藤田高敏衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

30期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  1回発言   2724文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  1回発言   3079文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  2回発言   5803文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第6号(1977/02/19、34期)

私は、日本社会党を代表し、ただいま議題となっております昭和五十一年度補正予算三案に対し、反対の討論を行います。(拍手)まず、反対する第一の理由は、この補正予算は、昭和五十一年度本予算が持っております欠陥を補正することができていないばかりか、救いがたいその矛盾をますます拡大しているからであります。また………会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 本会議 第5号(1978/10/06、34期)

私は、日本社会党、公明党・国民会議、民社党、三党を代表して、ただいま議題となりました予算三案に対する動議につき、その理由及び概要を御説明いたします。まず、動議の主文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

30期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第80回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  5回発言  35824文字発言
 第82回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  2回発言  15515文字発言
 第83回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  6回発言  49577文字発言
 第85回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言  22873文字発言
 第86回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  0)  3回発言  47271文字発言

  34期通算  87回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員 65) 18回発言 171060文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            85回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員 63) 16回発言 157883文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3039文字発言

 社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10138文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第87回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1977/02/14、34期)

私は、代表質問以来特にこの国会で問題になっております減税問題、また当面の外交問題ともいうべき領海十二海里の問題、加えて日中平和友好条約の問題等々を中心にお伺いしたいと思っておりますが、その前に私は、ひ…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1977/02/19、34期)

私は、日本社会党を代表し、ただいま議題となっております昭和五十一年度補正予算三案に対し、反対の討論を行います。まず反対理由の第一は、この補正予算は昭和五十一年度本予算が持っている欠陥を補正することが…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1977/02/23、34期)

私は、政務次官の適格性の問題について答弁を持ち越しておるわけでありますが、これに対する政府の答弁を求めたいと思います。次に、この問題は、福田内閣成立直後の政務次官会議で、兼職の問題については厳重申し…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1977/03/01、34期)

委員長がいま政府委員に時間励行ということを言いましたが、私はきょうの質問について通告をいたしておりますが、ある秘書官のごときは、通告しておる順序で質問をぜひしてくれ、こういう注文まで押しつけておきなが…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1977/03/05、34期)

時間が五、六分しかありませんので、そのものずばりでお尋ねしますが、一昨日の経団連会館襲撃事件に関する件についてお尋ねしたいと思います。報道されているところによりますと、散弾銃やピストルあるいは日本刀…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1977/11/22、34期)

きょうは、社労の先輩、同僚諸君の御理解をいただきまして、いわば割り込んだ形で、こういう質問の時間を与えていただきましたことに対し敬意を表しながら、以下、質問をさしていただきたいと思います。きょうは主と…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1977/10/14、34期)

もうすでに雇用問題を中心として、多くの同僚議員から質問があったところでありますが、特にきょうは、労働四団体の代表の方においでをいただいたわけですけれども、都合によりましてお二人だけにしか質問できない形…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1978/03/10、34期)

参考人の皆様、御苦労さまです。私は素人ですからそのものずばりでお尋ねいたしますが、的外れのこともあるかもわかりませんが、お許しをいただきたいと思います。けさ方来、参考人からいろいろ貴重な意見を拝聴い…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1978/01/27、34期)

私は、午前中の石橋委員の質問につきまして、総理に対する質問から入る予定でありましたが、現職大臣の中に生々しい法律違反の言動をやっておる問題が起こってまいりましたので、その問題から、そのものずばりで質問…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1978/01/28、34期)

私は、昨日の質問の中で二つ、重要な問題について留保させてもらいました。その一つは、言うまでもなく決算調整資金制度の問題であり、いま一つは、十五カ月予算と言われておりますこの二次補正予算並びに五十三年度…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1978/02/04、34期)

私は、先日の五十二年度二次補正予算に関連をいたしまして幾つかの問題を保留した形で本日の質問に入るわけでありますが、そういう前後の関係から参りますと、主として財政問題、減税問題を中心として質問をいたした…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1978/02/06、34期)

大蔵大臣からあのような御答弁がありましたが、財政法四条の基本的な趣旨を十二分に踏まえまして、私が期待できるような、社会党が期待できるような、そういう具体的な構想が提示されることを強く期待いたします。…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1978/03/04、34期)

私は、先般の予算審議を通じまして、特に赤字国債の償還問題について質問をしたところであります。その骨子は、財政法の精神から申しましても、国会決議を必要とする建設公債、いわゆる四条公債でさえ、具体的な償還…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1978/10/03、34期)

昨日来から経済問題を中心にさまざまな質問が行われておるわけでありますが、私も主として財政問題を中心に、その他為替の差益還元の問題、あるいは今日の経済問題と一体の課題であります雇用問題等々について質問を…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1978/10/06、34期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま提案になりました日本社会党、公明党・国民会議、民社党三党から成る昭和五十三年度補正予算三件につき撤回の上編成替えを求める動議に賛成し、政府提出に係る予算三案に反対し…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1979/02/08、34期)

私は、財政問題を中心に、同僚議員の質問とも関連をいたしまして、以下、できるだけ具体的に質問をいたしたいと思います。まず第一は、今回経済企画庁から出されております新経済社会七カ年計画の基本構想とその中…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1979/03/03、34期)

八十七国会は雇用国会と言われるぐらい失業、雇用問題が重要視されておる国会でありますだけに、本日の集中審議はもとよりでありますが、今国会の代表質問以来、本問題について活発な論議が展開されてきたわけであり…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1979/03/06、34期)

私は、この一カ月来の予算審議を通じまして、予算審議の当初と比較をして、今日段階において相当経済情勢の変化も生まれてきているのじゃないかと思うのであります。そういう情勢を踏まえて、きょうは主としてインフ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

30期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22