田中昭二衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  1回発言   3608文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  1回発言   3608文字発言

本会議発言一覧

第87回国会 衆議院 本会議 第25号(1979/05/16、34期)

ただいま議長から御報告のありましたとおり、本院議員森田欽二君は、去る四月十三日、肝硬変のため、入院先の福岡大学附属病院において急逝されました。私はここに、諸君の御同意を得まして、議員一同を代表し、謹んで追悼の言葉を申し述べたいと存じます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  0)  6回発言  61208文字発言
 第81回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第82回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  1回発言   4723文字発言
 第83回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員  0) 10回発言  84077文字発言
 第85回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  2回発言  18626文字発言
 第86回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 13)  5回発言  42755文字発言

  34期通算  66回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 53 委員 13) 24回発言 211389文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 逓信委員会
            66回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 53 委員 13) 24回発言 211389文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 逓信委員会理事(第79回国会)
 逓信委員会理事(第80回国会)
 逓信委員会理事(第81回国会)
 逓信委員会理事(第82回国会)
 逓信委員会理事(第83回国会)
 逓信委員会理事(第84回国会)
 逓信委員会理事(第85回国会)
 逓信委員会理事(第86回国会)
 逓信委員会理事(第87回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 逓信委員会 第3号(1977/03/02、34期)

今国会始まりまして最初の大臣の所信表明に対する質問でございますが、きょうは朝早くからずっと審議が連続しております。大変お疲れだろうと思いますが、ひとつ大臣の体のことも心配しながら質問いたしますから、簡…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 逓信委員会 第6号(1977/03/15、34期)

きょうは参考人の皆様御皆労さまでございます。放送事業につきましていま起こっておりますいろいろな問題国民の心配しております問題等をここで代表としていろいろお尋ねするわけでございます。けさほどからずっと…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 逓信委員会 第10号(1977/04/13、34期)

郵便貯金は、郵便貯金法によりまして、簡易で確実な貯蓄の手段をあまねく公平に利用させることによって、国民の経済生活の安定を図り、その福祉を増進さぜることを目的としております。事業の運営は当然この趣旨に沿…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 逓信委員会 第12号(1977/04/20、34期)

私も、引き続きまして、まず公定歩合の引き下げの問題につきまして、大臣にいろいろ教えていただきたいと思います。大臣は、金融のことは専門であると思います。この前当委員会で、預金をすれば十年後には金利が幾…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 逓信委員会 第14号(1977/05/12、34期)

今国会の逓信委員会におきます一般質問も最後の機会かと思います。そこで、今会期中に問題になりました点、特に私が大臣にお尋ねした点、その中で不十分な点を再度確認をしながら質問を進めてまいりたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 逓信委員会 第18号(1977/05/26、34期)

最初にオリンピック放送に関連をしましてお聞きしておきたいと思います。その前に、前回私質問いたしましたときに、放送界のいわゆるテレビ関係の放送業者、業界のことをいろいろ将来のことについてもお尋ねしたわ…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 逓信委員会 第1号(1977/10/26、34期)

私は少々の時間をちょうだいいたしまして、大蔵省の方が都合があるそうでございますから、そちらから先に質問を申し上げてみたいと思います。最近のわが国の状況は、私が申すまでもなく大変な国家財政の危機で、そ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第3号(1978/02/15、34期)

御質問を申し上げます前に、午前中の二人の委員の質問、答弁等を聞いておりますと、私たちも逓信委員会でずっといつも指摘しておりました事故防止ということについて、何かしらん責任を感ずるといいますか、もう自分…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第6号(1978/03/01、34期)

御苦労さんでございます。けさほどから各委員の質問を聞いておりましたが、現在の放送界の中で、公共放送のNHKや民放がそれぞれいままで努力をしてまいられて、特に、公共放送であるNHKのいま置かれておりま…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第8号(1978/03/15、34期)

