長谷川四郎衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  0回発言      0文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  0回発言      0文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  0回発言      0文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16) 10回発言  10695文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  1回発言    312文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  1回発言   1464文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09) 12回発言  12471文字発言

本会議発言一覧

第68回国会 衆議院 本会議 第3号(1972/01/29、32期)

本日、はからずも、諸君の御推挙により、本院副議長の重職につくことになりました。まことに光栄に存じます。私は、その職責の重大なることに思いをいたし、公正を旨とし、誠意を尽くして事に当たり、議院の円満な運営をはかり、もって議会政治の権威を高めるために全力を注ぐ所存であります。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第5号(1972/02/01、32期)

これより会議を開きます。国務大臣の演説に対する質疑   (前会の続)会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第10号(1972/03/10、32期)

これより会議を開きます。検察官適格審査会委員及び同予備委員の選挙会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第14号(1972/03/21、32期)

これより会議を開きます。日程第一 裁判所職員定員法の一部を改正す会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第20号(1972/04/11、32期)

これより会議を開きます。日程第一 住宅金融公庫法の一部を改正する会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第24号(1972/04/25、32期)

これより会議を開きます。日程第一 特殊鳥類の譲渡等の規制に関する会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第28号(1972/05/12、32期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第30号(1972/05/19、32期)

これより会議を開きます。日程第一 渡り鳥及び絶滅のおそれのある鳥類並びにその環境の保護に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約の締結について承認を求めるの件会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第33号(1972/05/25、32期)

青柳盛雄君。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第36号(1972/06/06、32期)

これより会議を開きます。議員辞職の件会議録へ(外部リンク)

第69回国会 衆議院 本会議 第2号(1972/07/07、32期)

これより会議を開きます。弔詞贈呈の件会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 本会議 第4号(1972/10/31、32期)

これより会議を開きます。国務大臣の演説に対する質疑   (前会の続)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  0回発言      0文字発言
 第65回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言
 第66回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第67回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  0回発言      0文字発言

  32期通算  29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 22)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 逓信委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第66回国会)
 予算委員会理事(第67回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22