岡田利春衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  0回発言      0文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  0回発言      0文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  0回発言      0文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  1回発言   5156文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  1回発言   5156文字発言

本会議発言一覧

第68回国会 衆議院 本会議 第13号(1972/03/17、32期)

私は、ただいま趣旨説明のありました工業再配置促進法案について、日本社会党を代表し、総理並びに関係各大臣に質問を行なうものであります。わが国経済は、六〇年代において平均実質成長率一〇・九%の成長を示し、GNPにおいて自由世界第二位を占め、政府はわが国の経済大国を自画自賛いたしておるのであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 20)  9回発言 109205文字発言
 第64回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  4)  3回発言  37086文字発言
 第65回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 13)  9回発言  84346文字発言
 第66回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  1回発言   3541文字発言
 第67回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  9)  3回発言  39659文字発言
 第68回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 26) 10回発言  98107文字発言
 第69回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  2回発言  28423文字発言
 第70回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  1回発言   2992文字発言

  32期通算 102回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員 74) 38回発言 403359文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 71) 17回発言 164150文字発言

 石炭対策特別委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員  0) 19回発言 219479文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  19730文字発言

 災害対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 石炭対策特別委員会理事(第63回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第64回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第65回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第66回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第67回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第68回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第69回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第70回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第14号(1970/05/07、32期)

松本さんにちょっとお伺いいたしたいのでございますけれども、サンフランシスコ平和条約を締結する講和会議での第二回総会で、当時アメリカ合衆国の代表であったダレスが演説をいたしておるわけですが、この議事録の…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1970/03/19、32期)

昨年の通常国会の本委員会で、私は硫黄鉱業安定法を提案いたしたのでありますが、その後、鉱業政策の小委員会が設置されて、この委員会で各党間の意見の一致を見て硫黄鉱業安定に関する決議を実は行なったわけです。会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1970/03/20、32期)

機械類賦払い信用保険制度ができましてから、ちょうど八カ年間経過をいたしておるわけです。今回ローン保険を取り入れてこの法律案の改正が出されているわけですが、この割賦保険の実施以来の運用の動向、この総括に…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 商工委員会 第25号(1970/04/28、32期)

特許法の改正について質問いたしますが、第六十一通常国会で本法の改正が出されて、長時間の本委員会においての審議が行なわれておるわけです。したがって私は、その後の経過を含めて、若干御質問いたしたいと存じま…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 商工委員会 第33号(1970/08/20、32期)

きょうは時間がありませんから、私は、公害関係について、若干問題提起の形で御質問いたしたいと存じます。政府は、先般、昨今の公害のゆゆしき社会問題、政治問題に対処して、総理を本部長として公害対策本部を発…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1970/03/06、32期)

ただいま夕張炭鉱、清水沢炭鉱の災害の報告がございました。夕張炭鉱の災害については、その後委員会をつくられて、大体今後の対策がいま述べられたわけです。私は、確かにこの対策は一応こういう災害の場合常識的な…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1970/03/11、32期)

ただいま相沢同僚委員の質問に対して答弁されたことをお聞きいたしておりますと、昭和四十四年度の閉山はいわばなだれ閉山でない、そういう実は印象を持たれておるように私は拝聴いたしたわけです。何を一体基準にし…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1970/05/09、32期)

先般の当委員会で大臣に、当面の石炭政策の課題についていろいろ御質問をいたしたわけです。私はその答弁を聞いておりまして、実はいたく失望を感じたわけです。しかし、その時点で議論しても議論の前進というものが…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1970/09/18、32期)

さきに実施をされました石炭対策特別委員会現地調査常磐班の概要を御報告申し上げます。まず、日程は、七月七日より九日に至る間、福島県及び茨城県の産炭地域におもむき、石炭鉱業の現状について調査を行なうとと…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1970/12/08、32期)

