永末英一衆議院議員 31期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


衆議院本会議(31期)

30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21)  0回発言      0文字発言
  第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)  0回発言      0文字発言
  第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)  0回発言      0文字発言
  第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03)  0回発言      0文字発言
  第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)  0回発言      0文字発言
  第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)  0回発言      0文字発言
  第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05)  2回発言   5417文字発言
  第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)  0回発言      0文字発言

       31期通算   (1967/01/29-1969/12/26)  2回発言   5417文字発言

本会議発言一覧

第61回国会 衆議院 本会議 第53号(1969/06/27、31期)

私は、民社党を代表し、ただいま上程されております防衛庁設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律案に対し、反対をいたします。(拍手)われわれは、国際情勢の現実を直視し、現行憲法のもと、わが国の安全を保つためには、自衛力の保持が必要だと考えております。もちろん、究極的な世界平和は、世界国家の実現に待たなけ………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第64号(1969/07/24、31期)

私は、民社党を代表いたしまして、沖繩における毒ガス問題に関し、政府に緊急質問を行ないます。いま世界は、あげてアポロ11号による人間最初の月着陸の壮挙に対し、歓呼の声をあげています。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(31期)

30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第55回国会 48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 34) 20回発言 118009文字発言
 第56回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  2回発言   8084文字発言
 第57回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  3回発言   7915文字発言
 第58回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  5)  4回発言  13931文字発言
 第59回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  2)  3回発言  16797文字発言
 第60回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  4)  1回発言   3782文字発言
 第61回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員 18) 15回発言  80195文字発言
 第62回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言

  31期通算 125回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 59 委員 66) 48回発言 248713文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員  2) 12回発言  49782文字発言

 内閣委員会
            29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 23)  9回発言  53505文字発言

 大蔵委員会
            29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29) 10回発言  56786文字発言

 沖縄問題等に関する特別委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  0) 12回発言  35456文字発言

 予算委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  4回発言  48595文字発言

 物価問題等に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4589文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 沖縄問題等に関する特別委員会理事(第55回国会)
 沖縄問題等に関する特別委員会理事(第56回国会)
 沖縄問題等に関する特別委員会理事(第57回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第58回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第59回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第60回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第61回国会)
 内閣委員会理事(第61回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第62回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第55回国会 衆議院 沖縄問題等に関する特別委員会 第4号(1967/04/26、31期)

最初に、先ほどちょっと出ました沖繩船舶に日の丸を掲揚する問題ですが、本日掲揚されておりますか。次は、経済援助について伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 沖縄問題等に関する特別委員会 第5号(1967/05/02、31期)

この前の総務長官に対する経済に関する質疑がしり切れトンボでございましたから、まとめます。この前申し上げましたのは、援助の目的をはっきりさせて、その性格を明確にして日本政府としては援助をすべきである、…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 沖縄問題等に関する特別委員会 第7号(1967/05/16、31期)

外務省の方がおられますのでちょっと承りたいのでありますが、過般のこの委員会で沖繩船籍の船舶に日の丸を掲げる件について外務省としてアメリカ側と折衝するところがあり、大体において結論に達しておると伺ってお…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 沖縄問題等に関する特別委員会 第8号(1967/05/30、31期)

一九六五年一月十三日の佐藤・ジョンソン共同声明の中に、アメリカの大統領は「極東における自由世界の安全保障上の利益がこの願望」、すなわち施政権返還でありますが、「この願望の実現を許す日を待望していると述…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 沖縄問題等に関する特別委員会 第10号(1967/06/06、31期)

お二方の沖繩問題に対するいろいろなごあっせん、御熱意、まことに敬意を表します。そこで、私は二つ伺いたいのですが、第一点は、いまアメリカが沖繩にいる根拠について、みずからどういう得心をさしておるかとい…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 沖縄問題等に関する特別委員会 第14号(1967/06/27、31期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、ただいま議題となっております法案に対し賛成をいたします。世界の平和は、それぞれ各国の国民がお互いの状態に対して共通の認識を持ち合うということが基本的な条件でありま…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 沖縄問題等に関する特別委員会 第15号(1967/06/28、31期)

