坂井弘一衆議院議員 33期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


衆議院本会議(33期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)  1回発言   4030文字発言
  第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)  1回発言   4271文字発言
  第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)  0回発言      0文字発言
  第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)  0回発言      0文字発言
  第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)  2回発言   7781文字発言
  第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)  2回発言  10527文字発言
  第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)  0回発言      0文字発言
  第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)  0回発言      0文字発言

       33期通算   (1972/12/10-1976/12/04)  6回発言  26609文字発言

本会議発言一覧

第71回国会 衆議院 本会議 第10号(1973/02/23、33期)

私は、公明党を代表して、ただいま説明のありました昭和四十六年度決算に関し、総理並びに関係大臣に質問いたします。初めに、内閣の財政状況報告についてお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第21号(1974/03/28、33期)

私は、公明党を代表して、ただいま御説明のありました昭和四十七年度一般会計決算等につきまして、総理並びに関係大臣に若干の質問を行ないます。いまや、国民の大多数は異常な物価高騰におびえ、国民生活は危機に直面しております。会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第10号(1975/03/04、33期)

私は、公明党を代表して、ただいま議題となりました昭和五十年度一般会計予算、同特別会計予算及び政府関係機関予算三案に反対し、日本社会党、公明党両党共同提案の予算案の組み替え動議に賛成の討論を行います。(拍手)わが国経済は、昭和三十年代の後半から、歴代自民党政府が強引に推し進めた高度経済成長政策の帰結と………会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 本会議 第29号(1975/06/20、33期)

私は、公明党を代表して、ただいま議題となりました昭和四十八年度決算等に関して、総理並びに関係大臣に質疑するものであります。最初に、三木総理より去る四月二十五日、本院議長に対し、四十七、四十八両年度の通産省所管の輸出保険特別会計の損益計算書の収入項目の決算額を訂正願いたいとの文書が提出された問題に関し………会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 本会議 第7号(1975/10/18、33期)

私は、公明党を代表して、昨日行われました経済、財政演説について、総理並びに関係大臣に質問をいたします。最初に指摘しなければならないのは、政府が今国会を不況克服国会と銘打ち、九月十一日に召集しておきながら、今日まで約一カ月間、不況克服の中心施策となる補正予算案を提出せず、経済、財政演説すら行わなかった………会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 本会議 第8号(1975/10/24、33期)

ただいま趣旨説明がありました議院運営委員長田沢吉郎君の解任決議案について、公明党を代表しまして、若干の質疑を行うものであります。(拍手)国会が国権の最高機関であり、議会制民主主義のルールにのっとった運営が行われなければならないことは、いまさら私が指摘するまでもありません。なかんずく、衆議院における議………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(33期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第71回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36) 20回発言 130397文字発言
 第72回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19) 11回発言  82413文字発言
 第73回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言  23290文字発言
 第74回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  28855文字発言
 第75回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21) 19回発言 138765文字発言
 第76回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  7回発言  63907文字発言
 第77回国会 46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員 16) 30回発言 163782文字発言
 第78回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  3)  4回発言  19150文字発言

  33期通算 150回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員112) 96回発言 650559文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 決算委員会
            89回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 89) 60回発言 452464文字発言

 ロッキード問題に関する調査特別委員会
            39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員  1) 24回発言 102158文字発言

 予算委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  9回発言  80615文字発言

 懲罰委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言  12947文字発言

 逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2375文字発言

 物価問題等に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第77回国会)
 ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第78回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第71回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1973/03/29、33期)

ごく短い限られた貴重な時間でありますので、質問の趣旨に沿って答弁は簡明にお願いしたいと思います。最近、発電立地ということが公害問題から非常に困難である。加えて電力の需要というものが非常に大きな伸びを…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第7号(1973/04/12、33期)

国立大学の会計があまりにもでたらめ過ぎるので、問題点をあげて明らかにしたいと思います。各国立大学で、特に医学部あるいは理学部、工学部、これらで研究用の試験薬を毎年多量に購入いたしております。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1973/04/17、33期)

答弁を簡明にお願いします。現在JASの認定工場が全国で約九千五百ございますが、JASのこの規格制度につきましては、「農林物資の品質に関する適正な表示を行なわせることによって一般消費者の選択に資し、も…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第9号(1973/04/24、33期)

