春日一幸衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  0回発言      0文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  1回発言  10640文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  0回発言      0文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  0回発言      0文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  1回発言  12611文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  1回発言  12178文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  3回発言  35429文字発言

本会議発言一覧

第64回国会 衆議院 本会議 第4号(1970/11/27、32期)

私は、民社党を代表し、わが国政が当面ずる重要課題について、政府の方針をただしたいと存じます。質問に入ります前に、われら国民が多年の願望であった沖繩県民の国政参加が実現し、ここに新しく五名の同僚議員を迎えたことについて、各位とともに衷心より喜びを分かちたいと存じます。(拍手)あわせてこの機会に、沖繩選………会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第5号(1972/02/01、32期)

私は、民社党を代表し、当面するわが国政の重要課題について、政府の方針をただしたいと存じます。(拍手)まず、質問の本論に入るに先立ち、この政局に対処される佐藤総理の御心境について質聞いたします。会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 本会議 第4号(1972/10/31、32期)

私は、民社党を代表し、総理の所信表明に対し、以下、わが国政の重要課題について政府の所信をただしたいと存じます。いまや世界政治は、戦後二十数年にわたる東西対立時代から脱却し、新たな多極共存時代を切り開きつつあります。それは過去におけるはかり知れぬむざんな犠牲と、それに対する大きな反省に立った人類の英知………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27) 12回発言 142345文字発言
 第64回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  17500文字発言
 第65回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  5回発言  35050文字発言

  32期通算  41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41) 19回発言 194895文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
            41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41) 19回発言 194895文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1970/02/27、32期)

われわれは、国民の財産権に国家権力として圧倒的な影響力を持つ徴税行政の、その中でもその諸法律の背骨をなす国税通則法、これについて質疑応答、審議を進めるのでありまするが、主としてわれわれは政策的な面にお…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1970/03/03、32期)

私は、憲法と通則法と行政事件訴訟法との関連について、特に問題点は、国民が基本的人権としてふだんに保有する出訴権、裁判を提起する権利、それがこの通則法によって、訴願前置主義が置かれることによって基本的人…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1970/03/06、32期)

まず最初に、大蔵大臣の所管は、金融から税制、ただいま審議されておった外資から証券から、理財から国有財産、税関まで、ずいぶん広範にわたっておる、のみならず、その一つ一つがいずれも国政の根幹に触れる重大な…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1970/03/18、32期)

本日は、金融機関の預貯金の金利を、この際政府はいつごろ引き上げる方針であるか、この問題を中心としてお伺いをいたしたいと思います。先般大臣は、本委員会において物価政策が論じられましたとき、消費者物価の…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1970/03/27、32期)

まず冒頭に資料の提出を求めておきたいと思いますが、これは後日われわれの金融政策検討のための参考資料にいたしたいと思います。いま都市銀行の授権資本と株主勘定の自己資本の総額、それから貸し出し総残高、預…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1970/04/01、32期)

私は、わが国税制の主要なる課題となってまいりました、言うならば山々を、ずっと時間の許す限り、一わたり跋渉する思いで質問をいたしてみたいと思いますから、適切な御答弁を願いたいと思います。なお、政務次官に…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1970/04/07、32期)

ここ十年間の物品税改正の足取りを振り返ってみますると、さきには昭和三十四年に免税点の引き上げが行なわれ、三十七年に全文の改正がなされて合理化がはかられまして、その後四年たって、去る四十一年度に免税点が…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 大蔵委員会 第24号(1970/04/10、32期)

それでは御期待にこたえて、すばらしいビジョンについて卓抜した意見を申し述べたいと思います。問題は、この一点に集約をいたしたいと思うのでありますが、それは事業所得のうちの勤労部分に対する課税のあり方に…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 大蔵委員会 第29号(1970/04/28、32期)

この法律案を通読してみますと、どうも随所に公私混清と申しますか、中央会に与えるその権能など、どうも公私混淆のきらいがあると思う。あるいは中央会が自主的に決定した構造改善計画に対して、大臣が、国が服従命…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 大蔵委員会 第30号(1970/05/06、32期)

いま、法制局が、他の立法例はこういうことであると長々と述べられましたけれども、それらはいずれも法律に基づく大臣命令ですよ。その大臣が命令を発する法律というものは、この国会において国民の代表者が十分に審…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 大蔵委員会 第35号(1970/09/04、32期)

私は、当面する税制上の重要課題について、第一番は間接税への重点移行の問題、第二番目には自動車新税創設の問題、第三番目には付加価値税を創設するかしないかという問題、第四番目は土地税制の問題と、この四点に…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 大蔵委員会 第38号(1970/11/12、32期)

いろいろと山積しております大きな懸案がさまざまありますが、私は、かねて宿題になっておりました清酒の一斉値上げと生産カルテルの存続問題について、この際、突き詰めた検討を加えてみたいと存ずるのでございます…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1970/12/09、32期)

これはまことに得がたい機会でございますので――いまや酒類というものは、単なる嗜好品ではなくして国民生活の必需品でございます。わけても重要なる財政物資である。こういう意味から、小売り酒販の組織といいます…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1970/12/16、32期)

当面しております課題について、特に政府の方針を確かめておかねばならぬと思われる二、三の問題についてお伺いをします。第一番に、中小企業向け年末金融の問題でありますが、政府は十一月十三日の閣議で、政府関…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1971/02/09、32期)

まず最初に北裏さんにお伺いをいたしたいのでありまするが、この一月十六日付の証取法改正に関するアピール中で、第一項にこういうことが強調されております。すなわち「企業の長期資金調達を適正かつ円滑ならしめる…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1971/03/05、32期)

五分間しかございませんから、答弁はひとつ簡明に願いたいと思いますが、第一番に、物品税の免税点の問題なんですけれども、これを回避するための口実として、直間均衡をはかるとかあるいは付加価値税の創設とかとい…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1971/03/10、32期)

最初に岡先生にお伺いをいたします。UNCTADの協定に基づく特恵供与の原則と、これを受けてわが国が特恵供与を行なう場合における態度がいかにあるべきか、というよりもむしろいかにあり得るか、こういう事柄…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 大蔵委員会 第24号(1971/03/24、32期)

私の持ち時間三十分ですから、質問も簡単、答弁も簡単に頼みます。いま阿部君の質疑応答の中で、気にかかるのですけれども、とにかく国会の意思に基づいて行政を行なう、もう当然の事柄だと思うのです。そこで、去…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 大蔵委員会 第32号(1971/05/12、32期)

私はこの際、自動車新税法案について基本的な問題について論点を明らかにいたしまして、このような新税の創設が容認されるべきものではないということを明らかにいたしまして、政府の見解をただしたいと存じます。…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 32期(1969/12/27〜)  6本提出

質問主意書一覧

宗教団体の政治的中立性の確保等に関する質問主意書
第63回国会 衆議院 質問主意書 第2号(1970/03/19提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

宗教団体の政治的中立性の確保等に関する再質問主意書
第63回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1970/04/02提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

宗教団体の政治的中立性の確保等に関する第三回質問主意書
第63回国会 衆議院 質問主意書 第6号(1970/05/02提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

日本住宅パネル工業協同組合の運営に対する厳正なる監督及び中小企業者のプレハブ住宅内装工事における官公需の受注機会の均等化の推進に関する質問主意書
第65回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1971/03/10提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

台湾条項消滅に関する質問主意書
第68回国会 衆議院 質問主意書 第14号(1972/06/13提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

台湾の帰属および台湾条項の消滅等に関する質問主意書
第69回国会 衆議院 質問主意書 第1号(1972/07/10提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22