外務大臣に伺います。佐藤・ジョンソン会談以来、沖繩の施政権返還について日本政府はアメリカ国政府と交渉されたことがございますか、伺いたい。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 沖縄問題等に関する特別委員会 第16号(1967/07/04、31期)

寺嶋さんにお伺いしたいのですが、特別調査委員会では六つの部会に分けられておる。五つまでお話を伺ったのですが、第六番目の、法的地位ないしは統治機構、そういうことで調査になりまして御意見がまとまっておりま…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 沖縄問題等に関する特別委員会 第19号(1967/07/21、31期)

私は、民社党を代表いたしまして、ただいま提案されております沖繩問題等に関する決議案に賛成をいたします。初めて衆議院に沖繩問題等に関する特別委員会が設けられ、その委員会の一応の終了時にあたってこの決議…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1967/03/28、31期)

今回の総選挙は、何か政界に黒い霧がただよっておったというようなことが国民の頭にあって選挙が行なわれたようであります。その黒い霧の一つは、政治家の収入というものがまことに正規のものではないのではないかと…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1967/03/29、31期)

昨日、利子、配当の分離課税関係につきまして資料の要求をしておきました。その資料が出てまいったようでございます。それで、その資料に関連させながら、留保いたしておきましたもののみ質問をいたしておきたいと思…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1967/05/18、31期)

大蔵大臣が来られましたので、大蔵大臣に御質問申し上げたいと思います。今度の所得税法等の改正にあたってもいろいろ御苦労なすっておられると思うのです。しかし、この法案を提出されるについての大蔵大臣の基本…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1967/05/25、31期)

租税特別措置法関係について質問申し上げます。租税特別措置法ができましてからたくさんの租税特別措置がございますが、主税局長、その項目は何項目くらいあるのですか。会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1967/05/26、31期)

印紙を売りさばいている売りさばき所というものがありますが、この売りさばき所の性格ですね。売りさばき所というのは、小売り店みたいな感じですが、印紙、つまり税を表示した紙を売っておるわけでありますから、小…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1967/06/02、31期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、本案に対して賛成をいたします。その賛成の趣旨をこれから申し上げたいと存じます。わが国の社会構造は、一路都市化の方向へ向けて進んでおります。都市化というのは、人口の…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 大蔵委員会 第33号(1967/07/18、31期)

大蔵大臣にお伺いいたしますが、今度国債整理基金特別会計法の一部を改正するにあたって、久しぶりに百分の一・六という定率積み立てをやるということをきめられました。いままでの御説明を伺っておりますと、何か六…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1967/07/19、31期)

私は酒の価格の問題でお伺いをしたいと思うのですが、二級酒の価格、これに問題をしぼってお伺いをしたいと思います。現在の酒の価格は統制価格ではございませんけれども、二級酒の価格にA価格とB価格というもの…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 内閣委員会 第26号(1967/06/30、31期)

防衛二法案というのは、四十八回国会以来出て通過していない。防衛庁長官、なぜ通過していないとお考えか、御意見を伺いたい。六月十七日に中共が水爆の実験をいたしました。私どもは、この問題は日本の平和と安全…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1967/03/27、31期)

私は民社党を代表いたしまして、春日一幸、曽祢益両委員のあとに続きまして、防衛問題を中心に政府の考え方をただしたいと存じます。今回政府は第三次防を決定をいたしました。同時にまた、核をめぐる国際的な再編…会議録へ(外部リンク)

第55回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1967/04/28、31期)

私は、民主社会党を代表し、政府提出の昭和四十二年度予算三案について、政府はこれを撤回し、お手元に配付されております民社党の動議によりましてすみやかに組み替えを行ない、再提出するよう要求する動議を提出い…会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 沖縄問題等に関する特別委員会 第3号(1967/11/10、31期)