報道によりますと、増原防衛庁長官は昨日四十九年度の業務計画の作成を指示したということでございますが、その内容につきまして、要旨は今回の場合、定員の増加あるいは充足が非常に困難である、したがって、そうい…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1973/05/09、33期)

交通反則金、これを財源としますところのいわゆる交通安全対策特別交付金、これについて伺いたいわけでございます。まず、この特別交付金の使途でございますね。概略この特別交付金はいかなるところに使われておる…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1973/05/10、33期)

簡明率直なる御答弁をお願いしまして、質問に入りたいと思います。愛知大蔵大臣がお見えでございますが、大蔵大臣はかつて財団法人日本文化住宅協会に関係していらっしゃったようでございますが、今日までのこの協…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第12号(1973/05/11、33期)

私は、公明党を代表いたしまして、ただいま議題となりました予備費等の承諾を求める件につきまして、不承諾の意を表明したいと思います。その理由として、公明党は四十六年度、四十七年度予算について基本的に反対…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第14号(1973/06/06、33期)

去る五月十日の当決算委員会におきまして、私は財団法人日本文化住宅協会に対する国有地の払い下げ事案に関しまして、幾つかのきわめて好ましからざる問題点を指摘しながら質問をいたしました。特にその中で協会の事…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第15号(1973/06/12、33期)

海外移住によります日本人の海外における活動のあり方いかんということがわが国の国際的評価にもたらす影響というものは非常に大きいものがあります。ところで、海外移住事業団法が昭和三十八年七月八日に制定され…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第16号(1973/06/14、33期)

国有財産の売り払いあるいはまた貸し付け等その処分のあり方、さらには米軍に提供いたしました国有財産、それがその後解除されまして、解除されたあとの処分のあり方等々につきましては幾多の問題点がございます。そ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第18号(1973/06/20、33期)

民間企業から各省庁に対しますいわゆる出向社員についてお尋ねしたいのでありますが、経企庁におきましても、何回も指摘されておりますように、民間企業から約六十一名、公社、公団から三十名、非常に多い出向社員を…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第19号(1973/06/28、33期)

憲法におきまして保障されておりますところの基本的人権、この上に立ちまして差別のない行政、差別を解消するところの公平な行政、これは非常に大事な政治的な課題であります。今日、この同和問題、同和行政というも…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第21号(1973/07/05、33期)

日本弁護士連合会に貸し付けいたしておりますところの国有地の問題について伺いたいのでありますけれども、この所在地が千代田区霞が関一の一の一、面積が千百三十六・三六平方メートル、つまり三百四十三坪七五であ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第22号(1973/07/12、33期)

最初に、御答弁は簡明にお願いしたいことを申し上げまして質問に入ります。沖繩海洋博の会場となります本部半島、これの開発のために、その推進母体としまして、官民共同出資によります株式会社本部開発公社、これ…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第25号(1973/09/19、33期)

大平外務大臣、中曽根通産大臣、また田中総理も、わが国の対韓経済協力、対韓援助は韓国の民生の安定あるいは福祉の向上、さらには経済発展に大いに寄与をしておるのだという趣旨の答弁が繰り返しなされておるようで…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第26号(1973/09/20、33期)

具体的にお尋ねします。韓国の農業関係の試験研究機関に対しましてわが国から無償経済協力によるところの研究機器が相当量無償で供与されております。ところがこの研究機器が不完全品である。つまり欠陥品でありま…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 決算委員会 第28号(1973/11/13、33期)

対韓政策におきましてその実質的な大きな柱と申しますと、言うまでもなく日韓の経済協力関係のいかんということであると思います。そこで、今回のこの事件の教訓を踏まえまして、過去における実績をつぶさにその中で…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 懲罰委員会 第6号(1973/06/13、33期)

懲罰動議の趣旨弁明によりますと、「小林政子君の総理大臣に対する質問のうち、推測に基づき事実に反する発言によって、個人の名誉をはなはだしく傷つけ、院の品位を失墜させる部分があった」、こう提出者が説明され…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 懲罰委員会 第8号(1973/06/23、33期)

