米内山義一郎衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  1回発言   3815文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  0回発言      0文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  1回発言   2942文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  0回発言      0文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  0回発言      0文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  2回発言   6757文字発言

本会議発言一覧

第71回国会 衆議院 本会議 第29号(1973/04/24、33期)

私は、日本社会党を代表し、ただいま農林大臣から提案説明のありました森林法及び森林組合合併助成法の一部改正に関して、主要な点について田中総理並びに関係大臣に質問いたします。公害、物価騰貴、重税、社会保障の改悪など、国民生活環境の破壊と企業優先の上に築かれたGNP第一主義の高度経済成長のもとで、国土の約………会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 本会議 第3号(1974/07/31、33期)

ただいま議長から御報告のありましたとおり、本院議員中村拓道君は、去る五月二十八日逝去されました。まことに痛惜の念にたえません。私は、議員一同を代表し、つつしんで哀悼のことばを申し述べたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  6回発言  45567文字発言
 第72回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  4回発言  36784文字発言
 第73回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  6回発言  28010文字発言
 第75回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 16)  8回発言  38483文字発言
 第76回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  4回発言  14151文字発言
 第77回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  4回発言  29633文字発言
 第78回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言  16430文字発言

  33期通算  93回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 82) 35回発言 209058文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林水産委員会
            79回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 79) 25回発言 178378文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  3) 10回発言  30680文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 科学技術振興対策特別委員会理事(第75回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第76回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号(1973/03/23、33期)

私は、日本じゅうの漁港整備の実態とか実情というものは資料以外に知る方法もないから、今度の整備計画はどういう考えの上に成り立っているかということをお尋ねしたいと思います。全国のことは皆さんよりは知らな…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号(1973/04/05、33期)

私はむつ小川原開発に関する農地取得の状態と申しますか、農地法にかかわることを中心に農林大臣、農林省から聞くのがきょうの質問の中心でありますが、その前に、この開発の前提になっている、あるいは現在の農地問…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 農林水産委員会 第18号(1973/04/19、33期)

きょうはこの法律案について関連して質問するつもりでありますが、その前に、四月五日の委員会に大臣がお見えにならなかったので、質問を残しておいた問題があります。それについてきょうはまず最初に大臣の御見解を…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 農林水産委員会 第33号(1973/06/19、33期)

質問に入る前に資料を要求したいと思います。それはこの法案の審議のためにも緊急を要するものでありますので、すみやかにお願いしたい。根室沖地震の漁業被害の状況について資料を求めたいと思います。次に、質問…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 農林水産委員会 第35号(1973/06/21、33期)

私はこれまでむつ小川原開発について、予算委員会の段階で五回、この委員会で二回ほど政府に質問してきたわけです。その後、速記録をいろいろ点検し、かつ青森県において農地法がどのように正しく適用されているかと…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 農林水産委員会 第42号(1973/07/10、33期)

私は、これまで継続して質問してきましたむつ小川原開発地域の農地法違反についての質問をさらに続けてみたいと思います。大体、第五条の許可関係に対する農林省の見解というものは明確になりました。というのは、…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号(1974/02/13、33期)

倉石さんとは、この委員会でお目にかかるのは四、五年ぶりなわけです。たしか、この前は、青森県のわれわれの地域で、ビートの栽培を農林省が奨励しまして、やりつけないものを七、八年やったときに、今度は外国から…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 農林水産委員会 第13号(1974/02/26、33期)

この法案について後段に若干の質問をしますが、その前に、この法案を見ましても、これは言うなれば乱開発からどういうふうにして森林を防衛するかという趣旨もありますが、青森県はむつ小川原開発というものを進めて…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 農林水産委員会 第15号(1974/02/28、33期)

きょうは大臣がお見えになりませんが、実は、去る十三日に、大臣の所信表明に対して私は質問したわけです。前段の大部分は私の所信を申し上げ、大臣の所見を伺ったわけですが、後段におきまして、具体的な問題を四つ…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 農林水産委員会 第44号(1974/07/11、33期)

