大竹太郎衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(30期)

30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言    352文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  1回発言    927文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  2回発言   1279文字発言

本会議発言一覧

第48回国会 衆議院 本会議 第11号(1965/02/26、30期)

ただいま議題となりました法律案について、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、最近における第一審の実情にかんがみ、その充実強化の方策の一環として、簡易裁判所における事件の審理及び裁判の適正迅速化をはかるため、簡易裁判所判事を十六人増員しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第45号(1966/04/26、30期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、最近の経済情勢にかんがみ、株式会社の運営の安定をはかり、株式の譲渡の手続を合理化し、さらに株式会社の資金調達の方法を容易かつ適正にする等のため、早急に改正を要する事項について、商法の一部を………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 55) 14回発言  28525文字発言
 第47回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  1回発言   1565文字発言
 第48回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 10) 11回発言  29029文字発言
 第49回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第50回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第51回国会 57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 50 委員  7) 16回発言  53781文字発言
 第52回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  5)  1回発言   3680文字発言
 第53回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  1回発言   1247文字発言

  30期通算 191回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事102 委員 89) 44回発言 117827文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

法務委員会
           155回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事102 委員 53)  43回発言 113392文字発言

災害対策特別委員会
            35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35)   1回発言   4435文字発言

商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

法務委員会理事(第46回国会)
法務委員会理事(第47回国会)
法務委員会理事(第48回国会)
法務委員会理事(第49回国会)
法務委員会理事(第51回国会)
法務委員会理事(第52回国会)
法務委員会理事(第53回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1964/02/18、30期)

それではこの定員法のほうから御質問いたしたいと思うのでありますが、いただきました資料を拝見いたしますと、現在の定員に対する欠員が七十一名、これはもちろん判事、判事補を入れての裁判官の定員についての欠員…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1964/02/21、30期)

刑事補償法の一部を改正する法律案についてお伺いいたしたいと思います。少し基本的な点についてまずお尋ねしたいのでありますが、この四条二項を見ますと、賠償するべきものについて、普通の損害賠償のようにいろ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1964/02/25、30期)

それでは前会に続いて刑事補償法のほうを一、二点お聞きしたいと思うのであります。死刑の場合五十万から百万に引き上げた点につきましては、このいただいた資料その他で一応了解ができると思うのでありますが、こ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1964/03/05、30期)

それでは逃亡犯罪人引渡法の一部を改正する法律案について御質問いたしたいと思います。最初にお聞きしたいことは、これは昭和二十八年に現行法が制定されておるわけでありまして、約十年前に制定されたことになる…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1964/03/06、30期)

それでは、逃亡犯罪人引渡法につきまして、前回に引き続き御質問をいたしたいと思います。まず、お尋ねをいたしたいのでありますが、一条第二項に「請求国」とありますが、請求国の意味は、いわゆる日本国に対して…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1964/03/10、30期)

まず概括的なことを一、二点最初にお尋ねをいたしたいと思うのでありますが、まず最初に、刑法の全面的な改正が近く行なわれるというふうに聞いておるわけでありますが、特にこの誘拐の点について緊急に改正しなけれ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1964/03/12、30期)

この前、二百二十五条ノ二の前段についてお聞きしたのでありますが、どうもまだ納得できない点がありますので、さらにお聞きをいたしたいと思うのであります。この間の御答弁によりますと、「近親其他」の点につい…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第16号(1964/03/19、30期)

今度のこの不動産登記法の一部を改正する法律案の提案の趣旨の説明を拝見いたしますと、不動産登記事務の適正迅速な処理ということが目的になっておるわけでありますが、もちろんこの不動産登記事務の適正迅速という…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1964/05/07、30期)

まず第一にお伺いしたいのでありますが、この法律の基本であります遺言の方式に関する法律の抵触に関する条約、これは一九六〇年のヘーグの国際私法会議において締結されたものであるということでございますが、基本…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第33号(1964/05/12、30期)

この前一応御質問いたしたのでありますが、やはり一番問題になるのは、どこまでが方式であり、どこからが内容であるかということだろうと思うのであります。ちょうど出ておられます村岡さんは、この条約の会議にも行…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第37号(1964/05/21、30期)

