岡田利春衆議院議員 31期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


衆議院本会議(31期)

29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21)  1回発言   3583文字発言
  第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)  0回発言      0文字発言
  第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)  0回発言      0文字発言
  第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03)  0回発言      0文字発言
  第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)  0回発言      0文字発言
  第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)  0回発言      0文字発言
  第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05)  1回発言   9855文字発言
  第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)  0回発言      0文字発言

       31期通算   (1967/01/29-1969/12/26)  2回発言  13438文字発言

本会議発言一覧

第55回国会 衆議院 本会議 第14号(1967/05/18、31期)

私は、ただいま趣旨説明のありました石油開発公団法案について、日本社会党を代表し、総理及び関係各大臣に質問を行なうものであります。産業のかてであり、国民生活上密接な関係を持つエネルギー政策について、総合エネルギー調査会は、去る二月二十日に一カ年半に及ぶ検討を終えて答申を行ないましたが、その内容は、昭和………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第59号(1969/07/11、31期)

私は、日本社会党、民主社会党、公明党を代表いたしまして、衆議院副議長小平久雄君の不信任決議案の趣旨説明を行なうものであります。まず、案文を朗読いたします。衆議院副議長小平久雄君不信任決議案会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(31期)

29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第55回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員 11) 17回発言 164223文字発言
 第56回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  1)  2回発言  24065文字発言
 第57回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  5)  3回発言  12508文字発言
 第58回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員 20) 13回発言  81383文字発言
 第59回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  5)  8回発言  70892文字発言
 第60回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  3)  3回発言  29037文字発言
 第61回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員 25) 14回発言 131300文字発言
 第62回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  31期通算 143回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 73 委員 70) 60回発言 513408文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 石炭対策特別委員会
            73回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 73 委員  0) 50回発言 420489文字発言

 商工委員会
            68回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 68)  8回発言  69352文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  17491文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   6076文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 石炭対策特別委員会理事(第55回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第56回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第57回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第58回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第59回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第60回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第61回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第62回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第55回国会 衆議院 商工委員会 第26号(1967/07/04、31期)

わが国の石油の需要が爆発的に増加をしてきたことは御承知のとおりでありまして、特に石油では最大の輸入国であり、また第三位の石油消費国である、こういう状態から考えて、過般の中東動乱に基づくその後の影響とい…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1967/04/19、31期)

長い間、石炭政策が当委員会、国会で問題になってまいったわけですが、特に石炭の問題がわが国の政治の課題になってまいりましたのは、昭和三十年に合理化臨時措置法が制定されて以来であります。そして国際的なエネ…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1967/04/20、31期)

石炭産業の合理化が進められてまいりまして、特に今年度の予算から考えましても、さらに三百三十万トンを上回る山の閉山が行なわれるわけです。特に政治的にも非常に注目をされました豊里鉱の閉山もすでに決定をいた…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1967/05/17、31期)

先ほど来の質問に対する答弁を聞いておりますと、石炭対策の抜本対策が打ち出されて一応昭和四十五年度で自立安定をしていく、したがって石炭特別会計も昭和四十五年あるいはまた今回の期限の延長についても四十五年…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1967/05/24、31期)

御存じのように石炭産業は、いま再建の第一歩を踏み出すわけですが、今年度のそれぞれ各産業の労使の賃金問題はほぼ終わったと見られるわけです。しかし石炭に限ってはまだその解決を見ていないわけですが、特に最近…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1967/06/07、31期)

たいへんけっこうな御意見だと思うわけです。しかもそういう労使ともに体制ができて、またさらに労使が十分石炭施策について意思統一、意見の交換をするという場合には、本委員会ですでに通産省、労働省もそういう点…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第16号(1967/06/08、31期)

お忙しいところ、貴重な参考意見を聞かしていただきまして、まことにありがとうございます。若干御質問を申し上げたいと存じます。いまお話もありましたように、電力用炭の引き取りがまだ順調にまいっておりません…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第17号(1967/06/09、31期)

再建整備臨時措置法案の第二条の「再建整備計画」についてお尋ねをしたいと思うのですが、特に「再建整備計画」の中で、一から四までの内容が本条では規定をされているわけです。そこで、「石炭の生産及び販売並びに…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第18号(1967/06/15、31期)

今回の石炭政策の抜本策の中で、特に堀進補助金の新しい制度が打ち出されたわけです。この内容は、起業坑道の場合には四割、沿層の場合には三割の補助ということで予算が計上されておるわけですが、この具体的な支給…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第19号(1967/06/22、31期)