初めにお願いしておきますが、時間が限られておりますから、ひとつ簡潔に要領よくお答え願いたいと思います。まず、最初に郵政大臣の方にお尋ねしますが、先日大臣の所信表明をお伺いいたしましたが、その中で、テ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第9号(1978/03/29、34期)

私は、きょうは前回の委員会で保留になっておりました問題についてお聞きしていきたいと思います。先日のこの委員会で郵便貯金と脱税問題について取り上げまして、大臣に聞いたわけでございます。簡単に申し上げま…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第12号(1978/04/12、34期)

最初に、いま上程されております法案とはちょっとそれますけれども、郵政省にも大いに関係のございます困った事件が起こっております。いわゆる成田空港事件でございますが、そのことを最初に大臣にお伺いしたいと思…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第13号(1978/04/13、34期)

きょうの議題になっております特定郵便局長の不正事件は重大な事件でございまして、当委員会におきましても例にない集中審議まで行ったわけでございますが、いまから私が申し上げることは、この重大な事件に関して集…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第15号(1978/04/26、34期)

まず、最初に、大臣に教育ということについてお尋ねをしてみたいと思います。将来のこの日本を担っていく青少年の教育というものについて、基本的にどのように大臣はお考えになっているのか。未来を持つ青少年の教…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第16号(1978/04/27、34期)

大蔵大臣、お忙しい中を大変御苦労さんでございます。いま米田委員の方から、郵便貯金法をもとにして逓信委員会で議論をしてきたこと等を考えて大所高所から話がありました。時間も制約されておりますから、私自身…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第17号(1978/05/10、34期)

今日は私は最初に電電公社関係の御質問を申し上げ、その後郵政全般についての御質問をいたしたいと思います。わが国の電電公社は世界的にも大変優秀な公営企業と言われますし、その公社を所管する郵政大臣は、この…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第19号(1978/05/24、34期)

NHKの決算についての審議でございますが、その前に緊急事態についての御質問を申し上げます。まず、今度の電電公社の通信回線切断という事件が起こりましたが、この経緯とその後の対応について御説明を承りたい…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 逓信委員会 第1号(1978/10/18、34期)

私は、きょうは、現在郵政省の中で大変な発展を遂げてきました電電公社の問題から最初に入っていきたいと思います。先ほどからも述べられておりますように、公社が第一次から第五次までの計画を終わって、そして公…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 逓信委員会 第3号(1978/11/16、34期)

私はきょうは郵便事業と電電公社の問題の二つお聞きしたいと思いますが、まず郵便事業の方から入っていきます。郵便業務も大変な繁忙期を迎えておりますが、これは私が言うまでもなく国民生活に重大な影響があり、…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 逓信委員会 第4号(1979/02/28、34期)

私、大臣が就任以来初めての質問でございます。郵政大臣の所信表明いただきましたが、郵政事業の二年引き続き国民または利用者に対して大変遺憾な事柄が述べられておりますが、これはいままでの郵政事業にないことで…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 逓信委員会 第6号(1979/03/19、34期)

大臣を初め郵政省また参考人の方、大変お疲れと思いますが、私が最後でございますからよろしく協力をしていただきたいと思います。NHKの五十四年度の予算につきまして各委員からいろいろ質問がございました。N…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 逓信委員会 第10号(1979/05/09、34期)

私は、この法案に対する質問が終わりの方になりました関係で、いまからお尋ねすることが前の質問と重複するかと思いますが、その点あらかじめ御了解を得まして質問していきたいと思います。まず、このたびのこの通…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 逓信委員会 第11号(1979/05/23、34期)

私は、いま提案になっております二法案に関連しまして、まず昨年できました進学ローンの問題からお尋ねしたいと思います。進学ローンを昨年つくったわけでございます。大体いきさつは御存じかと思いますが、大臣も…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 逓信委員会 第14号(1979/05/31、34期)

NHKの五十一年度の決算の審議でございますが、この五十一年度というのは、受信料の改定等も含まれまして大事な年だったと思っております。そこで、受信料を見ましても翌年以降の受信料の収入がどういうふうに増加…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22