板川正吾衆議院議員 31期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


衆議院本会議(31期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21)  1回発言   4996文字発言
  第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)  0回発言      0文字発言
  第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)  0回発言      0文字発言
  第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03)  0回発言      0文字発言
  第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)  0回発言      0文字発言
  第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)  0回発言      0文字発言
  第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05)  1回発言   3071文字発言
  第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)  0回発言      0文字発言

       31期通算   (1967/01/29-1969/12/26)  2回発言   8067文字発言

本会議発言一覧

第55回国会 衆議院 本会議 第22号(1967/06/02、31期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、内閣提出の公害基本法について総理大臣及び関係各大臣に対し質疑を行なわんとするものであります。この国会で全国民が注目しておる重要な法案は、公害基本法の制定と政治資金規正法の改正であると存じます。すなわち、前者は国民生活をめぐる黒い霧、よごれた環境を抜本的に浄化しよう………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第66号(1969/07/26、31期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、本院議長松田竹千代君の不信任決議案に対し、賛成の討論をいたすものであります。(拍手)松田竹千代君は、去る七月十六日、石井前議長のあとを受けて本院議長に選出をされましたが、就任わずか十日間でその信任を問われるのはまことに異例のことであり、国会運営上きわめて遺憾といわ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(31期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第55回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員 19)  7回発言  50249文字発言
 第56回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  3)  2回発言   9023文字発言
 第57回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  2)  2回発言  21210文字発言
 第58回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員 24) 15回発言  97377文字発言
 第59回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  5)  4回発言  38904文字発言
 第60回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  2)  2回発言  13891文字発言
 第61回国会 56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員 34) 18回発言 127272文字発言
 第62回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  31期通算 152回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 63 委員 89) 50回発言 357926文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            81回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 81) 18回発言 113952文字発言

 交通安全対策特別委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員  0) 22回発言 162841文字発言

 産業公害対策特別委員会
            21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  0)  6回発言  34571文字発言

 商工委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  22022文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10386文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  14154文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 産業公害対策特別委員会理事(第55回国会)
 産業公害対策特別委員会理事(第56回国会)
 産業公害対策特別委員会理事(第57回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第58回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第59回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第60回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第61回国会)
 交通安全対策特別委員会理事(第62回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第55回国会 衆議院 産業公害対策特別委員会 第2号(1967/03/24、31期)

資料の要求をとりあえずいたしたいと思います。これは関係庁でさっそく整備してもらいたいのですが、第一は、公害関係は厚生あるいは通産、総理府、それから企画庁、建設省と各省にまたがっておりまして、これに関…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 産業公害対策特別委員会 第4号(1967/05/10、31期)

公害関係で一般的な質問を若干いたしたいと思います。その前に、まず厚生省に伺いますが、公害基本法はいつ提案される予定でありますか、伺っておきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 産業公害対策特別委員会 第8号(1967/06/07、31期)

船舶の油による海水の汚濁の防止に関する法律案、この法律案に関しまして運輸大臣にひとつ伺いたいと思います。まず私は、この海上油濁防止法に直接関係しておるのじゃないのですが、関連しまして、この海水油濁の…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 産業公害対策特別委員会 第9号(1967/06/14、31期)

昨日の夕刊に、四日市ぜんそくでまた自殺、こういう記事が報道されております。菓子工場の経営者で、大谷一彦さんという方が、昨年七月以来公害病患者の認定を受けて、同市病院において通院治療を受けておった。奥さ…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 産業公害対策特別委員会 第13号(1967/07/05、31期)

関連。いまの発言で公害対策会議というのが政府案の二十四条、二十五条にありますが、どこに幹事会があるということがこの法案にうたわれておりますか。「幹事を置く。」というだけじゃないですか。幹事会というのが…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 産業公害対策特別委員会 第15号(1967/07/17、31期)

厚生大臣、通産大臣、両大臣にひとつこの際確認をしておきたいと思います。特に通産大臣に聞いていただきたいと思うのですが、厚生大臣は本委員会においてしばしば本法一条の規定運用につきまして基本的態度というも…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 商工委員会 第27号(1967/07/05、31期)

