床次徳二衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  0回発言      0文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  0回発言      0文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  1回発言   3498文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  3回発言   2123文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  4回発言   5621文字発言

本会議発言一覧

第67回国会 衆議院 本会議 第23号(1971/12/14、32期)

ただいま議題となりました五案件につきまして、沖繩及び北方問題に関する特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、各案件の要旨を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第19号(1972/04/03、32期)

ただいま議題となりました北方領土問題対策協会法の一部を改正する法律案につきまして、沖繩及び北方問題に関する特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、北方地域旧漁業権者等に対し貸し付ける資金の財源に充てるため、北方領土問題対策協会が長期借り入れ金をすることができることとし、昭………会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第25号(1972/04/28、32期)

ただいま議題となりました四件につきまして、沖繩及び北方問題に関する特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、四件の要旨を申し上げますと、四件は、いずれも、沖繩の復帰に伴い沖繩県の区域に設置されることとなる国の地方機関に関し、地方自治法の規定に基づき国会の承認を求めるものであり………会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第2号(1971/12/30、32期)

ただいま議題となりました五案件につきまして、沖繩及び北方問題に関する特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、各案件の要旨を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員 20)  3回発言  11475文字発言
 第64回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第65回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 16)  0回発言      0文字発言
 第67回国会 14回出席(長 13 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    258文字発言
 第68回国会 28回出席(長 17 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  0回発言      0文字発言
 第69回国会  2回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言    163文字発言
 第70回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  32期通算 114回出席(長 32 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員 53)  5回発言  11896文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            66回出席(長 32 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  5)  4回発言   3079文字発言

 文教委員会
            48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 48)  1回発言   8817文字発言


委員会委員長経験

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第67回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第68回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第69回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第63回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第64回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第65回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1970/03/06、32期)

ちょっと特連局長に伺いたいのですが、この予算の中に、復帰記念事業として、本島並びに各島の周遊道路とありますが、今日の時間においてすでに記念事業として確定したものは何と何があるかということです。それと…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第13号(1970/04/28、32期)

参考人の方々、非常に有益なお話をありがとうございました。時間が少ないものですから、数点だけお尋ねいたしたいと思うのであります。まず影山さんに伺いたいのは、信用機構の問題でありますが、現在は本土系の銀…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1970/04/10、32期)

ただいま大臣から御答弁がございましたごとく、私学に対して国からの人件費の助成ということは、全く画期的なことだと思うのであります。私は、この私学の振興に対して、やはり今後におきましても円満にこの目的が遂…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1971/11/12、32期)

長引き続き、内閣提出にかかる沖繩の復帰に伴う特別措置に関する法律案、沖繩の復帰に伴う関係法令の改廃に関する法律案、沖繩振興開発特別措置法案、沖繩における公用地等の暫定使用に関する法律案及び国家公務員法…会議録へ(外部リンク)

第69回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1972/07/12、32期)

一言ごあいさつ申し上げます。去る昭和四十六年七月十四日、第六十六回国会において委員長に選任されましてから四国会にわたり、本特別委員会の委員長の職責を果たすことができました。この間待望の沖繩の復帰も実…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22