吉田之久衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  1回発言    534文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  1回発言   1847文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  2回発言   2381文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第31号(1977/05/28、34期)

私は、民社党を代表して、ただいま上程されました会期延長に対し、賛成の討論を行おうとするものであります。(拍手)われわれ民社党は、今国会においてきわめて重要な案件が数多く提案されてまいりましたので、この審議の慎重を期すため、終始誠実な努力を届けてまいりました。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第32号(1978/05/17、34期)

私は、民社党を代表して、ただいま議題となりました三十日間の会期延長に対し、反対の意見を申し述べます。(拍手)そもそも、わが党は、本通常国会に当たり、定められた百五十日間の会期の中で、終始最も誠実に審議に加わり、国民の負託にこたえるべく努力し続けてきた政党であることを自負してはばかりません。(拍手)そ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員  6)  3回発言  12282文字発言
 第81回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  1回発言    138文字発言
 第82回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  0)  2回発言   1166文字発言
 第83回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員  3)  2回発言   1149文字発言
 第85回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第86回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員  4)  9回発言  47481文字発言
 第88回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言

  34期通算 152回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事138 委員 14) 17回発言  62216文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
           109回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事108 委員  1)  7回発言   2944文字発言

 内閣委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  0)  6回発言  31035文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員  1)  2回発言   5952文字発言

 予算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  22285文字発言

 法務委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 議院運営委員会理事(第79回国会)
 議院運営委員会理事(第80回国会)
 議院運営委員会理事(第81回国会)
 議院運営委員会理事(第82回国会)
 議院運営委員会理事(第83回国会)
 議院運営委員会理事(第84回国会)
 議院運営委員会理事(第85回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第85回国会)
 議院運営委員会理事(第86回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第86回国会)
 内閣委員会理事(第87回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第87回国会)
 内閣委員会理事(第88回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第88回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1977/02/03、34期)

私たち民社党は、一新された現在の政治情勢から見て、今国会を契機に、各党が真に国民に対して責任を負う新しい政党政治の出発を行うべきだと考えます。したがって、国会の運営に当たっても、与野党あるいは政党の大…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 議院運営委員会 第30号(1977/05/28、34期)

民社党は、今国会に提案されております日米、日ソ漁業協定並びに日韓大陸棚条約の承認案件等、きわめて重要なそれぞれの案件は、ぜひ成立を期さなければならないと思っております。したがって、十二日間の会期延長…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1977/03/04、34期)

初めに住宅問題についてお聞きいたしたいと思います。この間、公明党の正木さんの本委員会における質問におきましても、今日、日本住宅公団は一万二千戸の空き家住宅を抱えておる、また千六百ヘクタールに上る遊休…会議録へ(外部リンク)

第81回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1977/07/27、34期)

民社党は、結論から申しまして、八月三日まで会期八日間に賛成であります。理由は、一刻も早く次の臨時国会を開くべきでありまして、そこで不況問題やエネルギー対策等重要な問題について徹底した論議を展開すべき…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1977/09/29、34期)

わが党といたしましても、今度の会期は三十五日とされることを主張するものでございます。その理由は、自民党が四十日、社会党が三十日を主張されておるので、それを足して二で割るという意味ではございません。事…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 議院運営委員会 第11号(1977/11/07、34期)

民社党は、御承知のとおり、この国会の初めに会期を設定いたしますときに、公明党とともに三十五日案を提案いたしました。その理由は、できるだけ短期日に重要な案件を効率的に審議、処理して、今日の国民の負託にこ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 議院運営委員会 第32号(1978/05/17、34期)

民社党を代表して、この会期延長について反対の意見を申し上げたいと思います。きょうは、定められた第八十四回通常国会の最終日でありまして、われわれは、百五十日間、絶えず誠実にその審議に協力し、国民の負託…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 議院運営委員会 第38号(1978/06/16、34期)

私は、この二法案を継続審議にすることに賛成する立場から、意見を申し述べたいと思います。まず、この両法案の提出の時期はきわめて遅いものがありました。それから健康保険法の一部改正につきましては、われわれ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1979/02/22、34期)

きょうは総理、御苦労さまでございます。いま貝沼委員からも総合的な資金の調達の問題について御質問がございましたけれども、私は特に具体的に、今度この法改正が行われるといたしまして、そのことによって初めて…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第8号(1979/05/31、34期)

今度のスリーマイルアイランドの事故によりまして、関係者の皆さん方も大変御心労のことだと思います。国民もいまこれを注目しているところでございます。ただ私は、先ほど来の質問と答弁を承っておりまして、吹田…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1979/04/11、34期)

私は、民社党を代表いたしまして、この元号法案に対して若干の御質問を行いたいと思います。初めに、私たち民社党は、この元号法制化に賛成であります。ただ、この元号法案そのものの今日までの提出の経過の中で、…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1979/04/13、34期)

先ほどから五人の先生方のお説を傾聴いたしまして、私は大変よかったと思うのです。と申しますのは、賛成の先生方もその元号の歴史的、文化的な意義を高く評価されながら、かつ今後国民が、ロングランではかるとき…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1979/04/19、34期)

私は、民社党を代表して、総理に若干の御質問をいたしたいと思います。私たち民社党は、元号の存続、したがってその元号を法制化してきちんと決めるということに賛成の立場に立っております。賛成の立場に立ってい…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1979/04/20、34期)

私は、民社党を代表して、本元号法案に賛成の意見を申し述べます。(拍手)…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 内閣委員会 第10号(1979/04/26、34期)

初めに防衛庁長官にお聞きいたしますが、先ほども本会議でいろいろな質問がございましたけれども、わが国の場合、自衛の力を表現する場合に、軍事力という言葉は使ってはならないのでしょうか、どうなんでしょうか。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1979/05/29、34期)

今度、中南米局を設置するということにつきましては、私どもも大変時宜に適した一つの対応であるというふうに考えているわけでございますが、この際、南米の一国でありますチリとの外交問題につきまして、若干の御質…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1979/03/06、34期)

先ほど公明党の近江委員から総理に対し、自民党と民社、公明両党との予算修正交渉の過程において合意された幾つかの項目について、政府の善処を求める旨の質問があり、総理からお答えがありましたので、私は個々の問…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22