楢崎弥之助衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  0回発言      0文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  0回発言      0文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  0回発言      0文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  0回発言      0文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  7回発言  59630文字発言
 第64回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  20346文字発言
 第65回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34) 13回発言  96336文字発言
 第66回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  15190文字発言
 第67回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  9回発言  62022文字発言
 第68回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34) 17回発言 100211文字発言
 第70回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言  18419文字発言

  32期通算 113回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員113) 51回発言 372154文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            70回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 70) 23回発言 188522文字発言

 内閣委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  8回発言  38823文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  4回発言  34161文字発言

 外務委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  9回発言  75490文字発言

 沖縄返還協定特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  4回発言  20648文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   9121文字発言

 物価問題等に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4001文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1388文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1970/05/06、32期)

明日本格的な質問をいたしたいと思いますが、きょう戸叶委員の質問に関連をして一、二お伺いしておきたいと思います。ジュネーブ議定書は正文は何になっておりましょうか。二つ原本が出されておりますが……。会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1970/05/07、32期)

昨日この議定書の日本語訳について関連質問をやったわけです。この議定書の中に「アザー・ガセス・アンド・オブ・オール・アナロガス」となっていますね。このアナロガスというのはどういう意味ですか。会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1970/05/08、32期)

ただいまの答弁を聞いておりますと、六分かかっておりますね。私は、三十分ぐらいしかありませんから、ひとつ簡潔な御答弁をいただきたいと思います。現在――今年度の状態でけっこうですが、防衛費、軍事費の絶対…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1970/02/26、32期)

まず冒頭に、昨晩原水協の関係から、横田基地にグループBという毒ガス兵器らしきものが貯蔵されておるという発表をしたわけであります。そこで、この点について、政府当局として実態を調べられたかどうか、まずお…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1970/03/10、32期)

日米共同声明の中でいろいろいわれておるのですが、現実の問題として一番考えられるのは、やはり第四項、ベトナム戦争がもし七二年に終わっていないときには一体どうなるのか、これが一番現実的に可能性のある問題で…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1970/03/18、32期)

順序を、まず自衛力の限界の点から入ってまいりたいと思います。昨日の予算第二分科会におきましても、四次防の構想は、これまでの領域内の防衛から広域防衛と申しますか、海洋防衛、外洋防衛へと拡大される傾向に…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1970/03/30、32期)

私は、まず最初に、四十五年度の予算審議の際、総括で質問いたしたわけですが、時間がなくて一番最後に、自主防衛力の限界について、佐藤内閣でもこの程度はなさらないと、国民の不安がなかなか取り去られないのでは…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1970/12/09、32期)

関連。われわれが遠く過ぎ去った昔経験した軍事教練ということばが出たのです。体験入隊では軍事教練をしてもいいというお考えでしょうか。昔やっておったからその程度のことはいい、たしかそういう御答弁でございま…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1970/12/14、32期)

運輸大臣にお尋ねします。地位協定第六条は、非軍用あるいは軍用の空港に関するものですが、航空交通管理及び通信の体系についてはよく協議をし調整をする。そして日米の間で取りきめをすると書いてあります。この…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第15号(1971/06/30、32期)

ただいまの鯨岡委員の要望に対して、委員長としてはどのようにお取り計らいになるのですか。お答えがないようですが……。まず、きのうの取りきめの問題について、つまり沖繩に自衛隊が進駐する、その内容について…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1971/05/24、32期)

戸叶委員の沖繩問題に関連をして、若干の質問をいたしたいと思います。ただいま返還協定作成は大詰めにきておるわけでありますが、いわゆる現行安保条約のワクを越える特殊的な部隊が沖繩には存在するわけでありま…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 議院運営委員会 第10号(1971/02/26、32期)

いまの問題に関連をしまして、あとで調査の足らざる点の御報告がまた追加されることになるだろうと思いますけれども、その際に、以下申し上げることも一緒にこの調査の中に入れていただきたい。総裁、きのうの午後…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 大蔵委員会 第36号(1971/05/20、32期)

私は、きょうは金融再編の問題にからんで、銀行の合併の問題についてお伺いをしたいと思います。御案内のとおり、私はこの問題ではしろうとでありますので、あるいは的がはずれた言い方をするかもしれません。しかし…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 内閣委員会 第22号(1971/05/11、32期)

関連して……。わかりやすく言い直してみたいと思うのですよね。武力攻撃の発生する場合という解釈を、自衛のための武力行動をこちら側が起こしていいという時点はいつかという観点から見てみた場合ですよ。そのとき…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 内閣委員会 第25号(1971/05/14、32期)

外務省は時間を急いでおられるようですから、ちょっと関連があるので、先に聞くことになりますが、やむを得ないわけです。それで、あとで訂正したり取り消したりしないように。すぐ帰しますから……。じゃ先に聞きま…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 内閣委員会 第26号(1971/05/15、32期)

安全管理基準のあることは明白であります。第五空軍は持っているわけであります。その内容について、私は昨日、私の承知している限りでは十四ページにわたるもので、と内容の特徴的なものをきのう申し上げたはずであ…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 内閣委員会 第29号(1971/05/20、32期)

