篠田弘作衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  0回発言      0文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  1回発言   1413文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  0回発言      0文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  0回発言      0文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  1回発言   1413文字発言

本会議発言一覧

第72回国会 衆議院 本会議 第1号(1973/12/01、33期)

ただいま、私ども十五名の議員が本院在職二十五年に及びましたことに対し、御丁重なる表彰の御決議を賜わりました。まことに光栄に存じ、感謝にたえません。(拍手)これひとえに先輩、同僚諸賢の絶大なる御指導と、郷里の応援者の皆さま方の多年にわたる御支援の結果でありまして、心から厚く御礼を申し上げます。(拍手)………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第72回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  6)  1回発言   1468文字発言
 第73回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第74回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    147文字発言
 第75回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言   8378文字発言
 第76回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  2回発言    742文字発言
 第77回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言    141文字発言
 第78回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  3回発言   3304文字発言

  33期通算  44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 39) 11回発言  14180文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 石炭対策特別委員会
            33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 29) 11回発言  14180文字発言

 地方行政委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  0回発言      0文字発言

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第72回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第78回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第72回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1974/02/28、33期)

北大の磯部先生に質問したいのですが、第一の問題で、国産エネルギーのところでちょっとはっきりしないところがありましたが、大体国民一人当たり石炭は一トン、すなわち一億トンあればよろしい、水力を五千万トンと…会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1974/12/09、33期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1975/05/07、33期)

石炭政策についてちょっとお尋ねいたしますが、先般の五月三日の通産省の新聞発表によりまして、「国内二千万トンを維持 6〇年度メド 中小炭鉱の再開発」あるいは新鉱の開発ということがわかりましたが、これは従…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1975/06/04、33期)

きょうは、石炭鉱山の保安に関する問題につきまして、それぞれ参考人の御出席を願い、いま有吉、伊木、房村三先生の保安に関する御意見を伺いました。石炭炭鉱に関する限り最近、労使の協調とかあるいは関係者の非…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1975/06/18、33期)

田中委員の質問と多少重複するところはあると思いますが、私は通産大臣に対して二、三の質問をしたいと思います。まず一点は、石炭特別会計は五十一年度限りで廃止されることになっておりますが、これをこのまま延…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1975/09/11、33期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1975/12/17、33期)

先般災害を起こしました幌内炭鉱の再建の問題について、少しくお伺いいたします。幌内炭鉱を四片まで注水した結果、十月まで出炭は不可能となり、これに要する資金は百五十億であるというふうに見込まれております…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1975/12/27、33期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1976/09/16、33期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1976/10/06、33期)

私は、エネルギー資源としての石炭の問題と、第二には、北海道の北炭の再建及び幌内炭鉱の復旧の問題につきまして少しく所見を述べ、また、お伺いをいたします。まず、日本のエネルギーとしましては、第一次エネル…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1976/10/20、33期)

いよいよ北炭再建問題も大詰めに来ているようで、再建案もきのう出されたようであります。それにつきまして河本通産大臣にお聞きしたいのですが、実は、この日曜日に私、夕張まで行って見てきました。見てきたという…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22