永井勝次郎衆議院議員 31期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


衆議院本会議(31期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21)  2回発言   9834文字発言
  第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)  0回発言      0文字発言
  第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)  0回発言      0文字発言
  第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03)  0回発言      0文字発言
  第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)  0回発言      0文字発言
  第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)  0回発言      0文字発言
  第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05)  0回発言      0文字発言
  第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)  0回発言      0文字発言

       31期通算   (1967/01/29-1969/12/26)  2回発言   9834文字発言

本会議発言一覧

第55回国会 衆議院 本会議 第13号(1967/05/16、31期)

私は、日本社会党を代表して、昭和四十一年度中小企業の動向に関する年次報告についてお尋ねをいたします。質問の第一は、中小企業を将来どのように持っていこうとしておるのか、そのビジョンを明らかにしていただきたいということであります。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第40号(1967/07/17、31期)

私は、日本社会党を代表して、昭和四十二年七月豪雨の災害に対するお尋ねをいたしたいと存じます。質問に先立ちまして、今回の災害によって人命を失い、財産を流失し、多大の犠牲を受けられた被災地域の罹災者の皆さまに対して、党の名においてつつしんでお悔やみとお見舞いとを申し上げる次第であります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(31期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第55回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 17)  3回発言   7693文字発言
 第56回国会  8回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事  5 委員  2)  2回発言   2928文字発言
 第57回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第58回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 18)  9回発言  50523文字発言
 第59回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  4)  2回発言  15901文字発言
 第60回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  1回発言   6355文字発言
 第61回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)  4回発言  53272文字発言

  31期通算 109回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 27 委員 81) 21回発言 136672文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 44) 11回発言  57861文字発言

 農林水産委員会
            34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)  6回発言  61787文字発言

 災害対策特別委員会
            24回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 21 委員  2)  3回発言   9493文字発言

 災害地対策特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   7531文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 災害地対策特別委員会理事(第55回国会)
 災害対策特別委員会理事(第56回国会)
 災害対策特別委員会理事(第57回国会)
 災害対策特別委員会理事(第58回国会)
 災害対策特別委員会理事(第59回国会)
 災害対策特別委員会理事(第60回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第55回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1967/06/09、31期)

中近東の戦争が停戦をみましたことは、国際平和の上からまことに喜ばしいことと思うのであります。しかし、停戦になっても、今後軍事的な関係、外交関係においては、多くの問題を残しておると思います。しかし、きょ…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 商工委員会 第23号(1967/06/27、31期)

岡田畜産局長にお尋ねいたします。先ほど来の質問で、生産者価格を値上げした場合、メーカー及び卸売りにその値上げがはね返るであろう、こういう予想がされたという話でありますが、この生産者価格の値上げは畜安…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 商工委員会 第32号(1967/07/18、31期)

今度の災害が都市災害である、したがって被害を受けた対象が個人災害であるということは必然であろうと思います。そうして、都市に発生したのでありますから、今度の被害結果でも明らかなように、商店関係の被害が主…会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号(1967/10/06、31期)

御報告を申し上げます。昭和四十二年七月以降の干ばつによる被害状況調査のため、去る九月二十一日から六日間、熊本県、大分県、愛媛県及び香川県の四県に派遣されました派遣委員を代表して、調査の概要を御報告申…会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第5号(1967/10/07、31期)

関連で総裁にちょっとお伺いしたいと思います。国民金融公庫は中小企業関係の零細部門のほうに非常に役立っておる、対象もそういうふうになっております。零細関係になりますと、やはりリスクが高い、また口数が多…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1968/03/05、31期)

最初に、寺尾さん、足立さんにお尋ねをいたします。課徴金の見通しですが、これはいろいろな運動もあるでしょう、あるいは各国の反応もあるでしょうけれども、見通しとしては、結局は実行されるのではないか、こう…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1968/04/03、31期)