大臣が時間がないそうですから、大臣の質問を先に行ないたいと思います。昨年の六月に当委員会で、これからの石炭事業対策として石炭火力の建設が八基決議されておるわけです。今日磯子、竹原の二基が追加をされて…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第20号(1967/06/23、31期)

どらも貴重な御意見ありがとうございました。大体参考人の述べられた意見というものは、私どもが当委員会で特にこれからの石炭対策として指摘をしている点とほぼその内容のすべてではなかったか、こう実は私承ったわ…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第21号(1967/06/28、31期)

今年度の石炭特別会計の中で、産炭地域振興対策として、いわゆる活性炭工場の建設が予定をされておるわけです。この点について、今日どういう考え方で検討を進められておるのか、まず説明を賜わりたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第22号(1967/06/29、31期)

産炭地振興計画が今度五ヵ年間延長されていくわけですが、大体資料によれば、今月中くらいには一応できるのだ、こうめどを立てられておりますが、いつごろできるわけですか。ただいま岡田先生の御指摘の鉱工業等の…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第25号(1967/07/12、31期)

ちょっと関連して。会員構成ですから、たとえば三井鉱山のような大きい会社もありますし、中小炭鉱、小さい炭鉱もあるわけですね。会員というのは一社一会員であるとするならば、当然二分の一以上の賛成を得る場合と…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第26号(1967/07/13、31期)

本法案中、過去通算年数が十五年間で今後五年間坑内勤務をした者については、五十五歳からこの年金を支給することになるわけですが、しかし長期的に考えてまいりますと、今後二十年間あるいは三十年間、たとえば満十…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第27号(1967/07/19、31期)

自治省来ておりますか。――ちょっとお伺いいたしますが、いまいろいろ教育問題が出ましたけれども、一例をあげますと、北海道の留萌の近くに小平町という町があるのですが、今度新たに新日本炭業の福久炭鉱の閉山を…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第29号(1967/07/21、31期)

日ごろ石炭対策についていろいろ御協力を賜わっておりますことを心からお礼を申し上げたいと存じます。いま貴重な御意見を拝聴いたしたわけですが、若干、順次参考人の方々にお伺いいたしたいと思う次第です。初め…会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1967/10/09、31期)

石炭対策特別委員会委員派遣九州班のうち、三井三池炭鉱坑内火災事故調査について御報告申し上げます。すでに御承知のとおり、去る九月二十八日、三池炭鉱三川鉱において死者七人に及ぶ大災害が発生いたしました。…会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1967/11/11、31期)

先ほど、去る十月十一日の石炭鉱業保安確保に関する決議について鉱山保安局長から見解の表明があったわけですが、いずれも折衝中でいわゆる態度が不鮮明なわけです。この決議の実現のために通産大臣の決意のほどをこ…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1967/12/14、31期)

ただいま通産大臣から所信の表明が行なわれたわけですが、その中で、石炭鉱業の現状につきまして述べられておるわけです。去る十一月十一日の当委員会におきまして、菅野通産大臣は私の質問に対して実は答えたのであ…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1967/12/20、31期)

関連。本件の事故は、これは別に上凾の炭車もあって三両目から切断して炭車が逸走した、こういう事故なわけですが、巻き上げ機械の定凾違反とか、そういう事実はないわけですか。実は茨城県の大日本炭礦が不慮の自…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1967/12/22、31期)

炭鉱各社の経理状況が非常に悪化した。特に資金繰り上問題があり、今度の補正の場合にも財投で処置をいたしておるわけでありますが、大体今日の石炭会社の経理、金融状況について承りたい。御承知のように、本年の…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1968/03/29、31期)

理事会の決定で、二時から本会議がございますので、私の質問は一時でとめたいと思います。時間が足りませんから、質問はそのまま保留させていただきます。いま橋口委員から産金政策について質問がありましたので、…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1968/04/03、31期)

初めに四参考人に対して共通点について御質問申し上げます。先ほど来御意見を承っておったのでありますが、今回金属鉱業等安定臨時措置法が廃止になるわけです。もちろんこの法律ができた背景と今日の情勢は変わっ…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1968/04/05、31期)

法律案の審議の前に、一、二鉱種対策についてお伺いをいたしますが、特に最近のわが国のS源供給の構造がいま大きく変わりつつあるわけです。したがって、鉱業審議会においても需給対策の分科会を設けて現在検討を進…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1968/04/10、31期)

自由民主党、日本社会党、民主社会党及び公明党共同提出にかかる鉱業政策の確立に関する決議案について、四党を代表して提案の趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1968/01/30、31期)