私は、厚生省設置法の一部改正の内容になっております公衆衛生審議会、これは四つの審議会を廃止して統合するわけですが、その中の伝染病予防調査会と関連をして、実はいまから三十三年前の大牟田における爆弾赤痢と…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 内閣委員会 第30号(1971/05/21、32期)

関連して。伊藤委員が申し上げた今日ベトナムでも使われておる、あるいは今日のCB兵器の段階で申し上げればCN、クロルアセトフェノン、CS、クロロベンヂリデンマロノニトリル、それからこの前沖繩で撤去をいた…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1971/02/01、32期)

私はまず、沖繩の毒ガス撤去の問題についてお伺いしたいわけです。私もあの撤去の際に党から派遣されて沖繩に参り、つぶさに見てきたわけであります。以下、私は私が調査した結果に基づきまして、お伺いをしたいと思…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1971/02/09、32期)

私は、日本社会党を代表して、昭和四十五年度補正予算案に対し反対の討論を行なうものであります。まず第一に、佐藤内閣の本補正予算案に対する取り組みが国民の要望に遠く離れ、国民生活と福祉の向上に逆行してい…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1971/02/27、32期)

私は、この際、六〇年安保以来の安保論争を整理してみたいと思っているわけであります。そこで、まず冒頭に、愛知外務大臣は、きのう、何か記者会見でいろいろしゃべられた中に、「最近はもっぱら夜業。昼間は国会…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1971/03/01、32期)

私に与えられた時間は三十分でありますから多くを論議するわけにいきません。私はたくさんの疑問を呈しておりますが、私はまず一昨日の政府答弁に対する反論をしておきまして、それが終って、提出資料に対する批判を…会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1971/07/21、32期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、臨時国会冒頭に行なわれた総理の所信表明並びに今日の日本を取り巻く内外の情勢について質問をいたしたいと思うものであります。そこで私は、所信表明なりあるいは本会議にお…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第8号(1971/11/30、32期)

きょうはちょっとかぜで熱発をいたして、声が小さいかもしれませんが……。いま防衛庁長官は、アジア災害出動の問題について個人的な見解ということを強調されておっしゃいました。それでは、いまのあなたの個人的…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第9号(1971/12/03、32期)

関連。この問題は、単なる放言、食言あるいは冗談では済まされない問題が含まれておるわけです。そして、この問題には白か黒かがあって、灰色はないわけです。あなたがうそを言っておるか、私がありもしないことを言…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第13号(1971/12/13、32期)

いまのやりとりを聞いておりまして、ちょっとお伺いをしたいのですが、私その当時の新聞を一応ずっと読んでみたのですね。そうすると、これは日本経済新聞ですけれども、「沖繩返還問題をめぐる愛知外相とマイヤー駐…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄返還協定特別委員会 第4号(1971/11/12、32期)

ここにアメリカの第七心理作戦部隊の資料があります。陸軍第七心理作戦グループ司令部、APO、サンフランシスコNo.九六二四八、一九六七年二月一日印刷、回覧No.10―5というやつであります。これは第七心…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄返還協定特別委員会 第5号(1971/11/15、32期)

では、具体的に聞きます。マリアナ群島は入りますか、周辺に。場合によっては極東周辺にマリアナ群島は入りますか。もう一ぺん聞きます。会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄返還協定特別委員会 第6号(1971/11/16、32期)

総理が来られるまでの間、昨日の松本委員の質疑中私の関連部分について、まずそこから入りたいと思います。私が昨日、マリアナ群島が安保条約のいわゆる極東の範囲、そしてその極東の周辺までも含めて入るかという…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄返還協定特別委員会 第7号(1971/11/17、32期)

私は、昨日の委員会で問題を提起しております岩国基地の核関係及び生物兵器、毒ガス兵器の貯蔵問題について、非常に問題は重要でありますから、しかも核という、政府自身も認めておられますトップシークレットに属す…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1971/10/29、32期)

私は、まず冒頭に、対米、対中外交に対する佐藤総理の政治的な責任について問題点を明らかにしたいと思うわけであります。そこで、外交権は政府に付随する専管あるいは専権事項である。このことが許されておるのは…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1971/10/30、32期)

きょうは総理おこらぬことにしておってください。私は、きょうの朝刊を見まして、総理はわが党の松本七郎議員に、自分たちはまじめにやっておるのだから、あまり変なものを出してくれるなと言われたそうですね。変な…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1972/04/12、32期)

ただいま主題になっておりますこの密約問題は、本来ならば昨年十一月の沖繩協定委員会でも私どもとしては取り上げる予定であった。当時の協定委員会の委員長は今日の外務委員会の委員長でありますし、私の質問の時間…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1972/04/26、32期)

与党の皆さんがこの問題の真相究明のためにたいへん御努力をなさっておることを私も敬意を表します。私自身この問題を取り上げた十三日の日、もしこれが事実であるならばたいへんなことだから、この真相の究明をして…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1972/05/17、32期)