参考人の河上さん、それから労働組合側の鷲谷さんにお尋ねをしたいと思います。お尋ねしたいことはたくさんあるのですが、時間がありませんから一、二にしぼってお尋ねをしたいと思います。一つは、探鉱に対する基…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1968/04/09、31期)

地下資源の開発について、国内と海外とに手を伸ばして三段階の方式で開発をしていく、これらの問題を文章に書けばたいへんけっこうでありますけれども、具体的にどのような目標に焦点をしぼって、どのような手段で、…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第26号(1968/05/08、31期)

割賦販売の問題は、要するに商品の流れの問題であり、消費金融の流れの問題、二つに分けることができる、こう思います。そうして割賦販売という一つの方式が、これは国際的に広がっておる問題、また伸びておる問題で…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第27号(1968/05/10、31期)

開会はいいんですが、大臣への質問があるのです。大臣への質問を筆頭にして、それから質問したい。政府委員のほう、そろえていただきたい。大臣にお尋ねをいたしますが、いま日本の経済活動の領域の中で流通の分野…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第28号(1968/05/14、31期)

大臣にお尋ねをいたします。砂利ということばから受けるわれわれの印象は、経済的には非常に原始的なものだ、あるいは社会的には汚職という暗い印象を受けるわけであります。そういうような一般的な印象から見まし…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1968/04/24、31期)

日本の林業は非常な重要な時点に当面していると思うのであります。そこで、時間があまり与えられておりませんから、結論から先に申しますと、いま林野庁のやっている林業政策は縮小再生産の性格である。これはどんど…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号(1968/03/26、31期)

最初に、いま議題になっていますこの法案について伺います。北海道のマル寒資金は、自然条件、経済条件の悪いところで、おくれている畑作の関係を盛り上げていこう、こういう趣旨だと思います。さらに今回、南九州…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号(1968/04/02、31期)

時間がありませんから、一つの問題についてだけ……。コールドチェーンについてお尋ねをしたいと思います。お答えをいただきたい人は土屋さん、池内さん、それから筒井さんにお願いいたしたいと思います。コールド…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第7号(1968/12/05、31期)

先般の視察に当たりました調査内容について、御報告を申し上げます。神戸市有馬地区の火事による被害状況及び災害防止のための気象観測業務の実態並びにビニールハウス等の施設園芸についての災害対策上の諸問題調…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1968/11/14、31期)

通産大臣にお尋ねをいたしたいと思います。アメリカで政権の交代が行なわれました。この交代の時点は、国際的には激動しております。アメリカの国内はいろいろな分裂が起こっております。非常に重要な時期における…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1968/12/18、31期)

大臣にお尋ねをいたします。ことしは、景気は非常に好調であります。来年もさらに続くであろう、息の長い景気が続くであろう、こういわれております。こういう大型景気の好調のかじとりとして、私は通産大臣として…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 農林水産委員会 第4号(1969/02/26、31期)

長谷川農林大臣に伺いたいと思います。政府は、いま農政の転換をやろうとしておるわけであります。この転換については、それぞれの実態があり、また考えがあろうと思いますが、それの実行にあたりましては、政府の…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 農林水産委員会 第38号(1969/06/18、31期)

いま農政の転換期だといわれておるのでありますが、この転換という意味は、大臣はどのように理解し、どのようなかまえを持っておられるのかを総括的に伺いたいと思うのであります。いま世界が激動しておるから、そ…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 農林水産委員会 第43号(1969/07/01、31期)

国有林野の活用に関する問題については、非常に政府も与党も異常と思われるほど執心のようであります。この法案通過の上は、一体どのような実効を期待しているのか、また、期待される内容を持っておるのか、この点に…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 農林水産委員会 第44号(1969/07/02、31期)

ただいま湊委員の質問に対しまして、化学工業局長から肥料の生産コストは正確につかんでおる、こういう発言でありました。その点について質問したいと思います。かつての肥料は有権的にコストを検査できる、こうい…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(31期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22