辻原弘市衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  1回発言  13014文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  0回発言      0文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  0回発言      0文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  0回発言      0文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  1回発言  13014文字発言

本会議発言一覧

第71回国会 衆議院 本会議 第4号(1973/01/29、33期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいまから内政面における基本的な課題、かつ、具体的な問題について、若干の意見と提案を交えながら、総理以下関係各大臣に対し、その所信をただしてまいりたいと存じます。(拍手)第一の問題は、政府は、これまでの大企業中心の高度成長経済を、どのように国民福祉中心の経済に変………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  7)  6回発言  29980文字発言
 第72回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 15)  3回発言  41680文字発言
 第73回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第74回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第75回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  0回発言      0文字発言
 第77回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第78回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

  33期通算  84回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員 54)  9回発言  71660文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員 19)  9回発言  71660文字発言

 文教委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  0回発言      0文字発言

 災害対策特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第71回国会)
 予算委員会理事(第72回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1973/02/01、33期)

いま北山委員が指摘をした問題は、楢崎委員が当時の経過を指摘して詳細申し述べたとおりでありますが、総理のお答えになった点は、私どもは釈然とするわけにはいきません。問題は二つあります。一つは、衆議院の予算…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1973/02/13、33期)

ただいま、村山君の本問題に対する質疑に、大蔵大臣は、変動相場への移行であって円の切り上げではないから、直ちに重要な予算に関係を及ぼさないかのような御発言がありました。しかしわれわれは、少なくとも変動相…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1973/03/10、33期)

いま阿部委員から具体的な資料の提出を求めております。その求めている資料について、阿部君が主張されている資料と、それから大蔵大臣はじめ関係局長がいま答弁をしたものとは、これははなはだしく食い違っているわ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1973/03/12、33期)

締めくくりの総括質問をただいまから行ないますが、その冒頭に、私は提案をいたしておきたいと思います。予算の審議中に起きました円問題については、これは西ドイツにその端を発したとは申せ、わが国が切り上げを…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1973/03/13、33期)

昨日、われわれ野党四党から要求をいたしました、野党四党共同の予算組みかえ、修正に対する政府の見解を、ただいま詳細に承りました。しかし、総理から御発表になられました内容はきわめて抽象的であります。少なく…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1973/03/30、33期)

いま自治大臣からもお話がありました。総理からも少し詳しいかのようなお答えがありました。しかし、われわれが問題にしているのは、そういう内容とか、今日に至った経過とか、もちろんそれに対しては政治責任があり…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1973/12/06、33期)

私は、社会党を代表いたしまして、いまから、当面の社会不安の中で政治がやらなければならぬ重要な課題である物価の対策、石油危機に対処する方策、それに伴う経済政策の方向等につきまして、主として総理にお尋ねを…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1973/12/07、33期)

現インフレの事態に対する統一見解を、昨日私は求めました。それに関連をしてただいま総理から御発言がありましたが、その御発言内容は、従来の総理、政府の見解の範囲から一歩も出ておりません。したがって、私は、…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1974/02/01、33期)

外交の問題からお尋ねをしてまいりたいと思います。最初に、対中国の問題について、これは総理と外務大臣にお尋ねをしておきたいと思いますが、国交正常化からすでに一年以上たったわけであります。今日、中国との…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22