木島喜兵衛衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  0回発言      0文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  1回発言   3643文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  0回発言      0文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  0回発言      0文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  1回発言   3643文字発言

本会議発言一覧

第65回国会 衆議院 本会議 第28号(1971/05/11、32期)

ただいま議題となりましたいわゆる教特法に対しまして、日本社会党を代表いたしまして、反対の意見を申し述べます。(拍手)本法律案の最大の争点は、国公立義務教育諸学校の教職員に労働基準法の一部を適用除外して、割り増し賃金なしに時間外労働、休日労働をせしめることの是非についてであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  3回発言  24211文字発言
 第64回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言  10208文字発言
 第65回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  6回発言  51047文字発言
 第66回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   9212文字発言
 第67回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  2回発言  18874文字発言
 第68回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  4回発言  37628文字発言
 第69回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  32期通算  77回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 77) 17回発言 151180文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 59) 14回発言 107662文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  1回発言  15000文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  28518文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1970/03/13、32期)

簡単に一つ一つのことについて承りたいのでありますけれども、最初に、厚生省の方に承りたいと思います。先般の御答弁で、将来の医師の必要数を昭和五十年に人口十万当たり一四〇を目標にするとお答えになったかと…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1970/04/10、32期)

私の考えておる、きわめて初歩的でありますけれども、二点ほどについてだけ若干の御質問を申し上げたいと思うのであります。この法律の第一の問題点と私考えますのは、私学に対する公権力の介入というものをどう制…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 文教委員会 第22号(1970/09/09、32期)

拓大問題だけについてお聞きしておきます。拓大問題というのは、安生君の虐殺事件ですか、そこから発したことでありますけれども、このことは単に運動部のしごきということではなしに、たとえば新聞の社説なり解説…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1970/12/16、32期)

私は、日本クレー射撃協会の問題について、若干の御質問を申し上げたいと思います。実は、この組織の問題あるいは運営上の問題、あるいはずいぶんうわさされました常習賭博だとか経理の乱脈等を少し調べておったの…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1971/02/17、32期)

昨年の暮れに「わが国の教育水準」という、普通教育白書と言っておりますけれども、これが発表になりましたが、その中で、教育費の問題についていろいろと多角な触れ方をしていらっしゃいます。ことに主要諸外国との…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1971/02/24、32期)

最初たいへんつまらぬことを聞くようでございますけれども、どなたでもいいんで丸たとえば義務教育は九年ですけれども、これを小学校と中学校に分ける。一貫でもいいわけですね、義務教育という形からいえば。しかし…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 文教委員会 第10号(1971/03/19、32期)

この提案理由の中に、この手当を出す理由は「その職務の複雑、困難性を考慮し、」とあり、そして今回の増額の理由としては、「生徒の生活実態を考慮しつつ教育効果を高めるため、技能教育施設との連携教育や定時制教…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1971/04/28、32期)

私は、この前予算委員会でもって、人事院が勧告をしてかつまだ本法案が出ない間に御質問をいたしました。したがって、その時点では人事院の総裁を中心に御質問申し上げましたけれども、その後は法律が出たものであり…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1971/05/07、32期)

石井先生、たいへんいろいろとどうも御迷惑をおかけします。中央労働基準審議会は、基準法の九十八条によって、労働者の憲法といわれる基準法の施行及び改正に関して審議をする審議会だと理解いたしておりますけれ…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1971/02/15、32期)

私は、去る二月八日に人事院総裁が衆議院議長、参議院議長、内閣総理大大臣に、義務教育諸学校等の教諭等に対する教職調整額の支給等に関する法律の制定についての意見の申し出がありました。このことについて、まず…会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1971/09/10、32期)

理事会の決定によりまして、さらに時間の制約もあるようでございますから、私のほうとしてもなるたけ簡潔にお聞きしたいと思いますので、御答弁のほうもひとつそのようにお願いいたします…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第10号(1971/12/04、32期)

私は、教育問題だけにしぼってお聞きいたしますけれども、この沖繩返還に伴っての沖繩と本土に横たわる政治、経済の一体化の問題についてもなかなか困難であろうけれども、より思想的なものの解消がなければ、本来的…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1971/12/17、32期)

この間沖繩特別委員会でもって十数項目通告しておりましたところ、高専問題だけで終わったもんだから大臣にしかられました、ずいぶん勉強させて一つだけで失礼じゃないか。でありますが、しかしきょう大臣はおいでに…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1972/04/26、32期)

最初に、きょう時間がないから、あるいはそれだけに終わるかもしれませんけれども、医学部あるいは歯科のいろいろ問題があるようでありますから、それらのことを少しまとめてお伺いしたいと思います。昨年の十二月…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 文教委員会 第12号(1972/05/10、32期)

この法律は、一つは小学校の校舎の補助率を三分の一から二分の一にすることでありますけれども、その理由は何ですか。それにからみまして、公立文教施設整備第三次五カ年計画というのがございますが、これの進捗状…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1972/06/07、32期)

教頭についてお聞きいたしたいのでありますけれども、この教頭ということばが出てきたのは、昭和十六年の国民学校のときに出てきたわけですね。これがなぜ学校教育法がつくられたときに――今日、教頭が問題になって…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1972/03/16、32期)

最初に、国会でいままでいろいろと高級官僚の特殊法人に対する天下りの問題が議論されております。このことはずいぶん政府においても御努力をいただいておると思いますけれども、量においては減少しつつありますが、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22