前会の四宮委員の質問に多少重複するところがあるかもしれませんが、一、二お聞きいたしたいと思うのであります。今回出ましたこの民訴の一部改正でありますが、これは旧民訴にありました為替訴訟制度の、もちろん…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第38号(1964/05/28、30期)

前回は大体一般的な質問をいたしましたので、きょうはその条文について二、三お尋ねをいたしたいと思います。第一番目でありますが、この手形訴訟の主要な内容をなしておるものは証拠方法の制限などであります。そ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第48号(1964/09/30、30期)

去る八月三日より四日間行ないました第三班すなわち東北班の調査について、その概要を御報告申し上げます。なお、詳細な報告書は別途提出いたしますので、会議録にとどめていただきたいと思います。この班は大竹太…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 法務委員会 第50号(1964/10/09、30期)

坂本委員のこの間、それからきょうの御質問で、大体事案の全貌がわかったような気がするのでありますが、この基本的な問題について、どうもわからない点がありますので、一、二お聞きしておきたいと思うわけでありま…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1964/12/11、30期)

それでは御質問を申し上げたいと思います。この間お配りをいただきましたこの両法律案の一部を改正する法律案参考資料というのがございますが、この十三ページ、十四ページにわたって、現在とそれから改正の表が載…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第7号(1965/04/22、30期)

いま市町村道の話が八田先生のほうからありましたから、私からもちょっとお聞きしておきたいのでありますが、御承知のように、最近、国道、県道に対する除雪は非常に機械化もされましたし、相当うまくいっていると思…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1965/02/09、30期)

それではいま提案理由の説明のございました裁判所職員定員法の一部を改正する法律案につきまして、若干御質問を申し上げたいと思うのでありますが、第一番目にお聞きいたしたいのは、この提案理由の説明を拝見いたし…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1965/02/16、30期)

それでは、この聞いただいた資料についてまず一、二点お伺いしたいのでありますが、ここに各簡易裁判所、地方裁判所の平均審理期間という表が出ております。まことにしろうとくさい質問で恐縮でありますが、この審理…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1965/03/02、30期)

この間上村さんのほうからかなり詳細に御質問がありましたので、私、それらに関連して二、三お聞きしたいと思うのであります。第一に、この手数料を総体的にお上げになって、そして全体として大体執行史の手数料が…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第16号(1965/03/25、30期)

まず第一にお聞きいたしたいのでありますが、この裁判所書記官補でありますが、これができましたのは、裁判所法を見ますと、附則の二項でありますか、これによって、裁判所書記の中から書記官に任命された者として、…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1965/04/06、30期)

私は、刑法の一部改正に関する法律案について御質問したいと思うわけでありますが、この一部改正の中で一番問題になりますのは、業務上過失致死傷害罪の刑を引き上げるという問題だろうと思うわけでありますが、申し…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1965/04/08、30期)

前回に引き続きまして、刑法の一部改正、特に業務上過失致死傷について質問を続行いたしたいと思いますが、この間の質問をやっておりますうちに資料を提出していただきたいものが二、三出ましたので、まず警察庁のほ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第21号(1965/04/13、30期)

前会に引き続いて、この業務上過失致死傷の刑の引き上げについて刑事局長に御質問をいたしたいと思います。前会、この罰金刑の罰金だけを引き上げないのはどういうわけかということを御質問申し上げました。そこで…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1965/04/22、30期)

最初に吉川先生にお伺いいたします。これはちょっと先生の専門外になるかもしれませんが、現在は自動車事故についてはもちろん刑法の、先ほどお述べになりましたような行政処分の刑罰とあわせて科しておるわけであり…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1965/05/07、30期)

私は自由民主党を代表いたしまして、本案に賛成の意見を申し述べたいと存じます。最近における交通事故と、これに伴う死傷者の増加の趨勢はまことに著しいものがあり、憂慮にたえないものがあります。しかもこれら…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 法務委員会 第29号(1965/05/18、30期)

四人の参考人にお聞きしたいのでありますが、先ほど横山委員の第二の質問に関連してちょっとお聞きいたしたいと思います。先ほど四人の方の第二の質問に対するお答えは、処罰規定があってそれを犯した、そして現に…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1965/12/22、30期)

