田中正巳衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  3回発言   3888文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  0回発言      0文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  1回発言   2769文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  2回発言   4689文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  1回発言    665文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  3回発言   9873文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04) 10回発言  21884文字発言

本会議発言一覧

第71回国会 衆議院 本会議 第24号(1973/04/10、33期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、文教委員会における審査の経過とその結果を御報告申し上げます。本案の要旨は、会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第30号(1973/04/26、33期)

ただいま議題となりました教育職員免許法等の一部を改正する法律案について、文教委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、最近における学校教育の実情にかんがみ、教育界に広く人材を求め、教員の確保をはかるため、新たな教員資格認定試験制度を設けるとともに、免許教科を設けるなど必要な改善………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第48号(1973/06/29、33期)

ただいま議題となりました法律案について、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、大別すると、筑波大学以外の国立大学の新設、学部の設置その他国立学校の整備充実及び大学の自主的改革の推進に資するため必要な措置並びに新構想に基づく筑波大学の部分より形成されております。会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 本会議 第3号(1974/12/16、33期)

田辺さんにお答え申し上げます。田辺さんは厚生行政についてたいへん御造詣が深く、したがいまして、ただいまの御質問もきわめて具体的であり、また広範多岐にわたっておりますが、できるだけ要約して御答弁いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第6号(1975/02/14、33期)

お答えいたします。診療報酬の今後のあり方については、基本的には技術の尊重を中心課題として、あるべき姿に改善を進めてまいりたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第11号(1975/03/14、33期)

国民年金法等の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。年金制度については、昭和四十八年に厚生年金及び国民年金を中心に、給付水準の引き上げと物価スライド制の導入を柱とする改善充実が行われ、昨年においても福祉年金額の引き上げ、物価スライドの繰り上げ実施などの改善が行われたところであり………会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 本会議 第5号(1975/09/19、33期)

お答えいたします。インフレ、不況が身体障害者、老人等、元来、弱い立場にある人々にしわ寄せされることは、仰せのとおりであります。こうした観点に立って、施策の充実と細かい配慮が必要であることは申すまでもありません。会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 本会議 第6号(1976/02/13、33期)

社会保険診療に関する特別措置は、診療報酬の適正化が行われるまでの特別な措置として発足したことは、当時の議員立法の会議録等で明らかなところであります。その後、幾たびか診療報酬の改定がありましたが、今日なお、適正化が達成されたものとの完全な国民的合意を得るところまでは至っておらないことも事実であろうと思………会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 本会議 第15号(1976/05/06、33期)

健康保険法等の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。医療保険制度につきましては、昭和四十八年の改正により、大幅な給付改善が図られるとともに、保険財政の健全化のための諸施策が講ぜられたところであります。会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 本会議 第17号(1976/05/11、33期)

国鉄の行う運賃割引について、内部障害者等についてさらにその範囲を拡大せよというお話ですが、厚生省には、そのほかに母子世帯、老人等いろいろなグループから、国鉄運賃を無賃ないしは割引をせよという御要請があります。今日、国鉄の現状から見て、こうしたことは相当困難なことだろうというふうに思われるわけでござい………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会 37回出席(長 37 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言      5文字発言
 第72回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45)  1回発言  15137文字発言
 第73回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第78回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

  33期通算  89回出席(長 37 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 52)  2回発言  15142文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            53回出席(長 37 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  1回発言      5文字発言

 予算委員会
            34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)  1回発言  15137文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 文教委員会委員長(第71回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 文教委員会 第22号(1973/06/15、33期)

長嶋崎譲君。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1974/01/28、33期)

私は、自由民主党を代表して、最近のわが国における内政、外交について、若干の質疑を行ないたいと思います。私は、与党の議員であります。元来、与党質問というものはおもしろくない、迫力がない、あるいは八百長…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22