中垣国男衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

23期本会議 - 24期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  4回発言   2599文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  0回発言      0文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  1回発言    298文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  0回発言      0文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  5回発言   2897文字発言

本会議発言一覧

第71回国会 衆議院 本会議 第18号(1973/03/27、33期)

ただいま議題となりました法律案について法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、地方裁判所における交通関係の業務上過失致死傷事件及び簡易裁判所における民事事件などの適正迅速な処理をはかるため、判事補三人、簡易裁判所判事四人、裁判官以外の裁判所職員二十八人計三十五人を増員しよ………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第29号(1973/04/24、33期)

ただいま議題となりました刑事補償法の一部を改正する法律案について、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、最近における経済事情にかんがみ、刑事補償法に規定する補償金の額を引き上げ、補償の改善をはかろうとするもので、そのおもな内容は次のとおりであります。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第49号(1973/07/03、33期)

ただいま議題となりました三法律案について、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、商法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第61号(1973/09/21、33期)

ただいま議題となりました両法律案について、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のように、一般の政府職員の給与を改善する法律案が今国会に提出されているのでありますが、この両法律案は、裁判官及び検察官についても、一般の政府職員の例に準じてその給与を改善しようとするものであり………会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 本会議 第1号(1974/12/09、33期)

ただいま、私が二十五年間本院議員として在職いたしましたことに対し、院議をもって丁重なる表彰の御決議を賜わり、まことに感謝にたえないところでございます。つつしんで厚く御礼を申し上げます。(拍手)これ全く、与野党の別なく、同僚諸賢のあたたかい御友情と御指導のおかげでありまして、心から厚く御礼を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

23期委員会 - 24期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会 48回出席(長 48 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言     65文字発言
 第72回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第77回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  33期通算  54回出席(長 48 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言     65文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            54回出席(長 48 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言     65文字発言


委員会委員長経験

 法務委員会委員長(第71回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1973/02/27、33期)

次に、内閣提出、裁判所職員定員法の一部を改正する法律案を議題といたします。質疑の申し出がありますので、順次これを許します。沖本泰幸君。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22