国会議員白書トップ衆議院議員松永光>34期国会活動まとめ

松永光衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第83回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員 34)  0回発言      0文字発言
 第85回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  7)  1回発言     84文字発言
 第86回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  1回発言   1521文字発言
 第87回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員  7)  6回発言   9188文字発言
 第88回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言

  34期通算 148回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 99 委員 49)  8回発言  10793文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
            83回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 83 委員  0)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
            35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35)  0回発言      0文字発言

 ロッキード問題に関する調査特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  2)  3回発言   1694文字発言

 法務委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言

 航空機輸入に関する調査特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  4回発言   3220文字発言

 農林水産委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 内閣委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5879文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 議院運営委員会理事(第83回国会)
 議院運営委員会理事(第84回国会)
 ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第84回国会)
 議院運営委員会理事(第85回国会)
 ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第85回国会)
 議院運営委員会理事(第86回国会)
 ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第86回国会)
 議院運営委員会理事(第87回国会)
 ロッキード問題に関する調査特別委員会理事(第87回国会)
 航空機輸入に関する調査特別委員会理事(第87回国会)
 議院運営委員会理事(第88回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第85回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第1号(1978/09/18、34期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、広瀬正雄君を委員長に推薦いたします。会議録へ(外部リンク)

第86回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第2号(1978/12/12、34期)

いわゆるロッキード事件が起こってから約二年十カ月たっておるわけでありまして、国会にロッキード調査特別委員会が設置されてからもう二年と七カ月たっているわけであります。政府は、ロッキード事件が起こった直後…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 ロッキード問題に関する調査特別委員会 第1号(1978/12/22、34期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、永田亮一君を委員長に推薦いたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 航空機輸入に関する調査特別委員会 第3号(1979/04/25、34期)

本日付の捜査状況報告並びに三月十六日付の捜査状況報告等から見ますと、いま捜査の対象になっておる事実関係というのは、ボーイング社からボーイング747七機を日本航空が輸入するに際して日商岩井が追加手数料と…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 航空機輸入に関する調査特別委員会 第6号(1979/05/24、34期)

いま委員長から質問のあった事項に関連いたしまして、私はもっと突っ込んだ質問をしたいと思います。いま、四十二年から四十五、六年の間の四、五年間に四、五億の金を政治献金として受け取られたという証言でござ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 航空機輸入に関する調査特別委員会 第8号(1979/07/03、34期)

先ほど石井委員から質問があったことに対する答弁で大体わかったのですが、要するに日商岩井とカーンとの間の、日商岩井が受け取る手数料の中から四〇%のお金を推薦料その他の名目でカーンが受け取るという密約と言…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 航空機輸入に関する調査特別委員会 第9号(1979/07/11、34期)

海部証人にお尋ねをいたします。日商岩井は、昭和四十二年秋ごろから昭和四十六年暮れごろまでの間に数回にわたって合計約五億円の金を松野頼三氏に支払っておるわけでございます。その金の一部は証人が届けられた…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1979/02/15、34期)

私から質問をいたします。米国の証券取引委員会、いわゆるSECの公表資料、これは証人お読みになりましたね。その公表資料によりますと、マクダネル・ダグラス社は、一九七〇年に、日本における不成功に終わった…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22