私は、公明党を代表いたしまして、議員小林政子君を懲罰に付すべしという稲村利幸君の動議に反対し、これを懲罰事犯として取り上げるべきでないという社会、共産、公明、民社、四党代表の田辺誠君の動議に賛成するも…会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1973/03/30、33期)

最初に一言触れておきますが、いまの市街化区域内農地のこのみなし課税の問題であります。今日まで、地方行政委員会において十分な話し合いのもとに進められてきた。それが総理のまさに独断と暴走でこれが一転して、…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1974/04/02、33期)

アメリカからリモコンされた日本企業の代理戦争であるというように巷間いわれておりますところの、いわゆる静止気象衛星の受注をめぐりまして激しい日本企業の代理合戦が行なわれてまいりました。結果的には日本電気…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 決算委員会 第7号(1974/04/04、33期)

防衛施設庁の長官に来ていただいておりますので、最初に一般論としてお尋ねしたいのでありますが、通常、民有の財産を、必要のために米軍に対して提供施設として提供する場合、防衛施設庁は当該財産の所有権者と賃貸…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1974/04/23、33期)

海外経済協力基金の投融資の実態につきましてお尋ねしたいのであります。まず、投融資の相手国をインドネシアに限定いたしまして、基金からインドネシアに対します投融資業務の実績、四十七年度末で、それも直接借…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 決算委員会 第9号(1974/04/24、33期)

最初にあらまし伺っておきますが、防衛医料大学校が本年度から開校されました。入学者の定数が八十人でございますが、実際入学した学生が非常に少ない。いま実数、何名なんでしょうか。数だけでけっこうであります。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1974/04/25、33期)

三十分程度時間をいただきたいと思います。会計検査院法第三十六条によりますと、「検査の結果法令、制度又は行政に関し改善を必要とする事項があると認めるときは、」その処置を要求することができる、こうなって…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 決算委員会 第13号(1974/05/15、33期)

まず大蔵省にお尋ねいたしますが、いま私がこの場所で、つまり衆議院決算常任委員会の場におきまして法人税の滞納一覧表を個人別に提出を求めた場合、出していただけるでしょうか、どうでしょか。出せれば出せる、出…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 決算委員会 第15号(1974/05/23、33期)

日本航空株式会社につきましては、最近とみに企業体質の強化がなされているようでありまして、ちなみに、過去十年間の年度別の売り上げを見ますと、昭和三十八年が三百八十七億、三十九年が四百六十二億、四十年が五…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 決算委員会 第16号(1974/05/24、33期)

いま問題になっております食品添加物のAF2についてお尋ねしたいのでありますが、申し上げるまでもなくAF2はハム、ソーセージあるいはチクワ、とうふ等々、広く使用されているわけでありますが、このAF2、つ…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 逓信委員会 第2号(1973/12/10、33期)

今回緊急に上程されました郵便貯金法の一部改正案につきまして、若干質問をいたしたいと思います。まず最初に、ぜひ大臣にお伺いしておきたいと思いますことは、今回この法律案がまさに急遽提出されたわけでござい…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1974/02/25、33期)

公明党の坂井弘一でございます。参考人の皆さんにはたいへん御苦労さまでございます。最初にお願いしておきたいと思いますが、時間に限りがございます。どうか御答弁は正確に、かつ簡明にお願いいたしたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 予算委員会 第30号(1974/03/11、33期)

最初に、辻参考人にお伺いいたしたいと思いますが、わが国で一億の国民が食っていくためには、その国内消費と、そして支払い用の輸出品、そのために実に九七%以上の原料あるいは材料等々、そうした基礎的な資源を海…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1974/10/15、33期)

時間に限りがございますので、御答弁はできるだけ簡明にお願いしたいと思います。九電力会社の財政の運用のあり方に触れましてお伺いしたいのでございますが、あらかじめ大蔵当局に御調査をお願いいたしております…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1974/10/16、33期)

ラロック証言とアメリカの政府見解、これを並べまして、どちらが信用できるかという議論、また一方、事前協議がないから核は持ち込まれていないんだという政府の態度、それに対して国民は決して信用できない。むしろ…会議録へ(外部リンク)

第73回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1974/12/05、33期)

不潔と不公正な政治というものは断じて一掃しなければならぬと思います。いやしくも公的な立場にある者は、違法行為であるとか脱法的なこと、あるいはまた不正があっては相ならぬ、当然のことであります。また、違法…会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1974/12/24、33期)

