国会議員白書トップ衆議院議員田辺誠>33期国会活動まとめ

田辺誠衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  0回発言      0文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  0回発言      0文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  1回発言   4276文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  1回発言   8927文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  0回発言      0文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  2回発言  13203文字発言

本会議発言一覧

第73回国会 衆議院 本会議 第3号(1974/07/31、33期)

民主政治の基本は選挙にあります。狂乱物価のもとにおける参議院第十回通常選挙の結果、国民は、田中政治に対して、明らかにノーの意思を表明いたしたのであります。私は、ここに日本社会党を代表して、深い憤りと大きな怒りを込めて国会を見守っておる国民とともに、田中内閣不信任決議案に対して賛成の討論を行ないます。………会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 本会議 第3号(1974/12/16、33期)

私は、日本社会党を代表して、石橋書記長の総括的な質問に続き、三木新内閣の立ち向かうべき基本的施策について、総理及び関係閣僚に対し、具体的にただしてまいりたいと思います。(拍手)二年四カ月前、内外の好意あるまなざしと、数多い賛辞の中で登場した田中内閣は、いまや国民のかってないほどの批判と、冷ややかな眼………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会 50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 41) 17回発言 130129文字発言
 第72回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  5回発言  46981文字発言
 第73回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第74回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   1391文字発言
 第75回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  8回発言  76704文字発言
 第76回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言   7105文字発言
 第77回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言
 第78回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  2)  1回発言   9230文字発言

  33期通算 129回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員115) 33回発言 271540文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
           110回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員107) 24回発言 194009文字発言

 懲罰委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  1)  4回発言  19719文字発言

 逓信委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  38447文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  17731文字発言

 建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1634文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第71回国会)
 社会労働委員会理事(第71回国会)
 懲罰委員会理事(第78回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1973/02/06、33期)

政府を代表する立場で官房長官の御出席を求めておったのですけれども、お見えでありませんけれども、それぞれ所管の労働大臣なり総務長官お見えでございますので、労働基本権の問題について若干質問いたしたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1973/03/06、33期)

去る二日、最高裁は年次有給休暇の取り扱いに対する画期的な判決をいたしました。私ども戦後、年次有給休暇は労働者の当然の権利として自由にこれが取得されるものであるということを主張してまいったのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1973/03/08、33期)

斎藤厚生大臣にお伺いいたしますが、きょうはひとつあなたと私でフリーにいろいろと討議をしていきたいと思います。社会保障、社会福祉については非常に造詣の深い大臣でありますが、しかしその経験の中で、一体大…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1973/03/26、33期)

いま多賀谷委員から包括的な質問がございましたから、もう私重複いたしませんで、補充をして質問をいたします。建設大臣がお急ぎのようですからそのほうから……。いま建築基準法上の問題についての質問がございま…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1973/04/13、33期)

郵政省、運輸省、おいでですか。郵政省が最近支給しております郵便配達あるいは貯金、保険の業務等で使用しているところの自動二輪、いわゆるバイクで最近非常に事故がひんぱんに起こっておるわけですが、その中で…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1973/04/17、33期)

春闘がいよいよ山場に差しかかってまいりましたが、きょうは当面する緊急の問題についてのみ質問をいたしたいと思います。最初に、郵政大臣にお伺いいたしますが、去る十四日に、郵政省は全逓の組合に対して六千三…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1973/05/10、33期)

関連して。いま質問しております国庫補助に対する、いわばいままでの政府の定見がないというこのことが、実は今後の保険財政の行くえと関連して、私は非常に重要な意味を持っておると思うのです。いま大蔵省からの答…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1973/06/07、33期)

先週わがほうの山本委員、村山委員、あるいは他党の委員が、それぞれ質問をいたしました。したがって、私はその質問にあまり重複しない形で、いままでの質問者の意見を演繹しながら質問をいたしたいと思います。た…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第35号(1973/06/27、33期)

いまの村山委員の質問と全く同じなんですが、実は私の県で正月二日に四十五歳の人が、警備員でもって地方公務員共済組合に加入しておったのですが、なくなりました。胃ガンでなくなった。この人はしたがって、この共…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第38号(1973/07/03、33期)

もう各委員から非常にこまかい質問がありましたので、一言、二言だけ質問をさせていただきます。大臣、国の雇用政策の基本というのは一体何でしょうか。いまの自由社会といわれる中で、雇用に対して国がとれる部分…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第41号(1973/07/12、33期)

国民の生活の安全をはかるのは、もちろん政治の責任であると同時に、また行政の重要な柱であると思うのであります。今日、国民の命を守り、生活をささえるということが七〇年代における政治の一大眠目になっておるわ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第45号(1973/08/31、33期)

御承知のとおり、公制審は八年目を迎えて、第三次公制審が九月三日期限切れを目前にして、いま作業を進めておるようでございますが、政府はこの公制審の答申が出たならばそれを尊重することを再三にわたって言明をし…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第46号(1973/09/14、33期)

私は、自由民主党、日本社会党、日本共産党・革新共同、公明党及び民社党を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。案文を朗読して、説明にかえさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 社会労働委員会 第47号(1973/09/18、33期)