御指名がございましたので、去る八月二十八日より九月一日の五日間にわたる衆議院沖繩派遣議員団の沖繩視察に関する報告を申し上げます。本衆議院沖繩等対策特別委員会は、去る八月二十八日より九月一日の五日間に…会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1967/11/14、31期)

先ほど大蔵大臣は、財政は硬直化しておる、何とかこの辺で正さなくてはならぬと思っておる、こういうことを言われました。その正す方向の内容をひとつお知らせ願いたい。そこで、ちょっと角度を変えまして、地方団…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 沖縄問題等に関する特別委員会 第3号(1967/12/16、31期)

その問題ですが、いま諮問委員会の権限で御答弁がございましたが、共同声明では、経済上の障壁という問題の前に制度の一体化ということばを使っているが、この制度の一体化ということは、総理府はどういう解釈である…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 沖縄問題等に関する特別委員会 第4号(1967/12/22、31期)

佐藤総理は、沖繩返還を最大の目標として訪米されたと思います。したがって、沖繩返還後の沖繩の防衛についての構想を持ってアメリカと交渉されたと私どもは思っておりますが、はたしてあなたは沖繩返還後の沖繩防衛…会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1967/12/20、31期)

松隈さんに伺いたいのですが、先ほどたばこの問題のときに、あなたは最初、希望意見を申し述べる立場で、あとからはたたき台とか仮案だとか言われたが、一体あなたの税調の小委員会というのは直接税や酒税等の間接税…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第7号(1968/04/16、31期)

この諮問委員会ができまするもとは、佐藤総理とジョンソン大統領との共同コミュニケにあるといわれておりますが、最初、外務省はあの共同コミュニケを訳して、「高等弁務官の諮問委員会」、一カ月ほどたって、これが…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第9号(1968/04/19、31期)

私は、民社党を代表いたしまして、ただいま上程されております暫定措置法案に対しまして、反対の意向を申し上げたいと存じます。昨年十一月の佐藤総理とジョンソン大統領の声明において、あたかも両三年のうちに沖…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1968/03/12、31期)

私は、予算委員会でわが党の委員が質疑をいたしましたアメリカ海軍軍人の妻がわが海上自衛隊の隊員を自動車の無暴な運転によって殺害、傷害せしめた事件について、法務省当局の法律的な見解をこの際承っておきたいと…会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1968/04/12、31期)

今度、南方連絡事務所を沖繩事務所に変えて、そうして従来連絡事務所をやっておったものの上に協議事務をやる、このように御改正をなさろうとするわけですが、協議というのはどういうことですか。きょうは終わりま…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1968/08/09、31期)

三月二十五日にスナイダー日本部長がアメリカの下院で証言をいたしました。その三日後の三月二十八日に、私はワシントン国務省でスナイダー日本部長と時間をかけて沖繩の問題について討議をいたしました。その結果の…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(1968/10/11、31期)

十月九日に日米協議委員会で国政参加、沖繩県民に関するものが一応の合意を見たというのですが、われわれは、沖繩県民の国政参加というのは、日本国民として沖繩県民に対し不当に制限せられておる権利を回復する、こ…会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1968/08/23、31期)

今回ソ連軍が他の四カ国とともにチェコへ侵入いたしました。日本におりますアメリカ軍の警戒配備は変わりましたか、変わりませんか。お答えを願いたい。さて、ソ連軍等は、チェコに武力占領いたしておる状況のよう…会議録へ(外部リンク)

第60回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1968/12/18、31期)

愛知さんは、この前ジョンソン駐日大使と会われたときに、B肥の嘉手納飛行場からの撤去を申し入れられましたか。そこで、B52というのは、最初、なぜ、何の目的で嘉手納に来たとお考えですか。会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第13号(1969/04/24、31期)

今回の沖繩における免許試験及び免許資格の特例に関する暫定措置法案という法律で、沖繩県民に対して、日本本土で成立していくこの法律が直接に一定の権利を与えることになりますね。もう一つは、行政権の作用とし…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第15号(1969/06/17、31期)