美唄炭鉱の災害については、本委員会から調査団が派遣されますので、一点だけ要望を申し上げておきたいと思うわけです。今回の場合には、常盤坑二坑の災害でありますから、美唄炭鉱から見れば二割程度の出炭規模の…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1968/03/06、31期)

初めに三菱美唄の災害のその後の原因調査でありますけれども、作業個所の係の従業員が全員死亡しておりますから、なかなか原因の究明は困難とは思いますが、一応今後の保安対策の見地から、どういうことを想定をして…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1968/03/27、31期)

昭和四十二年の生産実績も三月末で集計をされるわけですが、過般の委員会で大体その見通しについて承ったわけです。しかも減産の最大の理由として労務者不足がその大きな原因である、こういう説明を実は受けたわけで…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1968/03/28、31期)

きのう、海外の原料炭の動向について質問いたしたのでありますが、私は、きのうの局長の答弁では非常に甘いのじゃないか、特に一昨年末以来の国外の原料炭の値上がりの動向、さらにまた最近の海外の供給の状態、加え…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1968/04/03、31期)

ちょっと関連いたしますけれども、およそ石炭鉱業の再編成問題がどうしても審議会の諮問事項になってくると思うのですが、その生産ベースについて全然触れない。問題は、そういうものごとの考え方でこの長期安定策が…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1968/05/10、31期)

初めに端的に山本参考人にお聞きいたします。実は私七日の日に帰ってまいりまして、八日釧路地区に参りまして、釧路地区の炭鉱の労働組合の幹部の諸君とお会いをしたわけです。このときにすでに四月の十五日労働賃金…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第14号(1968/05/15、31期)

時間がありませんから二問だけ質問いたします。第一点の質問は、山はね現象と推定をされるが、しかし、今度の災害は山はねそのもので死亡したのではない、山はね現象が起きて、おそらくケーブルが燃焼したことによ…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1968/05/22、31期)

三菱美唄の炭鉱の災害については、当委員会から調査団を派遣する予定でございましたけれども、地震の関係で調査に行くことができなかったわけです。私、社会党の党派遣調査団として、美唄炭鉱の状況についていろいろ…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第17号(1968/07/10、31期)

ただいま各炭鉱の災害並びに前回当委員会で決議をしたその後の内容実施について報告を受けたのです。また報告されない点では漆生災害が発生いたしておりますから、別途あらためて委員会でこれら保安問題については総…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1968/08/09、31期)

時間の関係で公取に質問いたしたいと思います。端的に伺いますけれども、日本歯科用品商業協同組合という組合がございますけれども、この組合については御存じですか。会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1968/08/08、31期)

石炭産業の現状にかんがみて、この石炭産業の長期安定対策のために、通産大臣は四月の末に石炭鉱業審議会にその対策について諮問されたわけです。しかもこの答申は、今日の石炭産業の現状にかんがみて八月一ぱいに答…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1968/08/09、31期)

いま鹿野委員からも非常にきびしい御意見がありましたけれども、いまわが国の石炭産業は、まさしく長期的な安定策を樹立をする過程にあるわけです。こういう時期にあたって、炭鉱災害が続発することは、われわれ炭鉱…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1968/08/23、31期)

いま多賀谷委員が質問いたしました石炭鉱業審議会に対して、私も同様審議会に対して非常に不審を抱いておるわけです。特に六月の十九日に小委員会が持たれておりますが、この小委員会に先立って、態谷通産事務次官…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1968/09/20、31期)

初めに、ただいま平和並びに夕張の炭鉱災害についての報告がありましたので、これに関連して一点だけまず質問いたしておきたいと思います。それは、去る八月の九日に、衆議院並びに参議院で当面の炭鉱保安を確保す…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1968/10/31、31期)

通産大臣、出張どうも御苦労さんでした。あなたが帰国をされてから植村石炭鉱業審議会会長とお会いになりましたか。会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1968/11/07、31期)

石炭答申が延びておるわけですが、これからの日程では、小委員会で結論を出し、さらに総合部会を開き、総会を開き、答申を出される、大体このめどはどのように立てられておりますか。それから大蔵当局、これは主計…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1968/11/20、31期)

去る七日の日に当委員会で、石炭鉱業審議会の植村会長を参考人に出席願いましていろいろ見解を承ったわけです。そこで、その後小委員会の作業はどのように進んでいるか。さらにまた植村会長が当委員会で述べられた、…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1968/12/18、31期)