国政調査権と守秘義務との関係につきましては、昨日政府が統一見解を示されました。私は、法律上公式論あるいは形式論として、きのう出された見解はまあまあ妥当であろう、したがって、ことさらここで異議を申し上げ…会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1974/12/20、33期)

国民の心を政治の根幹に据えると、三木総理は所信表明で言明をされました。また、いま何よりも大事なことは、失われた政治に対する国民の信頼を回復することであるとも申されております。私もまことにそのとおりであ…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1975/02/19、33期)

戦後、地域産業の開発という名のもとに、企業が急激にかつ大量に日本列島の沿岸各地に進出いたしました。その間、企業の立地のために国有地が、その企業進出を促進した。これはよかれあしかれ、国有地というものが企…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1975/02/26、33期)

新聞報道によりますと 昨日、三木総理が、自動車の排ガス規制問題に触れて発言があったようでございます。そこで、総理の発言に関連いたしまして小沢環境庁長官の御方針を承りたいと思います。いわゆる専門委員会…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1975/03/18、33期)

原子力開発につきましては、核燃料の再処理の問題、さらには廃棄物の処分等をめぐりまして、その安全性確保の見地から今日なお数多くの技術的課題が存在いたしております。このことはとりもなおさず、全国各地におき…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1975/03/20、33期)

いままでのわが国航空行政の中心をなしてきたものは、日本航空、全日空、東亜国内航空、いわゆる航空三社によりますところの事業分野の調整にあったと思います。このことは四十五年十一月の閣議了解に基づきますとこ…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1975/05/07、33期)

地方自治体の行財政の危機あるいは硬直化ということが最近とみに論議されているわけでございますが、その一環といたしまして特に国と地方との人事のあり方について、これは自治省と都道府県ないし地方都市あるいは公…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1975/05/23、33期)

全般的な公益法人につきまして、そのあり方の適否につきましては従来しばしば議論されてきたところでございまして、行管等においてもさまざまな指摘がなされておりますことは御承知のとおりであります。そこで、私ど…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第7号(1975/05/30、33期)

最初に、長谷川労働大臣の、企業が労働者を雇用する場合の基本的な認識についてお伺いをして、具体的な問題に触れたいと思います。通常、企業が労働者を雇い入れする場合、どういう入を雇うか、あるいはまたどのよ…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1975/06/03、33期)

福田長官に副総理としての立場でお答えいただきたいと思いますが、きょうから独占禁止法改正の審議に入っております。政府は当然この成立を期しておるとは思いますが、政府案の内容でありますと、われわれはとうてい…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第9号(1975/06/05、33期)

沖繩海洋博覧会があと一カ月余に迫っておりますが、まず、開発庁長官であります植木大臣から、今回のこの海洋博覧会を沖繩の開発ないし沖繩県民の民生の安定あるいは生活向上、そうした面からどう位置づけて把握され…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1975/06/13、33期)

わが国における各種のスポーツ施設の運営とその利用のあり方につきまして、元来、スポーツは積極的に振興すべきである、この立場を踏まえながら広くその施設を国民に開放するという方向、さらには社会的不公正の是正…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1975/06/17、33期)

憲法第三十二条におきまして「何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。」という、憲法上の基本的人権を守るという立場から、裁判所所管に係ります、特に長期裁判の問題につきまして質問をいたしたいと…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第12号(1975/06/18、33期)

通告をしております質問に入ります前に、大平大蔵大臣から一つだけお伺いをしておきたいと思います。国政調査権と守秘義務との関係につきましてはしばしば議論がされてまいりました。私の考えでございますが、この…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第13号(1975/06/19、33期)

大都市等にあります刑務所等の施設を郊外に移転いたしまして、その跡地を有効利用しようということでもちまして、新都市開発センター株式会社との間で契約を締結いたしまして、つまり新設の施設をセンター側に提供さ…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第14号(1975/06/20、33期)

ただいま本会議におきまして、輸出保険特別会計の問題につきまして、政府の政治責任も含めて質問をいたしました。河本通産大臣御出席いただいておりますので、改めて、本会議の質問を踏まえて、さらには本委員会にお…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第15号(1975/06/24、33期)