公制審は長年の懸案でありましたいわゆる労働基本権の問題に対する答申をいたしまして、今後の日本の公務員労働者あるいは公共企業体労働者の労働基本権の問題についての一つのステップが踏み出されたわけであります…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 懲罰委員会 第6号(1973/06/13、33期)

ちょっと関連質問。いま中村委員が質問していることは、この懲罰事犯の核心に触れるところでありますが、大村議員からの答弁の中にもありましたように、この新幹線網なり高速道路なりが計画をされて、また実施に移…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 懲罰委員会 第7号(1973/06/20、33期)

議会における議員の質問というのは、その質問の目的が一体何であるか、その趣旨が何であるかということがいわば一番重要であります。また、それに答える側も、質問者の質問をしておる中身というものが一体どういうと…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 懲罰委員会 第8号(1973/06/23、33期)

私は、日本社会党、日本共産党・革新共同、公明党及び民社党を代表いたしまして、本件は懲罰事犯と認められないので、懲罰事犯にあらずと決すべしとの動議を提出いたします。議員小林政子君の本年四月二十六日、物…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1974/02/19、33期)

インフレの中でもって国民の生活は非常に困窮しているわけであります。しかも、この物価高あるいは物不足といわれるものが、実際には一部の大企業によって仕組まれた物価高だ、こういうふうにいわれておる。われわれ…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 社会労働委員会 第14号(1974/04/04、33期)

わが国の社会保障の中で重要な部面を占めるのは所得保障の中核をなす年金制度で、この年金制度を軸としたいわゆる所得保障は医療保障と並んで社会保障の二大柱でありまするから、この充実強化が政治に課せられた重大…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 社会労働委員会 第17号(1974/04/11、33期)

野党各党を代表する形で、三問質問いたします。第一問は、厚生大臣に対して質問をします。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1974/05/14、33期)

去る九日に、公労委は今年の春闘における賃金引き上げについての仲裁裁定を出しました。これは最近の物価の高騰を考えたときには当然のことといわなければならないのであります。確かに単純二九・二二%、二万七千六…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第29号(1974/03/05、33期)

狂乱物価、悪性インフレ、この中で国民は大きな犠牲をこうむっておりまするけれども、中でも、所得の少ない人たち、あるいは低額の年金で暮らしておるお年寄りの方々、その他各層の方々は、この国会における物価問題…会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1974/12/19、33期)

関連。いま御答弁がありましたが、私はやはり、この春の情勢とここ数カ月の情勢は非常に変わってきていると思うのですね。ですから、さっき局長から答弁がありましたように、確かに年齢によって格差を設けるという方…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 建設委員会 第7号(1975/03/14、33期)

いま河川局長から御答弁がありましたが、私、実はせんだっての予算委員会でこの問題を質問いたしまして、特に水不足に対応するために一体どういう方法をとるべきかという質問をいたしたのでありまするが、それに対し…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1975/02/10、33期)

労働大臣の所信をお聞きをいたしましたが、非常にむずかしい情勢の中で労働行政を担当されるわけでございまして、ぜひ国民の期待に沿うような労働行政の確立に向かって全力を尽くしていただきたいと思います。いま…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 社会労働委員会 第7号(1975/03/18、33期)

公労法は、成立以来紅余曲折を経てまいりましたけれども、特にILO八十七号条約の批准に関連をして、いわばスト権の問題を中心とした公労法の全体の見直しの問題が注目を浴びているわけであります。したがって、わ…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 社会労働委員会 第11号(1975/03/26、33期)

最低賃金制の問題については、戦後長い間国会の中で論議をしてまいりましたけれども、いま一つの転機に差しかかっていると思うのでありますが、労働大臣は、現行の最低賃金制というものに対して、一体現状はどうなっ…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1975/06/03、33期)

三公社五現業の労使問題は、公労法適用後長い年月を経て今日に至っておりますが、国民経済の上から言っても、今後の日本の労働組合の運動から言っても、非常に重要な問題を含んでいると思うのであります。このいわば…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 逓信委員会 第7号(1975/03/13、33期)

すでに各委員からあらゆる角度の質問があったと存じますので、重複の点はなるべく簡潔にいたしまして、われわれにいただいた範囲で質問をいたしたいと思います。NHKは何といっても日本の放送文化の進展の上から…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 逓信委員会 第9号(1975/04/16、33期)

今回郵便料金の値上げを中心といたしまする法案が上程をされておるわけですが、本会議並びに委員会における大臣の提案説明を見ましてもわかるわけですけれども、この法案は、端的に言いまして、料金の値上げをする法…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1975/02/22、33期)

社会福祉の問題は数多い問題がございますけれども、その最も象徴的なものに障害児問題があることは御案内のとおりであります。いま、動く障害児と言われる心身に非常に障害を持った児童に対しては、その施策を確立す…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1975/12/05、33期)

労働基本権は労働者の生存権であります。これは憲法規定によって明確に、制限なしに与えられるべきものと定められておるのであります。総理は、ついせんだって先進六カ国会議に行かれました。日本が近代先進国の仲…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 懲罰委員会 第4号(1976/11/02、33期)

紺野議員に手短に質問をいたしたいと思いますが、国会議員の国会におけるところの発言、演説、討論、表決、この行動については院外で責任を問われないという憲法規定があることは、紺野議員も御承知だろうと思います…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22