法案に入る前に、これに関連して二、三御質問いたしたいと思います。政府は今日の公害問題について、いわばこれは高度経済成長のひずみである、こういうようなことがしばしば公式的にも発表されておるわけです。私…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1970/12/10、32期)

本法の採決にあたって、二、三点だけ質問をいたしておきたいと思います。第五条の「特定施設の設置の届出」について。いわば届け出制度と許可制度という二つの制度があるわけですが、工場立地の調査等に関する法律…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1970/12/16、32期)

初めに、稲葉参考人にお尋ねいたしたいと思います。第四次政策が実施されましてから、昨年は八百四十万トン、今年度もおそらく、へたをすると七百万トンに達するのではなかろうか、こう私は情勢認識をいたしており…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1971/03/12、32期)

時間がありませんから、簡単に御質問いたします。大体、私の言いたいこと、聞きたいことは、先ほど石川委員から質問もございましたので、ごく簡潔に申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1971/03/17、32期)

私は、本法の具体的な内容の質問の前に、特恵に関連する若干の問題についてまず御質問いたしたいと思います。いろいろ長い間経過がございましたけれども、結果的に、先進国が後進国に対して一方的に特恵を供与する…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 商工委員会 第19号(1971/05/11、32期)

私は、S源対策、なかんずく硫黄問題を中心にして、若干質問を行ないたいと存じます。初めに事務的な点から質問をいたしますので、事務的な面は事務当局からお答え願いたいと思うわけです。硫黄対策は、硫黄需給懇…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 商工委員会 第23号(1971/05/21、32期)

関連して若干御質問したいと思うのです。一つは、すでに対ソ経済協力の関係で、シベリア、サハリン、北海道をガスパイプラインで結ぶ天然ガスの供給について、もう長い間折衝を続けられておるわけです。最近の報道…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1971/02/18、32期)

大臣の時間がないようでありますから、与えられた時間で、きょうは問題点をしぼって質問いたしたいと存じます。昨年の二月は、御承知のように雄別炭礦の企業ぐるみ閉山が話題になって、閉山の方向に進んでいったわ…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1971/03/02、32期)

時間がありませんから、端的に御質問したいと思います。初めに徳永参考人と倉持参考人にお尋ねをしますが、今度の答申を見ますと、何といっても、法律を十カ年延長するというのが画期的な目玉商品といいますか、そ…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1971/03/04、32期)

時間もありませんから、重複を避けて重点的に質問をいたします。あと残ったところは、質問を留保しておきたいと思うのです。まず第一点は、電炭会社法の単純期限延長という法律案が出されておるわけですね。実は、…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1971/03/11、32期)

いま細谷委員から、六条指定並びに十一条の問題で質問がありましたので、それと初めの質問は関連さして御質問いたしたいと思います。一つは、いま十一条のかさ上げの問題についての矛盾というものが明確になってお…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1971/05/19、32期)

先ほど局長から、今後の石炭政策について、六月に体制委員会を再開をする、そうして問題点を整理しながら、この体制委員会で問題点を議論をしていく、こういう答弁がなされているわけです。もちろん、体制委員会が六…会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1971/08/26、32期)

田中通産大臣は、大臣に就任されて、来年度の予算に向けて、特にこれからの通産行政の重点施策としてエネルギー問題を取り上げて、特にその大宗を占めておる石油政策を具体的に強力に展開をする、こういう方針をきめ…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1971/12/07、32期)

輸出保険法の質問に当初関連しまして、今回の法律案の提出理由の中にも融資買鉱に対する保険制度の拡充がうたわれておるわけです。非常に資源の少ないわが国として、経済の成長発展のためには安定的な資源の確保とい…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1971/12/22、32期)

先ほど来からお話がありますように、まさしくわが国の石炭鉱業は重大な危機にあると私は思うわけです。最近の動向を見ますと、いわば閉山ラッシュという表現がぴったりと当てはまるのではなかろうか、実はこういう受…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1971/12/23、32期)