坂田防衛庁長官はこのほど、私に言わせれば全く突如として、いわゆる一たん有事の際に備えまして、日本周辺海域の防衛の分担につきまして日米間において取り決めをしておこう、こういう意向を明らかにされました。…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第16号(1975/06/25、33期)

最初に、永井文部大臣、あなたの率直なお考えとして承っておきたいと思いますが、いわゆる学校給食にリジンを添加することの是非の問題であります。具体的な内容につきましては逐次お尋ねするといたしまして、結論か…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第17号(1975/06/26、33期)

当面します幾つかの大事な問題につきまして、三木総理を中心として質問いたしたいと思いますが、限られた時間でございますので、要約をして質問をいたしたいと思います。したがって、御答弁はどうか簡明にお願いいた…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 決算委員会 第19号(1975/07/17、33期)

国や公共機関が民有地を買収いたしまして、そこに道路をつくるとか、あるいは公共的な施設を設ける、そうした場合に、この買収をめぐりましてさまざまな問題が提起されております。中には、きわめて好ましからざる事…会議録へ(外部リンク)

第75回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1975/03/04、33期)

私は、公明党を代表して、ただいま議題となりました昭和五十年度予算三案に反対し、日本社会党、公明党両党共同提案の予算組み替え動議に賛成、日本共産党、民社党それぞれの組み替え動議に反対の討論を行います。…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1975/11/11、33期)

最初に、永井文部大臣から一言伺っておきたいと思いますが、いわゆる学校三部長制問題であります。去る八日でございましたか、大臣が、岐阜県の高山市での記者会見で、この小中高の主任職法制化の時期的めどについ…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1975/11/13、33期)

日米安保体制ないしその条約の功罪につきましては、その評価において、これはわが国の防衛政策上の問題でございますから、いま直ちに私はそのことを議論するものではございませんことをあらかじめお断りした上で、坂…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1975/11/18、33期)

限られた時間でございますので、御答弁は簡明にお願いいたしたいと思います。合成洗剤の安全性について議論されましてより、ずいぶん久しくなるわけでございますが、これを大別いたしますと、まず一つは人体に及ぼ…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1975/11/20、33期)

福田副総理兼経済企画庁長官に、二、三の基本的な問題につきまして、率直に、正直に、ひとつ御答弁をちょうだいしたいと思います。最初に、国債発行問題であります。福田副総理が大蔵大臣の当時、つまり四十一年度…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1975/12/10、33期)

本日通告いたしました問題に入ります前に、一つお尋ねをしておきたいと思いますが、領海の問題であります。けさの新聞報道によりますと、政府はいよいよ領海十二海里、これに踏み切るという方針を固めたということ…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1975/12/11、33期)

最初に、稲葉法務大臣からお答えをいただきたいと思います。三億円事件が長い捜査の努力も空しく、時効成立をもちまして一応の結末を見たわけでございますが、法治国家として、これはまじめにきわめて遺憾であり、…会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 決算委員会 第7号(1975/12/16、33期)

最近、塩化ビニールによります発がん性の問題が大変大きな社会問題化しつつあります。この問題の経緯をさかのぼってみますと、すでに昭和四十四年の九月に国際労働衛生会議、東京で開催されました。ここで、塩ビによ…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第2号(1976/05/24、33期)

司法共助の準備活動をしておる旨報告があったわけですが、その中でいわゆる米側の重要参考人の供述を得るための方法として嘱託尋問、この嘱託尋問についてはかなり話が詰まっておるのかどうか。行われるとすれば、め…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第3号(1976/05/27、33期)

運輸省からいただきました資料、防衛庁も同じでございますけれども、大変不十分で、満足できるものではございません。そこで運輸大臣にお尋ねしますが、捜査当局から提出を求められた資料の件数と件名、これをひと…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第4号(1976/06/02、33期)

八枚の領収証を一九七四年にあなたがサインをして渡されたということでございますが、二回にわたっておりますので、第一回目と二回目、これは相当な期間を置いてお書きになったのか、どれぐらいの期間をあけられたか…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第6号(1976/06/09、33期)

日本航空とダグラスの間ではオプションはなかったようだとあなたは先ほど証言されたのでありますが、なかったようだと証言されるその根拠は何でしょうか。その問題に入ります前に、実はこの中間、つまり四十五年の…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第7号(1976/06/10、33期)

