竹本孫一衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  1回発言    537文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  1回発言    537文字発言

本会議発言一覧

第84回国会 衆議院 本会議 第10号(1978/03/02、34期)

ただいま議題となりました沖繩振興開発金融公庫法の一部を改正する法律案につきまして、沖繩及び北方問題に関する特別委員会における審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。本案は、沖繩における産業の振興開発に資するため、沖繩振興開発金融公庫の機能の拡充を図ろうとするものでありまして、その主なる内容は………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第80回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員  0)  4回発言  15536文字発言
 第81回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第82回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  2回発言  24131文字発言
 第83回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 30回出席(長  8 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  0)  2回発言  29501文字発言
 第85回国会  8回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  2回発言   9121文字発言
 第86回国会  3回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  1回発言    130文字発言
 第87回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  1) 10回発言  59666文字発言

  34期通算 105回出席(長 12 代理理事 0 代理 0 理事 92 委員  1) 21回発言 138085文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            66回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 66 委員  0)  9回発言  78159文字発言

 大蔵委員会
            27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  1) 10回発言  59666文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            12回出席(長 12 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  2回発言    260文字発言


委員会委員長経験

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第84回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第85回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長(第86回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第80回国会)
 予算委員会理事(第81回国会)
 予算委員会理事(第82回国会)
 予算委員会理事(第83回国会)
 予算委員会理事(第84回国会)
 予算委員会理事(第85回国会)
 予算委員会理事(第86回国会)
 大蔵委員会理事(第87回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1977/02/09、34期)

民社党を代表いたしまして、五つのポイントを申し上げたいと思います。第一は、資源有限時代とよく総理は言われますけれども、憲法も有限であるということであります。明治憲法並びに明治憲法的解釈は、昭和のいま…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1977/03/05、34期)

私は、二つほど簡単にお伺いいたしたいわけです。御答弁もきわめて簡略にお願いをいたしたいと思います。一つはデノミネーションの問題、もう一つは減税の問題です。まずデノミの問題につきましては、これはやるべ…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1977/03/10、34期)

私は、主として政治的な角度から今回の問題について御質問をいたしてみたいと思います。きのう決まりまして、与野党合意事項、先ほど来いろいろ論議をされております。これは従来の考え方から言えば非常にエポック…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1977/03/18、34期)

私は、民社党を代表し、ただいま議題となっております昭和五十二年度一般会計予算、同じく特別会計予算及び昭和五十二年度政府関係機関予算案に対し、一括して賛成の討論を行いたいと思います。わが民社党は、昭和…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1977/10/14、34期)

参考人の皆さんは、きょうは御苦労さまでございます。時間が十分しかありませんので、前川参考人にまとめて質問をいたしたいと思います。第一点は、これからの雇用不安というものをどの程度厳しく受けとめられてお…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1977/11/09、34期)

最初に、運輸大臣と厚生大臣に一口だけ質問をさせていただきます。まず運輸大臣。われわれ民社党は、国鉄の再建についてはできる限りの協力をしておるつもりであります。しかしながら、国鉄はいつ本当に再建できる…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1978/01/27、34期)

私は、経済問題に入る前に一つ二つ、ほかの問題でも御質問をいたしたいと思います。先般の伊豆大島近海の地震で大変な犠牲を出しまして、心からお悔やみを申し上げたいと思っておる次第でございます。この点につき…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1978/02/21、34期)

私は、この国会の経済、財政の論戦を見ながら、あるいは聞きながら非常に痛感しておりますのは、日本の国にバックボーンになるような中期経済計画のしっかりしたものがなければならないという、その必要性を非常に痛…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1978/09/18、34期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1978/10/06、34期)

私は、三つの問題について御質問をいたしたいと思います。第一は銀行法の改正、第二番目は減税と増税の間といいますかその問題、第三番目はデノミの問題、三つについて御質問をいたします。会議録へ(外部リンク)

第86回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1978/12/06、34期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1979/02/02、34期)

金子先生が財政の危機的状況という中で大蔵大臣になられまして、おめでとうというよりも御苦労さんと言わなければならぬと思いますが、ひとつ一生懸命がんばってもらいたいと要望を申し上げておきます。そこで、余…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1979/02/13、34期)

私は主として質問というよりも要望みたいな形になるかと思いますけれども、大臣にお伺いをするのが中心です。一つは、日本の租税政策というものには純粋租税以外のいろいろの政策目的からくる負担というか荷物を背…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1979/02/21、34期)

大臣に先般御質問を申し上げましたときに、これからの財政の運営、歳入の面につきましても歳出を節減する面につきましても、広く国民一般の英知を結集する、総力を結集することが必要であるということを申し上げまし…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1979/03/16、34期)

大臣の時間がないようですから、簡単に三つほど問題だけ言いますから、適当に答弁していただいて結構です。第一は、日本では国債依存が四割になったというのに財政に対する危機感というものが、大蔵省の収支試算的…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1979/03/20、34期)

参考人の皆さん御皆労さまでございます。森永総裁からまず伺いますが、先ほど松沢参考人は財政の硬直化ということについて相当強く御発言があった。私はいまのインフレ問題は、先ほど来大分議論されましたけれども…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1979/04/26、34期)

参考人、きょうは大変御苦労さまでございます。最初に、前田参考人には敬意を表しておきたいのですが、われわれに非常に参考になる研究資料を出していただきまして大変ありがたいと思っています。今後もそうした研…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1979/05/23、34期)

私が伺いたいことのポイントはほとんど同僚議員から御質問がありましたので、少し向きを変えて伺いたいと思います。政務次官から答えていただけば結構です。最近、大蔵省がいろいろ考えられるあるいは提案をされる…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 大蔵委員会 第23号(1979/05/25、34期)

大臣にお伺いしたいのですが、いまお話のありましたように、財政に対する危機感、私もその点は全く同感で、これが当面一番キーポイントになる、こう思うのです。そこできょうは二つ、三つほど簡単にお伺いしたいの…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 大蔵委員会 第26号(1979/06/05、34期)

税理士法改正について、若干の点を質問をいたしたいと思います。まず、全体としての感じでございますけれども、税理士法の改正というのは、最初に私も申し上げましたが、利害関係が非常に複雑である、利害関係のい…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 大蔵委員会 第27号(1979/06/06、34期)

税理士法の改正は長い経過、非常にむずかしい経過があったようでございますけれども、ともかくも法案もまとまり、審議も本日をもって大体終わるという段階になりました。この間における大臣を初め皆さんの御努力に対…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 34期(1976/12/05〜)  1本提出

質問主意書一覧

私人である台湾島民の日本国に対して有する債権に関する質問主意書
第87回国会 衆議院 質問主意書 第51号(1979/06/14提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22