国会議員白書トップ衆議院議員曽祢益>34期国会活動まとめ

曽祢益衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(34期)

31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  1回発言   3651文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  1回発言   2921文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  1回発言   1203文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  3回発言   7775文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第32号(1977/06/03、34期)

私は、民社党を代表して、ただいま提案されました略称日ソ漁業暫定協定について、政府に対し質問せんとするものであります。まず冒頭に、私は、鈴木農林大臣を初めとし、本件交渉に携わった日本側官民諸君の御努力に対し、心からねぎらいたいと存じます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 本会議 第6号(1978/10/16、34期)

私は、ただいま議題となりました日中平和友好条約に対し、民社党を代表し、批准賛成の討論を行わんとするものであります。(拍手)その第一の理由は、この条約の締結は一九七二年の日中国交回復の共同声明を基礎として、日中両国政府が慎重な検討と協議の結果、社会体制を異にする両国が、恒久的な平和友好関係をここに確立………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第6号(1979/02/08、34期)

ただいま、私の国会在職二十五年に及びましたことに対し、御丁重なる表彰の決議を賜り、まことに感激にたえません。(拍手)この決議は、私にとりましては身に余る光栄であり、深い感銘を覚えるものでございます。議長並びに本院議員各位の御厚情に対しまして、心から御礼を申し上げます。(拍手)今日の私の栄誉と喜びとは………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  0)  4回発言  29012文字発言
 第81回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  1)  5回発言  29771文字発言
 第85回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  3)  2回発言  14298文字発言
 第86回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第87回国会  1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

  34期通算  38回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員  4) 11回発言  73081文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

文教委員会
            33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員  0)   8回発言  54328文字発言

外務委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   3回発言  18753文字発言

懲罰委員会
             1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

懲罰委員会委員長(第87回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

文教委員会理事(第79回国会)
文教委員会理事(第80回国会)
文教委員会理事(第81回国会)
文教委員会理事(第84回国会)
文教委員会理事(第85回国会)
文教委員会理事(第86回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1977/03/02、34期)

最初に、文教政策の基本目標について御質問いたします。わが国が世界の進歩、発展に寄与するためには、国民が優秀な知能と徳性を備え、かつ、すぐれた文化の継承者として国際社会に立ち向かうことが必須条件であり…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1977/03/16、34期)

民社党の曽祢でございます。非常に時間が短いので残念ですけれども、岡本参考人に伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1977/03/23、34期)

私は民社党を代表いたしまして、本法案に対する賛成の意思を表明させていただきます。本法案の中で、実質的に本委員会において問題になりましたのは、大学入試センターだけであると言っても過言でないと思います。…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1977/04/27、34期)

去る三月二日の私の文部大臣に対します一般質問の中で、最後の項目として、私は、実は、文化的価値のある建造物の保存についてどうもフランス等の実例から見てわが国において非常に欠くるところがあるのではないかと…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1978/04/28、34期)

まず、尖閣諸島に関して御質問したいと思います。政府は、四月十二日の中国漁船団による尖閣諸島付近の日本領海侵犯事件に対して、どういうふうな解決を必要とされておるのか、これをまず伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1978/04/05、34期)

私、今回の国立学校設置法の改正に当たりまして、教員大学設置並びに教員養成あるいは教員の免許といいますか、資格の付与、こういう問題についてだけ、ひとつ文部大臣に御意見を伺いたいと思います。もとより細目等…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 文教委員会 第12号(1978/04/07、34期)

本日は諸先生、本当にお忙しいところ、貴重なお話をいただきましてありがとうございます。若干、自分の見解を交えながらさらに伺いたいと思います。私は一昨日の文教委員会の本法案の質疑の際に文部大臣にも申し上…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1978/04/19、34期)

私は、民社党を代表いたしまして、いま提案されておりまする国立学校設置法及び国立養護教諭養成所設置法の一部を改正する法律案並びに右に対する自民党修正案に賛成、これに関する社会党並びに共産党の修正案に反対…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1978/04/21、34期)

私は本日、英語教育の問題、並びに大正以降の建築物、その保存の問題を中心に据えまして大臣に御質問申し上げたいと存じます。第一の英語教育の問題については、けさほど同僚小島委員の方から大変に貴重な御意見を…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1978/10/13、34期)

最初に、外務大臣にちょっとお断り申し上げたいのですけれども、実は突然ですけれども、文部大臣に留学生問題等について御質問申し上げたいと思いまして、ちょっと文部大臣の御都合があるので先に文部大臣への質問を…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1978/10/16、34期)

私は、総理に対しまして、条約の問題についてはもう大体内容的にも満足しておりますので、これは討論の際に意見を申し上げますが、三つの点について同僚委員とダブるところがあるかもしれませんが、一つは尖閣諸島の…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12