二十六日に、いま委員長から報告されましたとおり、私は、統合幕僚会議作成の昭和四十年統合年度戦略見積もり資料のうち、憲法それから国会決議及び従来の国会答弁に違反していると思われる疑いのある個所を引き抜い…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1972/05/24、32期)

総理と質疑できる機会が今国会あるかどうかわかりませんので、冒頭に予算委員会で問題を提起いたしました敵前逃亡の問題、これは幸いなことに本日午前十時から予算委員会の理事会が開催されまして、そして政府側から…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1972/06/07、32期)

まず、せんだっての委員会で岩国発進のフライトプラン、四月、五月の分、資料として出せるかどうか、お願いをしておりました、それが一つと、それから岩国基地の司令官と運輸省の福岡管制部との間につくられておるロ…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1972/04/18、32期)

先ほど横路委員の質問に対して、私の聞き方がちょっと間違っておったかもしれませんが、B52がもし沖繩に返還後移駐する場合には、事前協議の対象として考えられるのかどうか。先ほどのことばは、移駐は事前協議の…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1972/04/21、32期)

外務大臣にまず一番にお伺いしておきます。外務大臣は参議院の予算委員会で、軍用機の本土基地を使っての直接出撃について、実際に爆弾を積んで交戦地域に行く場合には、その下令の時期というものはあまり条件に入…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第12号(1972/06/07、32期)

私が要求しました政府委員は、全部出ておりますか。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1972/03/02、32期)

私は、予算委員になりまして四年間になります。次の通常国会は、この予算委員はやめなくてはいけぬかもしれません。総理もおそらく総理としては最後かもしれないと思うのですが、きょうはそういう意味で十分問題の、…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1972/03/06、32期)

外務大臣は、せんだっての本会議におけるわが党勝間田前委員長の同問題に対する質問に対しても、同じような答弁をされました。これは私は外務大臣はうその答弁をしておられると思うのです。なぜならば外務省は、中米…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1972/03/07、32期)

この予算委員会は予算をきわめると申しますか予算の妥当性についてわれわれは判断を下す、そういう立場であろうと思うのです。それで私はいろいろある中で、特にT2高等練習機の一機当たりの積算基礎についてただし…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1972/03/08、32期)

意見だけ申し上げておきます。実は私が指摘しました個所は、あの共同声明の中で、特に台湾の帰属問題についての一番重要な個所であると思います。で、その背景を私もいろいろ聞きましたけれども、喬冠華さんとキッ…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1972/03/17、32期)

特に質疑の時間を与えていただきまして、ありがとうございました。常識の時間で終わりたいと思います。この際、たいへん御苦労なさいました横井庄一さんに対する国の援護について、お考えがあればお伺いをしておき…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1972/03/27、32期)

実は、ただいまの問題は、昨年十二月十三日の最終的には問題になった点であります。しかも本予算委員会と関係のある点は、この四十七年度の予算の中に、この四条に基づく三億二千万ドル中一億ドル、三百八億円が計上…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1972/03/28、32期)

私は、いままでの一連の横路委員と政府側のやりとりを聞いておりまして、また横路委員が出しました資料の信憑性からして、政府側もその資料を認めておるわけでありますから、これはまさに日米両国の秘密外交による典…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1972/03/30、32期)

ただいま総理からお話をいただいたわけであります。法務大臣の御見解によりまして、大赦令の適用は受けておるが、しかし、その敵前逃亡罪という罪名は消えていないのであります。その罪名を消すには法的にはむずかし…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1972/04/03、32期)

ただいま横路委員が指摘しましたとおり、昨年十二月十三日、まさにこの問題が委員会で問題になった。そこで、外交には秘密もあり妥協もあるであろう、公開の場では言えないこともあるであろう、そういうことで秘密理…会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1972/11/07、32期)

ただいまの石橋書記長の質問に開運した部分から入りたいと思います。FST2改の目的は、たとえば近海の敵艦船を攻撃するという答弁をなさいました。近海とは公海も含みますか。会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1972/11/08、32期)

まず、私が提出しました損益表は、会社側の資料であるという点は確認されました。どういう方法で調査なさいましたか、昨日から今日までにかけて。まず、ネジ類は指名競争入札という点ですが、いいですか、私はこれ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 32期(1969/12/27〜)  7本提出

質問主意書一覧

アルゼンティン国鉄近代化計画に対する経済技術援助に関する質問主意書
第63回国会 衆議院 質問主意書 第9号(1970/05/13提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)、撤回通知のため答弁なし

尖閣列島に関する質問主意書
第67回国会 衆議院 質問主意書 第2号(1971/11/05提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

米軍の岩国基地に関する質問主意書(共同提出)
第67回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1971/11/22提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

同和対策事業特別措置法の施行状況に関する質問主意書
第68回国会 衆議院 質問主意書 第2号(1972/02/14提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

米軍の「核もちこみ」及び「直接出撃」に関する質問主意書
第68回国会 衆議院 質問主意書 第6号(1972/03/17提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

米軍立川基地に関する質問主意書
第68回国会 衆議院 質問主意書 第7号(1972/03/17提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

沖縄の「核ぬき返還」に関する質問主意書
第68回国会 衆議院 質問主意書 第13号(1972/06/12提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22