常に重大なこの日韓会談につきましては、国民が非常な関…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1965/08/11、30期)

文化財保護の問題について、従来いろいろお尋ねをし、また御善処を願ってきておりますけれども、その後の状況についてごく簡単に数点にわたってお尋ねを申し上げたいと思います。第一は、過般新聞でたびたび報道さ…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1965/08/10、30期)

私が御質問申し上げたいと思ったことの大半は、ただいま横山委員の御質問でかなり明らかになりましたので、あと一、二点つけ加えて御質問申し上げたいと思います。いま横山委員が、最後に大臣に念を押された点でご…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 建設委員会 第28号(1966/06/01、30期)

外郭環状線に関する問題につきまして、すでにだいぶ長時間にわたりまして、小山委員、帆足委員から御質疑がございまして、私が御質問申し上げたい点についても相当触れられておりますので、時間も経過いたしておりま…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 体育振興に関する特別委員会 第8号(1966/03/30、30期)

私は、ただいままで西田、江橋両参考人のお話や、その後同僚委員のいろいろな貴重な御意見を含めての御質問、さらにその御答弁を通しまして、国民体育の振興に関しまして多くの共鳴を覚え、あるいは新たに啓発をされ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1966/03/09、30期)

私は、議題となっております国立養護教諭養成所設置法の一部を改正する法律案に関連いたしまして二、三この際文部省の見解をただし、なお今後について御要望申し上げたい、こういうように考えます。学校教育法によ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1966/03/18、30期)

ただいま議題となっております義務教育諸学校施設費の国庫負担法につきまして、若干お尋ねをいたしたいと思います。まず第一に、今回の改正は公立小学校、中学校の屋内運動場の経費を国庫負担する場合の算定基礎を…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1966/03/25、30期)

国立学校設置法の一部を改正する法律案について若干質問を申し上げまして、政府のお考えをただしたいと思いますが、すでにこの法案については何人かの方が御質疑をなすっているわけで、その中でいろいろ明らかになっ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 文教委員会 第17号(1966/04/13、30期)

国立劇場法案が提出されまして、わが国の古い、しかも価値ある芸能が保存されるということはけっこうでありますが、しかし当初からこの劇場の設置が各方面から要望され、そのために種々の手続がとられて、本法案が提…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 文教委員会 第1号(1966/07/13、30期)

ただいま委員長からもごあいさつがありましたが、本日は、たいへんお暑いところを、日本住宅公団の林総裁、日本道路公団の宮内理事、日本鉄道建設公団の篠原副総裁はじめ関係の皆さんにおいでいただきまして、また大…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1966/10/17、30期)

私は、ただいま川崎委員から、当面の公務員給与の問題に関連いたしまして、理路整然、かつ条理を尽くした質問がなされましたけれども、文部大臣をはじめ各関係当局の責任者の御答弁の中に、十分私どもが納得できる、…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1966/11/11、30期)

私は、先般、有田文相から、文相就任にあたっての所信表明があり、それについて、前回の委員会でその内容についていろいろ御質疑を申し上げることをあらかじめ項目的に予告を申し上げたのでございますが、実は、本日…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12