私は、愛知外務大臣と時期を前後しながら、アメリカ、ワシントンを中心にしながら各界の意見を聞いてまいりました。われわれ民社党は、特に議会筋の沖繩返還問題に対する感触を尋ねたわけでございますが、そういう角…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第16号(1969/06/19、31期)

関連。いま中谷君から意見がございましたが、これは沖繩の現在の状態というものは、サンフランシスコ平和条約の三条の問題はございますけれども、結局占領の状態が明確に続いておる。施政権者というけれども、われわ…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第19号(1969/07/03、31期)

沖繩における米軍基地の取得の原因別に法律上の根拠――法律がない場合もありますけれども、そういうことをこの際一応明らかにしていただきたいと思うのです。そこで第一に、平和条約第三条で沖繩は米国の施政権下…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第20号(1969/07/08、31期)

第一に、沖繩における米の現在の流通のあり方というのをひとつ説明してください。その焦点は、わが本土との違いがどこにあるかということに焦点を置きつつ、ひとつ簡単に説明してください。実は、物価安定推進会議…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第21号(1969/07/10、31期)

先ほど伸栄丸事件について御報告がございましたが、防衛庁にちょっと伺いたいのですが、この精度はどのくらいと見ておられますか。きわめて精度の高いものと見ておられますか。午後零時五分休憩会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第22号(1969/07/22、31期)

外務大臣に伺いたいのであります。沖繩における毒ガスの事件は、お話によりますと、アメリカの公使から、外務省のお伺いに対して一応の答弁があった。それで終わったようですが、それだと問題の物質が沖繩に現在存…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1969/04/18、31期)

いま航空局長は淡谷議員の質問に対する答弁中で、厚木とか横田とかという飛行場は接収飛行場である、こういうことばを使われました。それは運輸省の、いま米軍基地となっておる飛行場に対する公定のことばですか。…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 内閣委員会 第19号(1969/04/24、31期)

昨日東京地裁で松川事件に関する国家賠償訴訟についての判決が下りまして、その判決は、結局公訴遂行のしかたについて検察官の側に真実義務にそむく点がある、違法か少なくとも過失があるものであったことは明らかで…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 内閣委員会 第20号(1969/04/25、31期)

関連。ただいま外務大臣がこの地位協定の五条に関する見解を申し述べられたのでありますが、五条は、一項、二項、三項ともに、重点は、アメリカの艦船並びに航空機がわがほうの港湾並びに飛行場を使用する場合に、ど…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 内閣委員会 第33号(1969/06/19、31期)

お許しを得て、若干関連質問をさしていただきたいと思います。沖繩返還の問題は、日本人全体がかからねばならない重要な問題であるとわが民社党は考えまして、そこで今回の愛知外相の訪米の交渉に際して、佐藤総理…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 内閣委員会 第35号(1969/06/24、31期)

今回の防衛二法は、主として増員また新編成の問題でございますが、御説明を伺っておりますと、日米安保体制を前提としてものを考えておられる。伺いたいポイントは、その日米安保体制というものに対して、防衛庁は一…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第9号(1969/05/08、31期)

私は、牛肉と米について伺いたいと思います。菅野長官は関西の方でございますからこういうことを御存じだと思いますが、関西でカツレツといいますと、これは普通は牛肉のことですね。豚は特に豚カツと称する。とこ…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1969/03/03、31期)

私は、わが党の基本的政策である沖繩の本土並み返還、並びに安保改定に伴う地位協定改定の問題、さらにわが党の主張する自主防衛、すなわち専守防御の観点に立って、政府の防衛構想をただしたいと存じます。政府は…会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1969/03/04、31期)

総理は、本予算委員会におきまして、沖繩基地について、これは攻撃基地ではない、防御的な基地、戦争抑止力、その一つだ、かように考える、こういう見解を瀝漉されました。ところが、昨日の本委員会において、あなた…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(31期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22