それじゃ二、三の点についてお尋ねをいたしたいと思うのでありますが、この提案理由の説明によりますと、一般職の比率と大体同じというように説明してあるのであります。たしか一般職の平均増加率は六・四%というふ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1965/12/24、30期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、本案に賛成の意見を申し述べたいと存じます。裁判官、検察官の給与につきましては、さきの臨時司法制度調査会の答申は、現行給与の改善をはかるとともに、その制度の改善につ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1966/03/03、30期)

それでは、まずこの裁判所法及び裁判所職員定員法の一部を改正する法律案のほうから御質問をいたしたいと思うわけでありますが、裁判所法の改正につきましては、新たに地方裁判所に調査官を置くという点でございます…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1966/03/10、30期)

それでは最高裁判所裁判官退職手当特例法案について御質問いたしたいと思いますが、この法案を出されましたおもなる理由は、やはり在野法曹または学者というような分野から最高裁判所裁判官になられた方について特に…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第21号(1966/03/31、30期)

まず基本的な問題についてお尋ねを申したいと思うのでありますが、この提案理由の説明を拝見いたしますと、「現下の経済情勢にかんがみ、株式会社の運営の安定をはかり、株式の譲渡の手続を合理化し、さらに株式会社…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第23号(1966/04/05、30期)

それでは前回に引き続きまして質問をいたしたいと思いますが、きょうはこの株式の譲渡の方式の点からひとつ御質問をやらせていただきたいと思います。それでまず第一に、この譲渡の方式を変えるということの一番の…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1966/04/07、30期)

それでは前回に引き続いて質問をいたしたいと思いますが、議決権の不統一行使の問題、まだ前回残っておりますので、それから質問に入りたいと思います。それでこの規定を見ますと、不統一行使をする場合には、三日…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第29号(1966/04/21、30期)

まず、中島参考人にお聞きしたいのですが、時間がございませんから簡単にひとつお答えをいただきたいと思います。長く御意見を承っておりますと、参考人の御意見は、株式増資をする場合には、値段のいかんにかかわ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第30号(1966/04/22、30期)

私は自由民主党を代表いたしまして、本案に賛成の意見を申し述べたいと存じます。御承知のように、現行商法は、昭和二十五年改正せられてから十年以上経過いたしました。その間新株引き受け権、会社計算に関する規…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第31号(1966/04/26、30期)

あまり時間がございませんようですが、基本的な問題について、まず一、二お尋ねを申し上げたいと思います。それで、いただきました資料を拝見いたしますと、第一審の民事関係の事件のうち、借地、借家の関係の事件…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1966/04/28、30期)

加藤先生の専門外のことにも多少関係あるかと思いますけれども、一点だけお聞きをしておきたいと思います。御承知のように、国として現在一番力を入れて、一番といってはあれですが、非常に力を入れている問題に住…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第33号(1966/05/06、30期)

きょうは第九条ノ三から逐次お伺いしたいのでありますが、この九条ノ三でありますが、こまかいことはあとでお聞きして、総体的に見まして、競売その他で第三者がうちを買った、そしてそのあとから地主の承諾を求める…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第34号(1966/05/10、30期)

私は、自由民主党、日本社会党、民主社会党、三党共同提案にかかります附帯決議案について、提案の趣旨を御説明申し上げたいと思います。まず、附帯決議案を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第37号(1966/05/24、30期)

まず基本的な問題について一点お伺いいたしたいと思うのでありますが、執行吏の制度の基本的な改正は、執行吏を完全な国家公務員として、裁判所の一員としてその職務を執行させることが一番完全な改正であるというこ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第46号(1966/06/16、30期)

………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第47号(1966/06/21、30期)

いろいろ御質問申し上げたいことがあるのでありますが、時間もございませんので、簡単に御質問いたしたいと思います。まず総括的な問題として一点だけ、次官も見えておりますので、次官にお尋ねをしたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1966/07/19、30期)

この案件は、いまほどお話がございましたように、前回の五十一通常国会にかかったわけでありまして、私からも若干質問をいたしておりますが、時間の関係でそのときに質問できなかった点について、一、二御質疑を申し…会議録へ(外部リンク)

第53回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1966/12/19、30期)

それでは簡単に二、三の点をお尋ねいたしたいと思います。第一に、いまの御説明にもありましたように、一般の国家公務員の給与の引き上げに伴って判検事の俸給を引き上げるということでございますので、これはごも…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12