きのうの日本航空の朝田社長の証言の中で、機種選定の問題に触れまして、各航空会社がどの機種を選ぶかについては、これはおのおのその航空会社のいわゆる航空運営の中で、路線構造によって主体的に航空会社がその機…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第8号(1976/06/16、33期)

大庭さんが融資問題で社長をおやめになる、そこに鈴木明良という人物が介在をしたということを、あなたがお知りになったのは、四十四年の十月の初めに築地署からの問い合わせのあった時点で初めて知った。その後、こ…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第9号(1976/06/17、33期)

物事には事の発端というものが大変大事だと思いますので、この際明確にしていただきたいと思いますが、さきの石黒さんの証言では、日本航空が四十四年の七月にエアバスの機種決定を延期したその直後、大庭社長の方か…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第11号(1976/06/24、33期)

私がお尋ねする要点につきましては、どうか正確に、簡潔にひとつお答えください。あなたは三井物産の灘波さんとはしばしばお会いになった。それも最初の出会いは四十四年の四月以前からであったと思う、こう証言さ…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第12号(1976/06/30、33期)

捜査が周辺から核心に向かいまして、かなり進展を見せつつあるようでありますが、法務大臣、近い時期に中間報告をやるおつもりはございませんか。そこで、同じくこの間の伊勢の発言の中で、いわゆる全日空とか丸紅…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第13号(1976/07/07、33期)

総理に伺いますが、いまの稲葉法務大臣の主役、わき役、この発言に対しまして、ある段階においては、ある時点においては捜査、片や国政調査権に基づく国会、これが主役になったりわき役になったり、両者がある段階で…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第15号(1976/07/15、33期)

三木総理に伺いますが、臨時国会の召集時期はまだ固まっていないということでありますが、少なくとも捜査の進行あるいは捜査終結、その絡みでは考えざるを得ないということでしょうか。総選挙ですが、任期満了によ…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第17号(1976/07/22、33期)

井出官房長官にお伺いしたいと思います。いわゆる灰色政府高官の定義とその公表の範囲及び方法につきましては、わが党の基本見解をあなたにお渡しいたしました。そこで、これは当然のことながらという前置きを置き…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第18号(1976/07/28、33期)

昨日、ロッキード問題の閣僚連絡協議会が持たれまして、一連の強制捜査の経緯等につきまして報告がなされたようでありますが、さきに稲葉法務大臣が、重大な段階に来たならば国会に対して中間報告をするというお約束…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第20号(1976/08/05、33期)

児玉譽士夫とロッキード社間で結ばれました第三次改定合意契約、つまり四十八年七月六日の契約でありますが、この第四項のAには、いわゆる新しいL一〇二つまりトライスターを全日空から大韓航空にリースする場合に…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第21号(1976/08/11、33期)

日米通商会議いわゆる箱根会談におきまして、対米貿易不均衡の改善のために米側から出てました要求は九項目及び緊急輸入措置といたしましてエアバスの購入の要求が出される、ついては日本側はそれに対する対応といた…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第23号(1976/08/18、33期)

福田副総理に伺いますが、事件の真相解明とは、あなたの認識では一体どういうことを指すのか。つまり、いわゆる金権腐敗構造というものを解明して、しかる上で、それが明らかになったならば、その反省と教訓の上に立…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第25号(1976/08/25、33期)

法務大臣、前にあなたは、政局がざわざわするというのはどうもやはり捜査にとっては好ましいことではないということをおっしゃったのですが、今日この現状における政局は、まさにもう尋常一様じゃありませんよね。も…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第26号(1976/08/26、33期)

私は、公明党を代表して、野党四党提案の証人喚問を要求する動議につき賛成の討論を行います。言うまでもなく、ロッキード事件は、長期自民党政権の腐敗構造、すなわち金権政治、密室政治、なれ合い政治等の実態を…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第28号(1976/09/02、33期)

防衛庁長官に御出席いただきましたので、PXLの問題につきましてお伺いしたいと思います。いわゆる四十七年の十月九日の国防会議議員懇談会におきまして、PXLの国産化白紙還元、この結論に至るまでに五日、六…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第29号(1976/09/08、33期)