私は、石油開発公団法案、及びこれに関連をいたしまして、わが国産業に重大な影響を持つ当面の石油政策について伺いたいと思います。まず第一に伺いたいことは、この石油開発公団という名称と内容との関係について…会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1967/10/11、31期)

国鉄湖西線の建設に関連いたしまして、私鉄の江若鉄道買収問題についで、運輸当局及び労働省に若干の質疑をいたしたいと思います。まず、質疑に入ります前に、前提として確認しておきたいことですが、第一点は、国…会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1967/11/10、31期)

私は昨日の朝日新聞紙上で報道され、また本日の日本経済新聞等で報道されております福島交通問題、特に社長が会社を解散する、許可があろうがなかろうが十二日から電車、バスの全面休止を断行する、こういう問題を持…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1967/12/14、31期)

去る十一月十日当委員会で取り上げました、福島交通の織田社長の会社解散を前提とする事業全面休止問題、これは十一月十二日に実際に半日行なわれたのでありますが、私は、これは交通運輸業者として、公益性を忘却し…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1967/12/20、31期)

むち打ち症対策問題について、若干質疑をいたしたいと思います。まず第一に、このむち打ち症対策というのが今日大きな社会問題化しております。各政党間でもこれと取り組むための対策委員会を設けております。一体…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1968/03/05、31期)

過日当委員会で表明されました運輸大臣の所信に関しまして、若干の質疑をいたしたいと思います。昨年、内閣改造の際に、中曽根運輸大臣が出現したときに、世評は期待する点がわりあいにあったように思うわけです。…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 運輸委員会 第21号(1968/04/26、31期)

私は、今回の日通の不正経理、乱脈経営の不祥事件について、大臣その他関係者に伺いたいと思います。私の観点は、日通の不正、乱脈の内容を暴露するということよりも、なぜこういうような事態を日通が招くに至ったの…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 運輸委員会 第27号(1968/05/17、31期)

関連。これは運輸大臣も経済企画庁もひとつぜひ聞いていただきたいと思うのです。いま井上君が取り上げた問題ですが、まず第一は、議院は御承知のように国家の最高機関です。ところがこの議員立法に対して、行政府…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 運輸委員会 第29号(1968/05/22、31期)

運輸行政について質問いたします。まず大臣に一つ。先ほど報告のありました日本通運株式会社に対する特別監査についての報告、これについて一言だけ伺いたいと思うのです。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第3号(1968/03/12、31期)

時間がございませんから簡単に質問いたしますが、報告されました十四項目にわたる第一次の規制項目、これとアメリカ側がやる安全基準として発表しておる二十項目、これとの関係はどういうことですか。これをまず伺い…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第4号(1968/03/19、31期)

二、三伺います。今度の自動車の安全規制について十四項目に対して回答があって、大体了承されたということのようでありますが、この自動車の安全問題は、御承知のようにアメリカの議会において取り上げられて大き…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第5号(1968/03/28、31期)

ただいま報告のあった南海電鉄の事故と地下鉄における車両火災事故、この二件について質問をいたしたいと思います。まず、南海の事故でありますが、御承知のように南海電鉄においては、この一年間、三回にわたる大…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第6号(1968/04/04、31期)

関連して。ここに、先ほども問題になりましたから、ドライブインに関する資料の要求をしておきたいと思うのです。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第7号(1968/04/17、31期)

関連して。そういう着想は一応言うのですが、実行はどうするのですか。それはいろいろ方法はあります。たとえば西独においては、長距離貨物は禁止している。あるいは石炭とか鉄鉱石というものの長距離貨物は、トラッ…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第8号(1968/04/23、31期)

ちょっと関連して。いまの速度に応じた車間距離ですが、こういう速度に応じた車間距離というのは、私の調査で、警視庁から聞いたものですが、四十キロの速度で十五メートル以上、三十五キロが十三メートル、三十二…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第9号(1968/04/25、31期)