大臣、鉱山局長がまだ参議院のほうから見えませんから、その前に予備的な質問をいたしておきたいと思います。私は、本日わが国の硫黄政策についてお尋ねをいたしたいのでありますが、特にいま国内硫黄鉱山の中で最…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1968/12/20、31期)

私は、いま進められております小委員会の取りまとめに対するいわば基本的な問題の質問の前に、若干事務的な質問を行ないたいと思います。その第一点は、当初審議過程においていわば窓口整理をする、こういうことが…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1968/12/26、31期)

本委員会から派遣されました九州班の調査について御報告を申し上げます。当調査に参加いたしました派遣委員は委員長堂森芳夫君、大坪保夫君、田畑金光君及び私、岡田利春の四名でありますが、このほか現地におきま…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第8号(1969/04/08、31期)

本法案の提案理由の説明がすでに行なわれているわけでありますが、この提案理由の説明の中で、北方領土とは歯舞群島、色丹島、国後島及び択捉島、このように提案なされておられます。この北方領土の提案の見解をまと…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 商工委員会 第32号(1969/06/13、31期)

いま同僚千葉委員から質問もありましたし、なお人事院の関係が、時間の都合があるそうですから、初めに関連して質問いたしたいと存じます。審査官の確保の問題、また部門別の審査官の養成、また審査官の待遇問題は…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1969/01/09、31期)

二点だけ御質問します。いままで植村さんの御意見を聞き、今度の答申を見まして、非常に実は失望をいたしておるわけであります。いわゆる自主的自主的と言われますけれども、事実これを具体的に進める場合には、む…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1969/02/25、31期)

本日は委員会の開会もおそい時間でありますので、短い時間で当面見解を承っておかなければならない問題点、また特に問題点として政府が検討しなければならぬ事項について質問いたしたいと存じます。その第一点は、…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1969/03/19、31期)

一、二点御質問申し上げますが、初めに橘内参考人にお伺いします。今度北海道では、明治二山が企業ぐるみ閉山ということで、いま閉山提案が行なわれておるわけです。また、いま述べられたように、本年明治を除いて…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1969/03/20、31期)

昭和四十四年度の予算の中にある十億円の産炭地地方自治体に対する交付金について、予算も四月二日には成立するわけですから、具体的な構想が当然固まっておるのではないか、こう思いますので、この際明確にしていた…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1969/04/03、31期)

今回の茂尻の災害の質問に入る前に、最近の、昭和四十四年一月から以降でけっこうですが、炭鉱の災害の傾向についてお伺いしたいと思います。それで、巡回検査の点でございますけれども、四十三年九月から例をとっ…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1969/04/17、31期)

第四次答申が去る十二月の二十五日に出されて、政府はこれを受けて一月の十日閣議決定をし、本委員会に石炭関係法案それぞれが提出をされておるわけです。しかも今日までの議論を通じて、石炭問題というのはいわば体…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1969/04/18、31期)

私は実は今回の政府の石炭新政策に反対の立場にあるものです。それはもちろん非常にきめこまやかな政策ではありますけれども、はたしてこれでわが国の石炭産業というものが、長期的な視点に立つ場合に産業として安定…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第14号(1969/07/02、31期)

初めに、企業ぐるみ閉山企業の特別交付金交付のため、特に債権者の場合それぞれ申し出をするように措置されておるわけですが、この場合、当委員会で問題になりました公租公課については一般債務として取り扱っておる…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1969/07/09、31期)

石炭対策特別委員会が最近あまり開かれぬものですから、参考人の方に御出席を願って質問が逆になりましたが、私は参考人の方だけに御質問いたしますので、時間がございませんから、ひとつ端的に意見をお聞かせ願いた…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第17号(1969/07/30、31期)

たいへん貴重な御意見ありがとうございました。原料炭の関係についてはいろいろ御意見がございましたけれども、確かに今日の原料炭の供給事情はいま述べられたとおりである、同感でございます。そこで、今日の国際的…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第19号(1969/11/10、31期)

ただいま六人の参考人の方々から御意見を拝聴いたしたわけですが、私の今日の炭鉱保安確保に関する諸問題に対する認識と、きょう述べられた意見がまさしく一致していると実は拝聴いたしたわけです。したがって、あま…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1969/02/10、31期)

私は、石炭問題に入る前に、ただいま報告のありました金沢におけるF104ジェット戦闘機の墜落事故に関連して御質問いたしたいと存じます。まず、私は社会党を代表いたしまして、今回のなくなられた犠牲者に対し…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(31期)

29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22