いわゆる灰色政府高官の公表問題でありますけれども、その範囲なりあるいは公表の方法、これは当然いよいよ議論しまして決定をしなければならぬという段階を迎えたと思いますが、いま一つ、やはり公表の時期の問題で…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第30号(1976/09/09、33期)

捜査もいよいよ大詰めを迎えようとしているようでありますが、しかし、なお児玉ルートの山が高く非常に険しい。しかし、一方、いやおうなく総選挙の日程が目前に迫りつつある。したがって、国会においても、いわゆる…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1976/03/02、33期)

わが国の原子力発電所建設計画は、昭和六十年度四千九百万キロワットを目標にしまして着々建設が進められておるようであります。問題は、この安全性の見地から見まして、今日なお数多くの技術的な課題が存在をしてお…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1976/04/28、33期)

ロッキード事件に関係して、防衛庁並びに日本輸出入銀行に御出席いただいておりますので、具体的な問題につきまして順次お尋ねをしていきたいと思いますが、同時に会計検査院からも、それぞれの私が示します、あるい…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1976/05/13、33期)

官公需についての中小企業者の受注の確保に関する法律、いわゆる官公需法が公布施行されましたのが昭和四十一年の六月でございます。申し上げるまでもなく、中小企業基本法の一つの施策であります国等からの受注機会…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1976/06/11、33期)

昨日、ロッキード問題特別委員会におきまして、運輸省の機種統一の基本方針に基づきます行政指導及びエアバス導入延期をめぐります行政指導につきまして質疑をいたしました。本日は、この二つの問題につきまして議論…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 決算委員会 第12号(1976/07/13、33期)

去る七日のロッキード問題調査特別委員会におきまして、全日空がロッキードから購入いたしますトライスターの購入が特殊な値引きにおいて行われておる、しかもこの特殊な値引きというものは、他の航空会社にはおよそ…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1976/02/16、33期)

順次お尋ねをいたしますが、お答えは、ひとつ簡明にお願いしたいと思います。小佐野さん、あなたは大変多くの政治家をよく御存じなようでございます。先ほどもお尋ねがございましたけれども、あなたが政治献金をさ…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1976/02/17、33期)

米上院多国籍企業小委員会に提出をされました、つまりロッキード社から提出されました領収証、丸紅関係分でありますが、いわゆるピーナツ、ピーシズ、それからユニット、この領収証はロッキード社からの要求に基づく…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1976/02/26、33期)

いま国民は、ロッキード事件の真相解明に厳しい監視の目を向けております。この事件がどのような結末を見るといたしましても、政府、捜査当局は国民に対して納得のいく説明をしなければならない、これは当然のことと…会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1976/03/01、33期)

大庭証人にお尋ねいたしますが、金融事件についてでございますが、先ほどの証言では、最初に五百億の話を持ってきたように記憶をしておる。このときにあなたの秘書の長谷村さんがあなたと一緒にこの話を持ち込んでき…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第3号(1976/10/13、33期)

あさってに中間報告が予定されているわけでありますが、政府の中間報告ということで端的に伺いますけれども、この中間報告の法律上の根拠というのはどこに置いているのでしょうか。ちょっと議論を進めますが、そう…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第5号(1976/10/20、33期)

公人である政治家、つまり権力者であります。その権力者が公的な情報を私有化するということは、これは許されない。もし国民が共有すべき情報というものを私有化するというようなことに政治家がなったならば、まさに…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第8号(1976/11/02、33期)

総理に伺いますけれども、あなたは一国の最高権力者として、国民に対しては内閣総理大臣というこれまた最高に責任を負わなければならぬという立場から、まさに政治生命をかける厳粛なる気持ちで、いわゆるロッキード…会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1976/10/19、33期)

去る十五日に、いわゆる中間報告がなされたわけでありますが、私は、この中間報告は真相解明のための中間報告でなければならぬと思う。同時に、これを解明への新しい一つのスタートにしていく、したがって事件そのも…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(33期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 33期(1972/12/10〜)  2本提出

質問主意書一覧

教育問題に関する質問主意書
第78回国会 衆議院 質問主意書 第9号(1976/10/28提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

中小企業対策に関する質問主意書
第78回国会 衆議院 質問主意書 第10号(1976/10/28提出、33期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院統計 33期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22