内田常雄衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  4回発言   5706文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  1回発言   1962文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  4回発言  15524文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  0回発言      0文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  0回発言      0文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  9回発言  23192文字発言

本会議発言一覧

第63回国会 衆議院 本会議 第5号(1970/02/18、32期)

社会福祉重視の問題でございますけれども、生活保護世帯とか、あるいは老人、身体障害者など、社会の恵まれない人々に対する福祉政策の充実につきましては、これまでの高度経済成長政策の実績とともに、今後わが国の社会構造の変動ということも考えまして、格段の努力を厚生大臣としても行なってまいるつもりでございます。………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 本会議 第10号(1970/03/17、32期)

山本さんから御意見がありました国民健康保険の諸問題につきましては、目下関係の審議会において審議中の医療保険制度の抜本改正の中において、その合理的改善を期しておるところでございまして、私といたしましてもこれが実施の促進をはかってまいる所存でございます。また、御指摘の老人医療の問題につきましても、その一………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 本会議 第15号(1970/04/02、32期)

僻地医療の重要性につきましては、田中議員から御指摘のとおりでございまして、私どもといたしましても、かねてよりこの僻地診療所の年次計画による整備をいたしておりますけれども、近来山村の道路などもよくなりました事情をも取り入れまして、巡回診療車でありますとか、あるいは患者輸送車というようなものの整備にさら………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 本会議 第21号(1970/04/23、32期)

国民健康保険の医療費に対する国庫負担につきましては、いろいろ議論もございましたが、土井さん御承知のとおり、とどのつまりは四五%を国が負担するという、その本則を本年も堅持いたしてまいりました。また、事務費の公共団体における超過負担につきましては、ただいま自治大臣から御説明がございましたとおり、昭和四十………会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 本会議 第5号(1970/12/03、32期)

亜硫酸ガスなどの硫黄酸化物の環境基準が設けられましたのは、島本さん御承知のとおり、昨年の二月でございましたが、その当時設けられた環境基準を超過いたしておりました地区は、全国で東京、大阪、四日市など十九都市でございましたが、昨年中にこのうち改善されました地区が、千葉、釜石など四都市がございましたが、し………会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 本会議 第5号(1971/02/05、32期)

華山さんから、薬の広告費が大き過ぎるという御意見でございましたが、このことにつきましては、総理大臣からもただいま御答弁がございましたとおり、また、当院の決算委員会からも御意見がございまして、昨年の六月に、法律に基づきまする規制のほかに、医薬品等の広告適正化基準というものを私どものほうでつくりまして、………会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 本会議 第11号(1971/02/25、32期)

児童手当法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。御承知のように、児童手当制度はわが国社会保障制度の中でいまだ実現を見ていない唯一の制度であり、次代の社会をになう児童の育成の場である家庭の生活を安定させ、児童の健全な育成と資質の向上をはかるためには、この制度の創設がかねてより懸案となっておりました。会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 本会議 第15号(1971/03/09、32期)

私に対する後藤さんお尋ねは、老齢年金の充実についての考え方でございまして、ただいま、大筋につきましては、総理大臣からお話がございましたとおりでございます。御存じのように、十年前に国民年金ができまして、厚生年金等と並んで、わが国は国民皆保険の制度が確立をされましたけれども、先ほど総理も言及されましたけ………会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 本会議 第19号(1971/03/19、32期)

健康保険法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。医療保険制度の抜本改正につきましては、つとにその必要性が指摘され、政府といたしましても、鋭意検討を進めてまいったところでありまして、一昨年、すなわち昭和四十四年に、社会保険審議会及び社会保障制度審議会に抜本改正の諮問を行な………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第66回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第67回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言
 第68回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  0回発言      0文字発言

  32期通算  25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  0回発言      0文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22