多賀谷真稔衆議院議員 31期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


衆議院本会議(31期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21)  4回発言   3227文字発言
  第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)  0回発言      0文字発言
  第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)  0回発言      0文字発言
  第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03)  0回発言      0文字発言
  第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)  0回発言      0文字発言
  第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)  0回発言      0文字発言
  第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05)  1回発言   5301文字発言
  第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)  0回発言      0文字発言

       31期通算   (1967/01/29-1969/12/26)  5回発言   8528文字発言

本会議発言一覧

第55回国会 衆議院 本会議 第15号(1967/05/23、31期)

ただいま議題となりました臨時石炭鉱害復旧法の一部を改正する法律案について、石炭対策特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告いたします。石炭鉱害の復旧は、国土の保全、民生安定の見地からきわめて重要な問題であります。累積残存鉱害量は、昭和三十九年度末においてすでに六百七十億の多額に達しておるのであ………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第25号(1967/06/13、31期)

ただいま議題となりました石炭鉱業再建整備臨時措置法案について、石炭対策特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。わが国の石炭鉱業は、エネルギー革命の進行に伴う諸情勢の変化により、今日未曽有の危機に直面していることは、皆さん御存じのとおりであります。石炭のわが国産業、経済における重要………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第33号(1967/07/06、31期)

ただいま議題となりました石炭鉱業合理化臨時措置法の一部を改正する法律案について、石炭対策特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、石炭鉱業を再建するための施策の一環として、石炭鉱業の合理化目標年度を改定するとともに、石炭鉱業合理化事業団の業務を拡充すること等の改正を行なおう………会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 本会議 第39号(1967/07/14、31期)

ただいま議題となりました石炭鉱業年金基金法案について、石炭対策特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。炭鉱労働は、千メートルの地底において、高温多湿の中で、一般労働の十二倍もの災害の危険にさらされながら行なわれているのでありまして、他の産業に例を見ないところであります。しかも、依………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第15号(1969/03/18、31期)

私は、石炭鉱業国有法案、並びに日本石炭公社法案について、提出者を代表して、その提案の趣旨説明を申し上げます。戦後、日本経済再建のにない手であった石炭鉱業は、その後石油の進出により急速にその需要が減退し、千二百円炭価引き下げとともにスクラップ・アンド・ビルド政策が強行され、その結果、失業者のはんらん、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(31期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第55回国会 41回出席(長 29 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言
 第56回国会  7回出席(長  5 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第57回国会 10回出席(長  6 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言   9684文字発言
 第58回国会 42回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 16 委員 25) 12回発言  69010文字発言
 第59回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  4)  6回発言  33342文字発言
 第60回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言  18129文字発言
 第61回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  7回発言  58125文字発言
 第62回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    116文字発言

  31期通算 142回出席(長 40 代理理事 1 代理 0 理事 24 委員 77) 31回発言 188406文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 石炭対策特別委員会
            80回出席(長 40 代理理事 1 代理 0 理事 24 委員 15) 18回発言  92257文字発言

 商工委員会
            43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43)  4回発言  19478文字発言

 大蔵委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  3回発言  31664文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  33786文字発言

 社会労働委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言   2647文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   6126文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2448文字発言


委員会委員長経験

 石炭対策特別委員会委員長(第55回国会)
 石炭対策特別委員会委員長(第56回国会)
 石炭対策特別委員会委員長(第57回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 石炭対策特別委員会理事(第58回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第59回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第57回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1967/12/20、31期)

関連して。ちょっと厚生省にお尋ねしますが、さっき大臣が読みかけようとした指導要領というのと、昭和三十二年の病院の給食における疑義解釈、私どもこれを拝見すると、原則は同じですが、やむを得ない場合の書き方…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1967/12/20、31期)

ちょっと関連で。LPガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律に関連をいたしまして、都市ガス事業の許可について質問したい。一点だけ、政策的な問題です。会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 地方行政委員会 第2号(1967/12/14、31期)

関連質問をいたしたいと思います。まず、基本的に、北九州なら北九州のある市において幾つも病院がある、それで給食センターをつくって各病院に持っていくということが可能ですか。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1968/03/14、31期)

大臣から御答弁をいただいたわけです。それで検討を願いたいと思いますが、実態を五、六分ちょっと質問をしてみたいと思います。一体、指導事項の状態をそのままいま北九州では厳守されるような体制になっています…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1968/04/01、31期)

二点ほど質問をいたします。厚生省に質問いたしますが、とりあえず治療の問題とそれから飲料水の問題ということを古川君から指摘があったわけですが、飲料水の問題は、これは何か方法はないかということですね。と…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1968/04/09、31期)

本会議まであと一町間半ですから、要約して質問したいと思います。同僚各議員から、ほとんど網羅的に質問がありましたので、それを避けて、問題点を提起してみたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第33号(1968/05/24、31期)

八幡、富士の合併は、確かに企業としては幾多のメリットがあると思います。問題は、これほどの大きな会社が合併するに伴って国民経済にどう影響あるかというのが争点ではないか、こういうように思うわけです。そこ…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1968/03/27、31期)

関連して。局長も若干御存じのようですが、退職者の社内預金というのは退職金の未払いが大部分です。結局金がないから通い帳だけやっておるわけですね。それから退職者も実際預金を引き出すことがほとんど不可能だ。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1968/04/03、31期)

議事進行について。与党が、政府が提案をした法案の審議に全部退席をするなどというのは全く不見識ですから、委員長は直ちに散会されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1968/04/17、31期)