きょうは飲酒運転による交通事故防止対策について、若干の質問をいたしたいと思います。その前に、一問だけ建設省それから警察庁関係に伺いますが、昨日東名高速道路が開通をいたしました。一般に開放されました。…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第10号(1968/05/09、31期)

関連して。その場合、さっき局長は歓迎するようなことを言ったのですが、確かにそれしか交通手段がなくなるとそうせざるを得ないと思うのですが、万が一そういう山間等で事故があって、児童等が大量に負傷した、死…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第11号(1968/05/16、31期)

ただいま報告を受けました修学旅行バスの衝突事故についてまず伺いたいと思います。いまの御報告によりますと、このトラックの運転手は前日、愛知県春日井郡旭町から名古屋間を二往復ばかりしまして、そして、仕事…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第13号(1968/07/31、31期)

運輸大臣に伺いますが、大臣が就任されたときに、所信表明の中で、当時陸運汚職が続いておって、その中で大臣は、私の代には幸いにしてそういう陸運汚職等が起きない、こういう一節がございました。私はそこに若干の…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1968/03/26、31期)

刑法の一部を改正する法律案について、若干質問いたしたいと思います。まず、問題の刑法二百十一条のほうでありますが、この改正の理由、目的について伺いたいのであります。改正の提案理由を見ますると、「近時の…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1968/09/19、31期)

国鉄廃線問題と私鉄における同様の廃線問題について当局の見解を伺います。国鉄総裁に伺いますが、この国鉄諮問委員会の答申が発表されて、八十三線二千六百キロの廃止案が答申されたのですが、先ほどの発言を聞い…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第3号(1968/08/26、31期)

運輸大臣の時間の関係もありますから、大臣にしぼって質問をいたします。今回の飛騨川バス転落事故は、一瞬のうちに百四名の生命を失い、世界じゅうにもその類例を見ない大規模な惨事といわれております。最近これ…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第4号(1968/11/07、31期)

私も飛騨川事故の処理について、事務的な問題から若干質疑をいたしたいと思います。まず警察庁に伺いますが、警察庁の配付された資料である「飛騨川における観光バス転落事件の捜査について」、この資料を拝見して…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1968/08/09、31期)

私は、いま自動車産業の問題が国民の間でいろいろ議論になっておるのでありますが、自動車産業の中の自動車部品行政及び技術導入のあり方、この点にしぼりまして、二点ほど質疑をいたしたいと思います。まず第一に…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1968/12/20、31期)

まず新大臣に一言ごあいさつを申し上げます。原田大臣は大臣として初経験であり、新任の際のごあいさつにもありましたように、運輸行政はいまや重大な転換期に立っておると思います。こういう時代の変化を見落とし…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第2号(1968/12/19、31期)

交通遺児の問題につきましては、総務長官が参りましてから質問をいたしますが、その前に陸上交通安全調査室長に、当委員会で前国会で決議案として政府に要請しておりました交通安全基本法のその後の作業状況について…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1969/03/14、31期)

森永さんに主として財政関係で伺います。その前に、まず私どもが非常に疑問としておるのは、推進会議のメンバーの問題です。国鉄の運営の基本的あり方、特に、たとえばローカル線の廃止等についてこうした提案まで…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1969/03/18、31期)

私は、国鉄運賃値上げ、再建関係二法について質問をいたしたいと思うのでありますが、まず第一に、私どもの立場というものをこの際明らかにして、質問に入りたいと思うのであります。この国鉄財政再建に関する二法…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1969/03/25、31期)

前委員会に引き続きまして、国鉄運賃値上げ法及び国鉄財政再建法二法案に対しまして質疑を行ないたいと思います。国鉄運賃値上げ問題は、今後あらゆる価格の値上がりを誘発し、消費者物価の高騰により、国民生活に…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 運輸委員会 第22号(1969/04/23、31期)

