松沢雄蔵衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  0回発言      0文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  0回発言      0文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  1回発言    424文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  4回発言   2084文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  5回発言   2508文字発言

本会議発言一覧

第67回国会 衆議院 本会議 第24号(1971/12/16、32期)

ただいま議題となりました両法律案について、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のように、一般の政府職員の給与を改善する法律案が今国会で可決されたのでありますが、この両法律案は、裁判官及び検察官についても、一般の政府職員の例に準じてその給与を改善しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第14号(1972/03/21、32期)

ただいま議題となりました法律案について、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、地方裁判所における特殊損害賠償事件の適正迅速な処理と交通関係の業務上過失致死傷事件の増加に対処する等のため、判事補九人、裁判官以外の裁判所職員三十一人を増員しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第21号(1972/04/14、32期)

ただいま議題となりました火炎びんの使用等の処罰に関する法律案の提案の理由並びにその概要について御説明を申し上げます。まず、提案の理由について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第33号(1972/05/25、32期)

ただいま議題となりました法律案について、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、罰金等臨時措置法によることとされている刑法その他の刑罰法規に定められた罰金及び科料の額等が、経済事情の著しい変動により財産刑の刑罰としての機能を低下させるばかりでなく、刑事司法の適正な運営を阻………会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第37号(1972/06/09、32期)

ただいま議題となりました法律案について、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、国選弁護人の社会的地位等にかんがみ、国選弁護人に支給すべき旅費のうち、船賃については、裁判所が相当と認める等級の運賃によって算定することとし、上級の運賃を支給することができるようにしようとする………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言
 第64回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第65回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第66回国会  3回出席(長  3 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第67回国会  7回出席(長  7 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第68回国会 31回出席(長 31 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第69回国会  1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第70回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  32期通算  58回出席(長 42 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            43回出席(長 42 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 法務委員会委員長(第66回国会)
 法務委員会委員長(第67回国会)
 法務委員会委員長(第68回国会)
 法務委員会委員長(第69回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22