大臣が見えるそうですから、事務的な、条文について質問を先にしたいと思います。まず、今度の改正案の最も大きな柱である裁定制度についてお伺いしたいと思います。われわれが期待をしておりました紛争の処理とい…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1968/04/18、31期)

昨日鉱害紛争の裁定問題について質問を若干続けておりましたところ、定足数不足で散会になりましたので、続けて質問をいたしたいと思います。いやしくも、国が鉱業法の一部改正として、いわば鉱業基本法ともいうべ…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1968/04/23、31期)

ちょっと一言だけ。先般、私が評議員会の性格について質問をいたしましたが、この評議員会というのは、現行法でありますと、これは決議機関でありますが、今度通産省では、諮問機関だとおっしゃっている。ところが条…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第12号(1968/05/09、31期)

いま大きな石炭政策の転換期で、しかもきわめて急速に処置をしなければならない重大な問題でありまして、すでに石炭鉱業審議会も審議を開始しているわけであります。私も岡田君と一緒にこの連休を利用してドイツを中…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1968/05/22、31期)

運輸大臣に産炭地振興に関連をして御質問申し上げたいと思いますが、御存じのように、石炭輸送費のコスト低減ということが昭和三十年当時から非常に問題になりました。そうして低減のために油須原線を竣工さしていた…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1968/03/09、31期)

私はまず、小笠原諸島が二十二年ぶりに米国から返還せられるについて、戦時中の強制疎開から二十三年ぶりになつかしい故郷の島々に帰らんとする旧島民の方々、さらにアメリカの施政下において現在居住されておる現島…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1968/08/01、31期)

平和災鉱のように戦後開発された山であり、しかも優良炭鉱において災害を見たことは、非常に遺憾に思う次第でございます。また災害の原因についても、あるいはその後の処置等についても非常に遺憾な点が多かったよう…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1968/08/08、31期)

去る七月三十日、北炭平和炭鉱平和坑で発生いたしました災害について、現地調査の概要を御報告申し上げます。まず、報告に先立ち、今回の災害により、とうとい人命を失われました犠牲者の方々に対し、衷心より哀悼…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1968/08/09、31期)

私は、今度の平和炭鉱の災害について現地を視察いたしましていろいろ感じましたのは、石炭政策の変動期、いまいろいろいわれておるわけでありますが、いわば切りかえの時期における一つの典型的なあらわれではないか…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1968/08/23、31期)

私は、石炭鉱業の審議のあり方について大臣に質問をしたいと思うのです。大臣は、先般石炭鉱業の再建並びにそのあり方について諮問をされたわけであります。本来、審議会に諮問されたわけでありますから、その審議…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1968/10/31、31期)

関連して。先ほどの岡田委員の質問に対する大臣の答弁について、通産試案なるものはない、こうおっしゃっておるけれども、昨日の日本経済新聞の夕刊に、「石炭再建通産試案なる」こういう見出しで次のように書いてあ…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1968/11/07、31期)

時間がないそうですから、ごく簡単に質問をいたします。率直に言いまして、いま岡田委員が質問しましたように、私どもはいま炭鉱の近代化におけるいろいろな条件、その隘路の解決のために、項目をあげてみますると…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1968/12/26、31期)

議事進行について、委員長に要請をしたいと思います。本答申は、きわめて重大な抜本策といわれる答申であります。しかるに、本日しか本委員会はないのです。大軍への質問が一時間有余で終わるということは、非常に…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1968/12/14、31期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、当面する内外の問題について質問いたしたいと思います。まず、佐藤総理のアジア外交の基本姿勢についてお尋ねいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 決算委員会 第30号(1969/08/28、31期)

実は本日厚生大臣に、わが党としてはいま浅井委員が質問をされた件について申し入れをしてきたところです。それでそれに関連をして質問をしたいと思いますが、地方自治法の二条三項の一に「住民及び滞在者の安全、健…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1969/04/17、31期)

通産省並びに労働省に炭鉱離職者臨時措置法の一部改正について質問をいたしたいと思います。簡単に質問をいたします。第八条の炭鉱離職者求職手帳の発給についての条件であります。これは全く宝くじを引くようなも…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第18号(1969/10/09、31期)

下山田の災害事故の究明から質問したいと思いますが、通産大臣がまだ見えておりませんし、労働大臣が見えておられますので、先に遺族補償の面から質問をいたしたい、かように思うのであります。昭和二十二年から基…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第19号(1969/11/10、31期)

参考人にもお聞きしたいのですが、時間の関係がありますので、役所のほうにお聞きいたしたい。まず第一に、いま参考人から要望がありました、終閉山炭鉱の水道処理の問題、この問題については、従来は、これは優先…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1969/03/11、31期)

先ほどから広沢委員から法人税についていろいろお話がありましたので、私はいわばその続きの質問をやっていきたいと思います。法人擬制説あるいは法人実在説というもの、必ずしもそういう古い観念にとらわれておる…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1969/04/15、31期)

大臣が午後見えるそうですから、主として技術的な問題について質問をしたいと思います。まず、前年度剰余金が百二億九千二百四十六万八千円、こういうふうに百億以上出ておるわけです。これは一体歳入側についてど…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1969/04/18、31期)

通行税に関連をいたしまして、その周辺の問題を質問いたしたいと思います。まず、戦後国鉄の新線建設は、その建設された新線の収支はどういうようになっておるか、お尋ねいたしたい。会議録へ(外部リンク)

第62回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1969/11/29、31期)

この際、動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によることなく、平岡忠次郎君を委員長に推薦いたしたいと思います。何とぞ各位の御賛成をお願いいたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(31期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22