佐野憲治衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  0回発言      0文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  0回発言      0文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  0回発言      0文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  1回発言   4490文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  1回発言   4490文字発言

本会議発言一覧

第68回国会 衆議院 本会議 第39号(1972/06/15、32期)

私は、ただいま提案説明のありました佐藤内閣不信任決議案に対しまして、日本社会党を代表し、賛成の討論を行なわんとするものであります。(拍手)佐藤内閣退陣の要求と自民党政治を弾劾する声は、天の声、地の声、いまや人の声となって、ちまたに満ち満ちているのであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29)  4回発言  33371文字発言
 第64回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  3回発言  34666文字発言
 第65回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  2回発言  18624文字発言
 第67回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言  41474文字発言
 第68回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  1回発言   5702文字発言
 第69回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第70回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  32期通算  94回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 94) 12回発言 133837文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 建設委員会
            69回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 69) 10回発言 118900文字発言

 産業公害対策特別委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  2回発言  14937文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1970/03/18、32期)

ただいま大臣と阿部委員との質疑を聞きました。途中退席しましたものですから十分聞いてなかったのですけれども、一、二お尋ねしておきたいと思います。大臣は、非常に地方財政が好転したのではないか、そういう事…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1970/04/10、32期)

ただいま三木さんからの質問、それから前回からの連合審査の運輸との関連の中で、大臣は、架橋の三本のルートのうち一本は、現在国会に提案されている地方道路公社法が制定されたらこの中で活用していきたい、こうい…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 建設委員会 第14号(1970/04/24、32期)

まず、根本大臣は着任以来、土地対策なり、あるいはまた土地税制に対する考え方なり、地価対策なり、いろいろ斬新な構想を発表されるので、私たちも非常に刮目をしながら検討させていただいておるわけであります。た…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 建設委員会 第19号(1970/05/13、32期)

実は、きょうは国会の最終日でありますので、住宅政策に関していろいろな問題点を質疑したいと思っておったのでありますが、時間の関係もありますので、私は、公団住宅の一斉家賃値上げ問題にしぼって見解をただして…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1970/12/09、32期)

先日来いろいろ法案をめぐりまして真剣な討議がかわされておるわけですが、私、そうした論議を聞きながらやはり感じますことは、公害というものは発生してからではもうおそい。発生すれば八〇%敗北だ。ですから、今…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 産業公害対策特別委員会 第4号(1970/12/08、32期)

公害問題に関しまして、特に公害は発生してしまってからでは九〇%までは敗北である。このことは、公害問題を中心として非常に広域複雑化しておる、しかも、日に日に深刻の度を増してきておるという現況を見るときに…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 産業公害対策特別委員会 第6号(1970/12/10、32期)

私は、自由民主党、日本社会党、公明党、民社党の四党を代表して、ただいまの法律案につきまして附帯決議を付するの動議を提出いたします。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1971/03/10、32期)

実はきょう、公団家賃の値上げの問題に関しまして主として質問したい、こういう予定で参ったのですけれども、まずそれに先立ちまして、一言大臣なり関係者の御意見を聞いておきたいと思うのです。実は、七日、八日…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 建設委員会 第10号(1971/03/19、32期)

関連して……。ただいまの井上さんからの質疑の中で――実は、本委員会におきまして、下水道の問題は臨時国会の場におきまして相当論議されておるわけでございます。しかしながら、議事日程から考えてみましても、…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1971/11/17、32期)

実は十一月七日に起こりました富山県高岡市石堤の山くずれの問題につきまして若干質疑さしていただきたいと思います。質疑に入りますに先立ちまして、私は十一月の十一日、現地の要請によりまして、実は当日は本委…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1971/12/22、32期)

きょうは大臣に質問の通告をしておったのですけれども、大臣がおられないので非常に困るのですけれども、一応政務次官も御出席になっておりますし、公団も参考人として出席しておられますので、公団家賃の値上げの問…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1972/03/17、32期)

時間もありませんので、大臣、率直にお尋ねいたしますが、「住宅団地と財政 住宅団地関連公共施設整備に関する研究報告書」、あなたこれをお読みになりましたか。意見書と具体的な提案と二つありますね。と申し上…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22