開発問題について、まず最初にお尋ねします。先般の参議院選挙に際して、田中総理は日本じゅうをヘリコプターに乗って吹きまくって歩いたわけです。その中で、若干評価に値する発言が仙台でありました。それは、む…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1974/09/10、33期)

先ほど竹中委員のお話を聞きながら、実は私は昔の奴隷船を思い出したんです。「むつ」という船は聞けば聞くほどおかしい。まだ正規の船でない。正規の船でないとすれば、非常にあぶないものを中に積んだ浮遊物です。会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1974/10/15、33期)

この定係港があそこに設定されてから、陸奥湾の漁民は、ホタテ産業がどうなるだろうかという不安に非常に長い間悩んできたわけです。それが今度の協定によって、このことが確実に政府によって実行されるならば、いま…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第4号(1974/10/22、33期)

大臣にお尋ねします。今度の「むつ」の問題を、青森県では陸奥湾海戦、こう言うておる。この海戦も、鈴木さんが行って、あれは政府の代表だか自民党の代表だかはっきりしない点もあるが、とにかく降伏使節というよ…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号(1974/09/10、33期)

むつ小川原の農地転用の問題で、繰り返し質問します。農林省でもおわかりのとおり、私は、代議士に今度当選してから、もうあきるほどこの質問をしておりますが、知らないから聞いているのじゃないのです。私がなぜ…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号(1974/10/14、33期)

まず、国土庁にお尋ねしたいと思います。むつ小川原開発の問題なんですが、石油二百万バーレル、石油化学年四百万トンというような、実に、世界にも例のないようなことを内容とした開発計画がつくられまして、これ…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 農林水産委員会 第4号(1974/11/12、33期)

むつ小川原開発の農地転用の件について質問します。むつ小川原開発会社から新住区の農地転用の申請がなされ、農林省がこれを受理して目下審査中だと思うのですが、この申請の目的、計画、その内容はどういうものか…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第6号(1975/05/29、33期)

私は、いま行き場を失っていると思われるような原子力船「むつ」の問題に関連して、大臣からお尋ねしたいと思います。あの「むつ」の事件が起きてから、いわゆる政府と四者協定をしまして、ある一定の時期に次の母…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第9号(1975/06/11、33期)

時間も短いですから、きわめて簡潔にお尋ねしたいと思います。まず第一に、「むつ」問題についての大山さんの報告書に、原子力発電は実用化の段階に入っている、こういう表現があるわけです。ところが、世界的に見…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第11号(1975/06/18、33期)

実は私、青森県の者なんですが、「むつ」の問題が出るまでは、原子力の問題というのを直接に深く感じたことがないのですが、あれができてからいろいろ、これは容易なものじゃないという感じがしました。特に今回も、…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第13号(1975/06/25、33期)

原子力船「むつ」のことにつきましては、先般来のいろいろな審議の速記録を見た上でいろいろ質問申し上げる予定ですので、きょうはたった一問だけお尋ねしておきます。ある意味で、これからあの原子力船「むつ」は…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第15号(1975/08/11、33期)

原子力船「むつ」を佐世保に修理のために移すとかあるいは定係港にするというようなことですが、これはもうすでに政府の方針として決まったことなんですか。ただ母港を直接決める前に、修理、点検等をしまして、「…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号(1975/02/18、33期)

新しい大臣に初めて所見をお尋ねするわけです。だが、もうかなりお疲れだろうと思いますので、こういう条件に即応して、私も軌道修正をしまして、きょうは大臣にリラックスして聞いてもらいたいが、主として考え方の…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 農林水産委員会 第32号(1975/07/02、33期)

きょうは大臣がおれば大臣から質問を始めるつもりだったが、構造改善局長にお尋ねします。農林大臣は二月十二日のこの委員会で、「今後は農地法を厳正に適用して、転用につきましては、これを厳しく規正をしていく…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 農林水産委員会 第35号(1975/09/10、33期)

