八木一男衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  1回発言   9140文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  0回発言      0文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  0回発言      0文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  0回発言      0文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  1回発言   9140文字発言

本会議発言一覧

第71回国会 衆議院 本会議 第23号(1973/04/06、33期)

私は、日本社会党、日本共産党・革新共同、公明党及び民社党を代表して、ただいま議題に相なりました国民年金法、厚生年金保険法等の一部を改正する法律案並びに国民年金等の積立金の運用に関する法律案について、提案の趣旨並びに内容の大綱について御説明申し上げます。(拍手)社会保障制度の確立は、声ある者、声なき者………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会 48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 47 委員  1)  7回発言 137094文字発言
 第72回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 31)  7回発言 109762文字発言
 第73回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第74回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  21593文字発言

  33期通算  83回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 48 委員 35) 15回発言 268449文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 48 委員  6)  9回発言 158637文字発言

 予算委員会
            29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29)  6回発言 109812文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 社会労働委員会理事(第71回国会)
 社会労働委員会理事(第72回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1973/03/01、33期)

厚生行政の全体の問題について御質疑を申し上げたいと思いますが、きょうの時間が限られておりますので、私は委員長に前もって申し上げておきますけれども、たくさんの問題がありますから、本日の時間が済みましてか…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1973/06/21、33期)

年金関係法案について政府に御質問を申し上げたいと思います。まず第一に、官房長官と厚生大臣から、憲法第九十九条を順守する義務を一番多く持っておられるお二人から、この年金制度の問題について、憲法二十五条…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第33号(1973/06/25、33期)

議題の件について厚生大臣その他政府委員に伺いたいと思います。厚生大臣は社会保障に対する重大な責任を持っておられるのですが、社会保障の目標とするところはどのように考えておられるか、ひとつ見解を承ってお…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第38号(1973/07/03、33期)

私は、自由民主党、日本社会党、日本共産党・革新共同、公明党及び民社党を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。案文を朗読して説明にかえさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第40号(1973/07/10、33期)

議題になりました両法案及び関係の事項について、労働省、厚生省に御質問申し上げたいと思うのです。まず、労災法の問題でございますが、これは当然至急に全面適用になるべきものだと考えているわけでございますが…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第42号(1973/07/17、33期)

私は部落の完全解放の問題、政府のいわれる同和問題の完全解決の問題について、総務長官はじめ各関係の諸官庁の代表の方に御質問を申し上げたいと考えております。まず、予算委員会においてこの問題について先日質…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1973/02/28、33期)

私は、内閣総理大臣の出席を要求いたしておったわけであります。お見えになっておられませんので、委員長のほうで、できるだけ早くおいでになるように、ひとつ御連絡をおとりいただきたいと思います。三木副総理に…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1974/04/04、33期)

まず最初に、斎藤厚生大臣がエカフェの会議を終えて元気に帰ってこられたことについて祝意を表したいと思います。これは個人的な問題ではなくて、厚生大臣がいま非常に重大な衝に当っておられる、そのときに、元気な…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1974/04/23、33期)

労働大臣にまずお伺いします。きょうは、雇用保険法案と現行の失業保険法の関係で質問申し上げるわけでございますが、その前に、労働大臣の基本的な考えをひとつ伺っておきたい。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 社会労働委員会 第25号(1974/05/16、33期)

日雇労働者健康保険法について、厚生大臣並びに政府委員に御質問を申し上げたいと思います。今回、日雇労働者健康保険法を出されたことについては、提案理由でお述べになっておられるわけでございまして、「日雇労…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1974/02/02、33期)

私は、日本社会党の立場でこれからいろいろと御質問をいたしたいわけでございますが、その前に、総理大臣からひとつ確認をいただきたいことがあります。当然、日本国憲法に基づいて、国権の最高機関も行政府もあら…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1974/02/20、33期)

まず、三木副総理にお伺いをいたしたいと思います。社会保障制度審議会の答申なり勧告なり建議なりについて、内閣は、当然全力を尽くして尊重していかれなければならないと思いますが、内閣を代表して、副総理から…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1974/02/23、33期)

関連で御質問を申し上げます。政府の皆さんは、同和対策事業特別措置法のできた経過を十分に知っておられなければならないと思います。また、知っておられる方が多いと思います。実は、この許すべからざる差別をな…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第32号(1974/03/29、33期)

内閣総理大臣はじめ、各国務大臣に御質問申し上げます。ただいま大蔵大臣から暫定予算についての説明がございました。その説明の前に、暫定予算を出さなければならなかったその理由の解明がございません。会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1974/12/20、33期)

まず最初に、外務大臣にお伺いをいたします。本日、横須賀に空母ミッドウエーが入港したということを聞いておりますが、その事実があるかどうか、伺っておきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22