小宮山重四郎衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  0回発言      0文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  1回発言    468文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  1回発言    761文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  3回発言   1172文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  2回発言   1526文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  7回発言   3927文字発言

本会議発言一覧

第72回国会 衆議院 本会議 第22号(1974/03/29、33期)

ただいま議題となりました法務省設置法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、東京法務局に、民事行政部にかえて民事行政第一部及び民事行政第二部を設置するとともに、入国管理事務所の出張所の名称及び位置を法務省令で定めようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 本会議 第6号(1974/12/23、33期)

ただいま議題となりました三法案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案は、本年七月二十六日付の人事院勧告に基づいて、全俸給表の全俸給月額、医師の初任給調整手当、扶養手当、通勤手当、住居手当及び宿日直手当の額の………会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第8号(1975/02/25、33期)

ただいま議題となりました法律案について、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、下級裁判所における事件の適正迅速な処理を図る等のため、簡易裁判所判事三人及び裁判官以外の裁判所職員二十三人を増員しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第11号(1975/03/14、33期)

ただいま議題となりました法律案についで、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、中央更生保護審査会の最近における恩赦上申事件の著しい増加の傾向にかんがみ、同審査会の機能を強化するため、委員四人のうち二人を常勤とし、それに伴う改正をしようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第28号(1975/06/17、33期)

ただいま議題となりました船舶の所有者等の責任の制限に関する法律案について、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、海上航行船舶の所有者の責任の制限に関する国際条約を批准することに伴い、船舶所有者等の責任制限制度を金額主義に改め、これを実施するため、所要の措置を講じようとす………会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 本会議 第12号(1975/10/31、33期)

ただいま議題となりました両法律案について、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のように、一般の政府職員の給与を改善する法律案が今国会に提出されているのでありますが、この両法律案は、裁判官及び検察官についても、一般の政府職員の例に準じてその給与を改善する措置を講じようとす………会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 本会議 第14号(1975/11/18、33期)

ただいま議題となりました両法律案について、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、船舶の所有者等の責任の制限に関する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第72回国会 65回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 46 委員 18)  9回発言  18612文字発言
 第73回国会  7回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事  5 委員  1)  3回発言   7502文字発言
 第74回国会  5回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第75回国会 28回出席(長 27 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第76回国会  7回出席(長  7 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第77回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  5)  2回発言   3534文字発言
 第78回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  33期通算 125回出席(長 34 代理理事 4 代理 0 理事 60 委員 27) 14回発言  29648文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            45回出席(長  0 代理理事 4 代理 0 理事 36 委員  5)  6回発言   6964文字発言

 法務委員会
            35回出席(長 34 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  3)  8回発言  22684文字発言

 大蔵委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  0回発言      0文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 法務委員会委員長(第75回国会)
 法務委員会委員長(第76回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第72回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第72回国会)
 内閣委員会理事(第73回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第73回国会)
 内閣委員会理事(第74回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第74回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第77回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第72回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第6号(1974/02/28、33期)

きょうは、午前中、石野委員から、復帰前の沖繩周辺の海域の原潜の放射能の問題で質疑がございました。私、ここに二つの新聞の記事を持っておりますけれども、これはあとで参議院の決算委員会からの速記を取り寄せて…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第9号(1974/03/28、33期)

大臣にお伺いしたいことは、昨日稲葉秀三先生の「エネルギー需給とその政策のあり方」というようなことで、政府の発表した計画とは相当食い違っている。まず当面われわれが考えている電力の不足というものはいつごろ…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第11号(1974/04/10、33期)

きょうは、お忙しいところ、岡野さんには御出席いただきまして、たいへんありがとうございました。私、たいへん不勉強でございまして、いま御説明をいただいたことが十分把握できない面もございますので、初歩的な話…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第13号(1974/05/08、33期)

本日はお忙しいところ、参考人の先生方には、おいでくださいまして、ありがとうございました。私、原子力についてはあまりよく存じ上げませんので、たいへん初歩的な質問を申し上げますけれども、お許しをいただき…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1974/03/07、33期)

関連して……。四十八年度の不発弾についての予算は幾らでございますか。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1974/03/28、33期)

ただいま議題となりました法務省設置法の一部を改正する法律案に対する自由民主党、日本社会党、日本共産党・革新共同、公明党及び民社党の各派共同提案に係る修正案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 内閣委員会 第33号(1974/05/23、33期)

ただいま議題となりました環境庁設置法及び行政管理庁設置法の一部を改正する法律案に対する修正案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。案文は、お手元に配付してありますので、朗読は省略し、その要旨を…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 内閣委員会 第34号(1974/05/24、33期)

ただいま議題となりました国土総合開発庁設置法案に対する修正案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。案文は、お手元に配付いたしてありますので、朗読は省略させていただき、その要旨を申し上げますと、…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 内閣委員会 第35号(1974/06/03、33期)

総務長官に御質問申し上げますけれども、さきの恩給法等の一部を改正する法律案の附帯決議をよく御承知のことと思います。その中で、恩給の改定時期の繰り上げについては、年度当初からの実施を目途として検討するこ…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1974/09/10、33期)

関連でございますので非常に短いので、簡単にお答え願いたいと思います。まず第一に、洋上でいろいろ調査されているのですけれども、このような事件があったことで、むつ市長もいらっしゃるのですが、むつ市長は、…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第6号(1974/12/02、33期)

きょうは柏崎の東電の原発のことについてお伺いしたいと思います。いろいろな新聞をとってみまして、その中からいろいろお聞きしたいと思いますけれども、その前に、東電は安全審査の前に電調審に申請されておりま…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1974/09/06、33期)

七月十九日に、所沢にレーダー送信所、いわゆるOTHのレーダーがあるということを朝日新聞ですっぱ抜かれた。その新聞を見ましても、外務省の山下安全保障課長は確認はできなかったとか内容はよくわからないとか非…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第6号(1976/05/13、33期)

昭和四十八年に石油ショックということで日本経済が大変混乱し、物価狂乱等々がございました。その石油ショックで国民の経済とか福祉とかというものを保持し、あるいは発展させるために、当時を思い出しますと、エネ…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第7号(1976/05/19、33期)

いま小林参考人から、一次冷却水からセシウムが出たという話がございます。朝日新聞の報道だと思います。この辺を確かめておきたいと思っております。私、そういう記事があったことは知っておりますけれども、一次冷…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22