新全総あるいは日本列島改造論が熱を持っていたころ、企業が買い占めた土地というものが七十一万ヘクタールあるという資料を見ていますが、そのうちの六十万ヘクタールというのは資本金一億以上の四千社余りのものが…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1975/11/12、33期)

きわめて簡単に申し上げますが、こういう性質の仕事というものは粗末に扱ったら後が恐ろしいということは、原子力船で十分御体験のことだと思うのです。いまの報告を聞くと、問題にするに足りないようなトラブルだ、…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1975/11/13、33期)

この原子力問題を議論するときには立場の問題がありまして、たとえば原子力船のあの「むつ」の騒動の場合に、いま質問なさった竹中先生はまるで東郷大将みたいにあの船の上に乗っていらっしゃった。私はいかり綱の下…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号(1975/11/05、33期)

いまの豊年米というか超過米というか、余り米とも言われているが、この問題について三木内閣の考え方をまずお尋ねしたいと思います。農民は、政府が、三木内閣が、この農家の心配に対してどういう心配をして対応し…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号(1975/12/17、33期)

青森県の脇野沢という村でニホンカモシカというけだものと人間が生存権の争いをやっております。その際に、けだものの方は法律的に十分な過保護の状態に保護されているが、被害を受けている農民側は政治や行政の保護…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 農林水産委員会 第4号(1976/03/04、33期)

政務次官はいないのですか。いなければいなくてもいいです。前の国会の農林大臣の所信表明に対して竹内委員が農地法の問題について質問したところ、農林大臣は、農地法の趣旨と、優良農地をつぶさないというたてま…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 農林水産委員会 第11号(1976/05/18、33期)

防衛庁の方からお尋ねしたいと思います。まず、むつ小川原開発に関係することですが、あの開発区域の非常に重要な場所に三沢の対地射爆場がある。同時に、堀り込み港湾の予定地にすぐくっついた北側には高射砲の射…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号(1976/06/22、33期)

構造改善局長にお聞きしたいのですが、八郎潟干拓地とかあるいは新潟県のどこかで、国営でできた干拓地に米をつくることが悪いことなんだ。あれ自体は局部的に見れば非常に深刻な問題だ。しかも全国の農民に対して与…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 農林水産委員会 第16号(1976/08/10、33期)

きょうはたくさんの省庁からおいでを願っていますが、まず第一にむつ小川原にかかわる農地法上の問題からお尋ねします。本当は大臣にも聞いてもらいたい点もあるが、これは後でもいいことにしまして、きわめて初歩的…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号(1976/10/07、33期)

芳賀委員とセットで質問いたします。委員派遣として青森、岩手、秋田の三県を調査してまいりましたが、これにつきましては先ほどわれわれの団長から委員会に報告がありましたとおりです。三県を回りましてよく言わ…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 農林水産委員会 第4号(1976/10/13、33期)

大石農林大臣が就任早々の記者会見で非常に重要な発言をしているわけです。私はここに読売新聞の記事を中心に大臣の真意をただしておきたい。少し記事を引用します。「生産者米価は他の物価水準に比べて低く、農民の…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号(1976/10/20、33期)

大臣にまずお尋ねします。冷害地の状況というものは一日ごとに深刻になっている状態です。というのは、近ごろになりまして、平年よりも二週間ないし二十日おくれの稲刈りが始まる。これを調製してみますと意外に品…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 33期(1972/12/10〜)  3本提出

質問主意書一覧

国際漁場における不法漁業者に対する行政罰に関する質問主意書
第72回国会 衆議院 質問主意書 第25号(1974/05/07提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

青森県東通村における東北電力及び東京電力の原子力発電所建設用地に対する農地法第五条の規定による転用許可処分に関する質問主意書
第72回国会 衆議院 質問主意書 第26号(1974/05/07提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

むつ小川原開発における農地転用事前審査制度に係る脱法及び違法行為に関する質問主意書
第72回国会 衆議院 質問主意書 第27号(1974/05/07提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22