正木良明衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  0回発言      0文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  1回発言   8638文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  0回発言      0文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  0回発言      0文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  0回発言      0文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  1回発言   8638文字発言

本会議発言一覧

第72回国会 衆議院 本会議 第3号(1973/12/04、33期)

いまや日本国民は、自分たちの将来にきわめて大きな不安と危惧を抱き、やり場のないいらだちと怒りにさいなまれながら、この通常国会が、国民の期待する平和日本と国民生活防衛の福祉路線の確立に転換する大きな切り返し点になるよう、強く望んでいることは間違いありません。したがって、政府は、いまこそこの国民の要求を………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言  19141文字発言
 第72回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  17692文字発言
 第73回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第75回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  34930文字発言
 第76回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言  26543文字発言
 第77回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  2回発言  25494文字発言
 第78回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  17646文字発言

  33期通算  24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  8回発言 141446文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  8回発言 141446文字発言

 内閣委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 石炭対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1973/02/02、33期)

公明党を代表して質問いたします。昨日来問題になっております防衛力の限界という問題について、まずお聞きをいたしておきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1974/02/07、33期)

まず最初に、大手不動産業者が自分たちの買い占めておった土地を放出するという問題がございまして、その土地の放出が実は何件か行なわれました。そのうち、すでに日本住宅公団に、場所で申しますと三つ、放出業者…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1975/02/03、33期)

本日は、独占禁止法の改正問題と地方行財政の問題、その後、不況対策の問題等に入りたいと思いますが、時間が足りないかもしれません。そういう問題で皆さん方に御質問を申し上げたいわけですが、その前に、ちょっと…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1975/06/09、33期)

私は公明党を代表して御質問申し上げたいと思います。午前中また午後に行われました質問の中で、当面の財政運営の問題ないしは今後の景気の見通し等々、国民生活に非常に関係の深い問題がいま山積みされておるわけ…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1975/10/22、33期)

私は、公明党を代表して、本予算委員会の総括質問をいたします。最初に、三木総理の所信表明演説に対する代表質問の際の公明党代表の浅井並びに福田副総理と大平大蔵大臣の経済、財政両演説に対するわが党の坂井質…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1976/02/04、33期)

私は、公明党を代表して、総理以下関係大臣に若干の質問をいたします。まず第一に、武器輸出の問題が非常に大きな問題になりつつあります。特に財界、防衛産業筋からの、現在の日本の不況の中にあって武器輸出をや…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1976/02/27、33期)

再質問の機会を与えられまして感謝いたします。この前、私の武器輸出に関連しての質問に対しまして、資料を要求いたしましたが、その資料が提出されました。それに関連して質問をいたします。会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1976/10/01、33期)

私は、公明党を代表して、当委員会における質疑を行います。冒頭に、法務省の刑事局長にお尋ねをいたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22