過般十二月十日、石炭鉱業審議会体制委員会で「新長期石炭対策実施までの間における緊急対策について」の決議がなされておるわけです。初めに、これに関してお伺いいたしたいと思うのでありますが、まず、この決議の…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第6号(1972/03/21、32期)

私は、北方問題並びに北方領土問題対策協会の運用内容等について質問いたしたいと思います。外務大臣が来る前に、北方対策協会関係を中心にして御質問いたしますが、まず第一点は、今度新しく改組されて、北方地域…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1972/04/05、32期)

私は、初めに国内石油資源開発の問題にまず触れて御質問いたしたいと思います。すでに、第四次五カ年計画が昭和四十五年度を初年度として、今年度は三年目を迎えておるわけです。しかし、国内の石油開発政策は従来…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1972/04/14、32期)

ただいま中村委員との間の大臣の答弁を聞いておりまして、いわば公団法の改正は非常に不十分である、なおさらその感を非常に強くいたしておるわけです。そこで当然大臣の答弁を発展させてまいりますと、石油開発公団…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 商工委員会 第22号(1972/05/17、32期)

法案の質問に先立って、通産大臣に承っておきたいのでありますが、円切り上げ要請にこたえてこれに対するわが国の対策は、本委員会でもしばしば大臣から答弁があったところであります。伝えられるところによると、新…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 商工委員会 第25号(1972/05/25、32期)

本日は、同僚議員の質問がありますので、時間が限られておりますから、端的に御質問いたしますので、答弁も簡潔明瞭にひとつお願いいたしたいと思います。今日までの工業立地政策を見てまいりますと、新産法あるい…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1972/03/16、32期)

通産大臣は、きょう午前中、北海道知事はじめ、超党派、総地域ぐるみの陳情を受けられたと思うわけです。いま体制委員会で第五次政策についてせっかく審議が進められておるわけですが、先般事務当局の説明によれば、…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1972/03/29、32期)

私は、今日のわが国石炭産業の現状は、いわば公害、環境破壊、こういうことがいま経済社会で起きているわけですが、全くそういう状態であるのだと思うわけであります。したがって、基本的には、なりふりかまわず高度…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1972/04/06、32期)

いまの相沢委員の質問に関連して初めに伺っておきたいと思うのですが、三十一日、石炭鉱業審議会が昭和五十年度における石炭需要量について決議をしたわけです。昨年の暮れに緊急対策について同様決議をいたしており…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1972/04/20、32期)

関連して、若干いまの問題をお伺いしたいと思うのですが、問題は、エネルギーをどう比較をするのかという点が非常に基本の問題だと思うのです。一応原則的には、カロリー当たり幾らするかという比較論になるのではな…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1972/04/24、32期)

初めに大臣に御質問いたしたいのは、先般来、体制委員会で、第五次政策について、特に需要の問題をめぐり各般のいろいろな反響を呼んでいることは、御承知のとおりであります。そこで、当委員会で宮沢通産大臣から、…会議録へ(外部リンク)

第69回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1972/08/03、32期)

時間がありませんので、端的にお聞きいたしたいと思います。今度の答申は二千万トン体制でありますから、まあ大体九州、常磐含めて九百万トン程度、北海道が千百万トンというのが、昭和五十年の一応の落ちつきでは…会議録へ(外部リンク)

第69回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1972/10/26、32期)

初めに、田中前通産大臣は、工業再配置促進法の審議にあたって、公団が発足をして過密地帯から工場を配置する場合には北海道の美唄を第一号にします、私が委員会で聞いているだけで六回お伺いいたしております。すで…会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1972/11/08、32期)

中村委員の質問を聞いておりまして、答弁と提案理由の説明というのがずいぶん食い違いがあるのじゃなかろうかという感じがするわけです。大臣の提案理由の説明には、「当面の対外経済関係の調整に資するとともに国際…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22