谷川和穂衆議院議員 31期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


衆議院本会議(31期)

28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

  第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21)  0回発言      0文字発言
  第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)  0回発言      0文字発言
  第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)  0回発言      0文字発言
  第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03)  0回発言      0文字発言
  第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)  0回発言      0文字発言
  第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)  0回発言      0文字発言
  第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05)  1回発言   3311文字発言
  第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)  0回発言      0文字発言

       31期通算   (1967/01/29-1969/12/26)  1回発言   3311文字発言

本会議発言一覧

第61回国会 衆議院 本会議 第51号(1969/06/24、31期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、ただいま説明のありました大学の運営に関する臨時措置法案に関し、政府の所信をただしたいと存じます。国の発展は、突き詰めれば教育の問題であると存じます。その教育は青少年に対する深い愛情から出発すべきでありながら、率直に言って、戦後の教育は、青少年なしの政治闘争であった………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(31期)

28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第57回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第58回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  3)  4回発言  41894文字発言
 第59回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  2回発言   1824文字発言
 第60回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第61回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 34 委員  0)  5回発言   8538文字発言
 第62回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  1回発言    463文字発言

  31期通算  68回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 65 委員  3) 12回発言  52719文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 65 委員  0) 12回発言  52719文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文教委員会理事(第57回国会)
 文教委員会理事(第58回国会)
 文教委員会理事(第59回国会)
 文教委員会理事(第60回国会)
 文教委員会理事(第61回国会)
 文教委員会理事(第62回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第58回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1968/03/06、31期)

いずれの国家におきましても、教育の問題はきわめて重大な問題である、それぞれの民族の将来を決定する大きな問題だ、こういうことで、その国の施策の最重点施策に置かれておるのが普通であろうと思います。特に近代…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1968/03/13、31期)

先般留保いたしました私の質問につきまして、文部大臣の所信表明を中心に若干質問を続けさせていただきたいと思います。最初に、初等中等教育すなわち義務教育の普及充実についてでございます。その中で、特に文部…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1968/04/12、31期)

私は、ただいま議題となっておりまする国立学校設置法の一部を改正する法律案に対しまして、自由民主党、日本社会党、民主社会党及び公明党共同提案にかかる修正案の説明を申し上げたいと存じます。修正案の趣旨に…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 文教委員会 第22号(1968/05/24、31期)

法案の審査に入る前に、委員会運営につきまして、私はこの際一百委員長に申し上げておきたいと存じております。百五十日に及びました国会が、あと十日の会期延長を昨日決定をいたしまして、本日この委員会となった…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1968/08/28、31期)

ただいま私の手元に第三十八回国会の参議院文教委員会においてなされました「特殊教育の振興に関する決議」がございまするが、年度は非常に古いのでありまするが、昭和三十六年六月六日でございます。この中の文面に…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1968/10/04、31期)

きょうは参考人の皆さま方には御苦労様でございました。ちょっと関連をいたしまして二、三お伺いいたしたいと思います。その前に、せっかくお見えになりました岡山県教育長にたいへん耳の痛いと申しますか、たいへ…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 文教委員会 第10号(1969/04/04、31期)

私は自由民主党を代表いたしまして政府提出案につきまして賛成、社会党案に対しまして反対の意向を述べるものでございます。財政年度並びに学校の学期ともにわが国におきましては四月一日となっておるわけでござい…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1969/04/18、31期)

私は、将来の委員会運営について一言この場所で申し上げたいと思います。本日私は懸田参考人に対しましても質問をいたしたいと存じまして、委員長あて質問の通告を事前にいたしておったわけでございます。さらに私…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1969/05/09、31期)

私は、私学振興方策は現下の急務であると思うのであります。その中でいろいろな方策があろうかと思いまするが、およそ私学に教べんをとっておられまする、あるいは私学で働いておられまする教職員の方々に対する施策…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 文教委員会 第25号(1969/06/20、31期)

私は、自由民主党、日本社会党、民主社会党、公明党の四党を代表して、昭和四十四年度における私立学校教職員共済組合法の規定による年金の額の改定に関する法律案に対する附帯決議案の趣旨を御説明申し上げます。…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 文教委員会 第27号(1969/06/27、31期)

大臣に一点お尋ねをいたしたいのでございますが、先ほどからの大臣の御答弁で、大臣がきわめて積極的に、しかも政府全体がきわめて積極的に、いわゆる前向きで新しい大学像というものを現在模索中、検討中、さらにい…会議録へ(外部リンク)

第62回国会 衆議院 文教委員会 第1号(1969/12/01、31期)

私は、自由民主党、日本社会党、民社党、公明党の四党を代表して、昭和四十四年度における私立学校教職員共済組合法の規定による年金の額の改定に関する法律案に対する附帯決議案の趣旨を御説明申し上げます。その…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(31期)

28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22