池田清志衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  2回発言   1378文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  2回発言    950文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  0回発言      0文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  0回発言      0文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  4回発言   2328文字発言

本会議発言一覧

第63回国会 衆議院 本会議 第12号(1970/03/20、32期)

ただいま議題となりました沖繩復帰のための準備委員会への日本国政府代表に関する臨時措置法案につきまして、沖繩及び北方問題に関する特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。沖繩の復帰に備え、アメリカ合衆国との間の合意に基づいて、沖繩島那覇に準備委員会が設けられることになりましたが、本案………会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 本会議 第19号(1970/04/10、32期)

ただいま議題となりました沖繩・北方対策庁設置法案につきまして、沖繩及び北方問題に関する特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、沖繩復帰に関し、その準備のための施策を推進し、並びに沖繩の経済及び社会の開発、発展をはかり、あわせて北方領土問題等の解決の促進をはかるため、国の行………会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 本会議 第19号(1971/03/19、32期)

ただいま議題となりました沖繩地域における産業の振興開発等のための琉球政府に対する資金の貸付けに関する特別措置法の一部を改正する法律案について、沖繩及び北方問題に関する特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のとおり、現在、琉球政府及び沖繩の市町村の公共施設の整備等のため必要………会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 本会議 第25号(1971/04/28、32期)

ただいま議題となりました沖繩における免許試験及び免許資格の特例に関する暫定措置法の一部を改正する法律案につきまして、沖繩及び北方問題に関する特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のとおり、本土と沖繩の一体化施策の一環として、第六十一回国会において、沖繩における免許試験及び………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 35回出席(長 19 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  1回発言    108文字発言
 第64回国会  9回出席(長  5 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言    145文字発言
 第65回国会 29回出席(長 15 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  1回発言    142文字発言
 第66回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第67回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  0回発言      0文字発言
 第68回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 16)  0回発言      0文字発言
 第69回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第70回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  1回発言    142文字発言

  32期通算 126回出席(長 39 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 70)  4回発言    537文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            70回出席(長 39 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 14)  4回発言    537文字発言

 逓信委員会
            32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32)  0回発言      0文字発言

 建設委員会
            21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  0回発言      0文字発言

 災害対策特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第63回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第64回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第65回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第68回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第69回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第70回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1970/01/20、32期)

これより会議を開きます。規則によりまして、委員長が選任されるまで、私がその職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1970/11/24、32期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項によりまして、私がしばらく仮委員長といたしまして、この職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1970/12/26、32期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任せられるまで、その職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1972/10/27、32期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定により、私が委員長が選任せられるまでこの席を汚します。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22