国会議員白書トップ衆議院議員稲葉修>33期国会活動まとめ

稲葉修衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  0回発言      0文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  4回発言   2909文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  0回発言      0文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  1回発言    504文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  1回発言    674文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  1回発言   4867文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  7回発言   8954文字発言

本会議発言一覧

第72回国会 衆議院 本会議 第11号(1974/02/07、33期)

ただいま議題となりました学校教育の水準の維持向上のための義務教育諸学校の教育職員の人材確保に関する特別措置法案について、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案の要旨の第一は、この法律は、学校教育が次代をになう青少年の人間形成の基本をなすものであることにかんがみ、義務教育諸学校………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第18号(1974/03/19、33期)

ただいま議題となりました学校教育法の一部を改正する法律案について、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案の要旨は、会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第25号(1974/04/11、33期)

ただいま議題となりました国立学校設置法の一部を改正する法律案について、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案の要旨は、会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第30号(1974/05/14、33期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案の要旨の第一は、公立の小学校、中学校及び高等学校並びに特殊教育諸学校の学級規模と教職員の配置の適正化をはかるため、これらの学校の学級編制及び教職員定数の標準を改善することであります。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第29号(1975/06/20、33期)

総理大臣から憲法上の問題についてはお答えになりました。私の法務大臣としての所管に関する点について、和田さんの御質問にお答えしたいと思います。和田さんの御質問は、同種同内容の法律の解釈に関しては、一般的に最高裁判所の憲法解釈にすべて下級裁判所が拘束される旨の、そういう趣旨の立法をする可能性はどうか、し………会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 本会議 第4号(1976/01/27、33期)

いわゆる日共リンチ事件に関し、現段階で判明している点についてお答えいたします。御質問は三点にわたりますから、まず第一に、事実関係についての御質問に対して申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 本会議 第5号(1976/09/28、33期)

金子満広氏の質問に対してお答えをいたします。いわゆる灰色高官名の公表問題については、総理大臣からも答弁をされましたが、この際、法務大臣の考えを明らかにしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  0回発言      0文字発言
 第72回国会 29回出席(長 29 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第73回国会  3回出席(長  3 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

  33期通算  56回出席(長 32 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            32回出席(長 32 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  0回発言      0文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 文教委員会委員長(第72回国会)
 文教委員会委員長(第73回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22