関係者の都合もありますから、まず第一に、産炭私鉄の対策について運輸当局と通産当局に要望を申し上げたいと思うのであります。石炭閉山に伴います産炭地私鉄問題で、鉱山が所有していた私鉄に対しては、いわゆる…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 運輸委員会 第24号(1969/05/07、31期)

ちょっと自治省に伺いますが、いま細田委員の質問にもありましたように、過疎化してきて、バス会社とすれば、賃金はやっぱり世間一般並みに上げなければ人が来ませんので、世間一般並みに賃金はやる。沿線の人口はだ…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 運輸委員会 第27号(1969/05/16、31期)

道路運送車両法の一部を改正する法律案について質疑をいたしたいと思います。今回の道路運送車両法の一部改正の要点を簡単に説明してみてください。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 運輸委員会 第29号(1969/06/06、31期)

道路運送車両法に関連いたしまして、運輸大臣に質問いたしたいと思います。御承知のように、自動車が普及をいたしまして、従来は特定の人の少数者の交通機関であった自動車が大衆化してきた。さらに東名、名神等の…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 運輸委員会 第31号(1969/06/11、31期)

主として自動車工業会、両社の代表に伺いますが、申し上げるまでもなく、自動車が非常な勢いでふえておる、しかも高速道路が開発をされておる、その上に事故が続発をしておる。こういう事態の中で、自動車メーカーが…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第9号(1969/04/17、31期)

関連して。ダンプ規制法ができたときに、登録する場合に、一匹オオカミ、白トラをどういうふうに登録させるかということが扱い上問題になったんですよ。そのときに、まあマル販、砂利販売業という形で登録をするよう…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第11号(1969/05/08、31期)

私は連休中の交通事故激発の状況とそれに対する対策、さらにカーフェリーの事故と対策、ゴンドラ墜落事故と対策、この三つの点について若干の質疑をいたしたいと思います。まず警察庁に伺いますが、連休中の陸上交…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第12号(1969/05/14、31期)

公安委員長にいまの問題に関連して、一言お伺いいたしますが、この被害救済という問題は、どういうことになるのだろうかというのが、ちょっと実は思い浮かんだのです。自賠責での適用は車にあるんだろうから、受ける…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第13号(1969/05/15、31期)

私は、四十四年春の全国交通安全運動、この問題について若干質問をいたしたいと思うわけです。春の全国安全運動が始まって、全国一斉に集中的な指導と取り締まりが行なわれております。年中行事としてこれが春と秋…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第16号(1969/06/19、31期)

久保委員が広範にわたって質疑をいたしましたから、私はその中で二、三点だけさらに質問をいたしたいと思います。いま久保委員も取り上げました本田技研の欠陥車の取り扱いの問題であります。これは自動車工業会が…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第17号(1969/06/26、31期)

最近、国鉄に相次ぐ重大な事故が起こっております。まず、当局から、最近惹起しております脱線事故、火災事故、レール折損事故、こういった事故の概要について御報告をされたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第24号(1969/07/24、31期)

まず、総務長官に伺いますが、この交通安全対策基本法という法律と、交通安全に関連する諸法規がたくさんございます。この法律と諸法規との関連性、どういう関連性を持つのであるか、この点をひとつまず第一に伺いま…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第25号(1969/07/31、31期)

この前、時間がなくて若干残っておりますので、質疑を何点かいたしたいと思います。まず、これは運輸省に伺いますが、自賠法の扱いの問題です。昭和四十二年の二月に行政管理庁から、自賠法の自家保障の問題は官公…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第26号(1969/08/02、31期)

私は日本社会党を代表して、日本社会党提出の交通安全基本法に賛成し、政府提出の交通安全対策基本法に反対の討論をいたします。政府の無計画な自動車産業育成政策によって、わが自動車保有台数は、敬異的な増加を…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1969/04/18、31期)

通行税法の一部を改正する法律案について質疑をいたしたいと思います。まず、国鉄当局に伺いますが、国鉄が、今回、一等運賃制度を廃止して一区分一等級制度に変えた理由、これについて説明を願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(31期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22