木島喜兵衛衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(34期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  1)  6回発言  35561文字発言
 第81回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第82回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  3回発言  18878文字発言
 第83回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員  4)  5回発言  25462文字発言
 第85回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第86回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員  4)  7回発言  61415文字発言

  34期通算  72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 60 委員 12) 21回発言 141316文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

文教委員会
            60回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 60 委員  0)  17回発言  99976文字発言

沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)   0回発言      0文字発言

予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言  12024文字発言

外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   4767文字発言

内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言  16210文字発言

災害対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   8339文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

文教委員会理事(第79回国会)
文教委員会理事(第80回国会)
文教委員会理事(第81回国会)
文教委員会理事(第82回国会)
文教委員会理事(第83回国会)
文教委員会理事(第84回国会)
文教委員会理事(第85回国会)
文教委員会理事(第86回国会)
文教委員会理事(第87回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1977/02/25、34期)

先ほど小島さんから大臣大変ほめられましたけれども、確かに国民はそう思っておるだろうと私は思います。それは、福田明治三十八歳内閣の中の最弱年であり、また昨年のスト権ストのときには、あなたのその美しい顔だ…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1977/03/14、34期)

先ほど嶋崎さん最後を詰めておらないのでありますけれども、学習の到達度を測定するとするなれば、むしろこれは高校が共通テストをやることの方が私はよりいいと思うのですよ。大学から見たところの、大学側の到達度…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1977/03/16、34期)

理事会の予定外でありますけれども、委員の皆さんから御理解いただきまして。……。みんな時間がないものですから、大変にはしょっていらっしゃる部分があったと思いますので、短時間だけそれに関する御質問をさせて…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1977/03/23、34期)

入試センターに絡む第一次共通テストは、現在までの審議を通じまして、教育論ではなくて、国大協のみの視野に立つ入試技術論の範囲を出ていないという感じが強くいたします。今日の教育の荒廃と言われるものは、入…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1977/06/09、34期)

学校災害に関する小委員会における調査の経過及び結果について御報告申し上げます。本小委員会は、児童・生徒等の学校の管理下における災害に関する問題を調査するため、去る四月十三日、当委員会に設置され、今日…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1977/03/01、34期)

文部大臣にお尋ねいたします。昨年の二月から今日までこの国を揺るがしておりますロッキード事件について、文教の責任者として、文教的な立場からどのような御反省をお持ちでいらっしゃいますか。会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1977/11/15、34期)

委員を差しかえていただいて、質問させていただく機会を与えていただきましたことを感謝いたします。ここ一、二年、この給与法でもって大分混乱もしているのですけれども、世間的に見てずいぶん、どう言ったらいい…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1977/11/11、34期)

今国会における学校災害に関する小委員会の調査経過を申し上げます。さきの第八十回国会におきまして、学校災害に関する小委員会の一応の結論を当文教委員会に報告いたしましたが、その趣旨に沿って文部省は昭和五…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1977/11/16、34期)

さっきの、この法律が通るときの愛知文部大臣のその趣旨について、いま何もあなたの方ではとりたてて言うことはないということなんだけれども、一言言っておきたいのは、社会教育として何かまとめたいということです…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第16号(1978/05/31、34期)

まず最初に、この災害で亡くなられた方々に弔意を表し、そのために努力をされた自衛隊や消防団、役場の職員あるいは地元住民に対して大変敬意を表します。いま高鳥先生の最後の質問で、大臣は再びこのような災害を…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1978/03/03、34期)

今回の法改正といいましょうか、一つは学校災害であり、一つは保健法その他の問題であります。学校災害に関しましては、一つは給付の改善でありますが、これはもう多くの方々からお話がございましたから私は触れませ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1978/03/22、34期)

時間がありませんから、なるたけ簡単にいたします。本法の第三条の一の四に「適正な規模にするため統合」という言葉、あるいは施行令の第三条にもありますが、「適正な学校規模の条件」、この法律における学校の適…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1978/04/12、34期)

きわめて多角的な質問が出されてまいりましたし、その御答弁で大体わかったようなものもありますけれども、ずいぶんと各委員からいろいろな意見が出されておりまして、それらの委員の質問というものをなお皆様がお考…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 文教委員会 第22号(1978/05/26、34期)

局長、いまの質問の経過があるわけです。というのは、先ほどおたくの関さんから、行政改革については、「世上の特殊法人の廃止、単に廃止して数を減らすとか、そういうような意味合いが若干ぼけている」という御答弁…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1979/04/27、34期)

私はもうきょうの最後だそうでありますから、なるだけ時間をとらないように質問をいたします。だから一番時間を短くするならば、全くそのとおりです、そうします、こう言えば一番簡単であります。そこで、私の質問…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1979/02/14、34期)

教育一筋四十年の内藤文部大臣でございますから、あなたの所信表明に期待をいたしたのでありますけれども、大変慎重であります。そこで、これは当然のことですけれども、大平総理大臣の施政方針演説を前提としての…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1979/03/02、34期)

先ほどの湯山先生の御質問に関連して……。大臣は教育一筋四十年ですが、湯山先生は教育一筋五十年ですから、その御質問の中で、大臣の答弁に湯山先生はお気づきになっておられましたけれども、湯山先生は質問の大筋…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1979/04/25、34期)

いま雑談で話しておったのでありますけれども、わが党のトップバッターに予定しておりました嶋崎さんが病気でちょっと入院したものでありますから、ピンチヒッターでありますので、ウォーミングアップをしていないリ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1979/05/09、34期)

社会党の木島でございます。きょうはいろいろと御教示いただきましてありがとうございました。いまも諸先生からいろいろとお話がございましたけれども、放送大学そのものについては、一般論としてはこれを否定する…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1979/05/30、34期)

皮切りに何かやれということでありますが、いま委員長の第一に挙げたのは放送法、電波法と学校教育法ですが、その前に電波法、放送法だけの問題が一つありますね。そういうことも含めてだと思うのですけれども、これ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 文教委員会 第12号(1979/06/01、34期)

「その他」ですから漠たるものでありますけれども、私が前から言っておりますのは、この大学が成功するかしないかはスクーリングに学生が通えるか通えないかということも一つの要素である、そのためには教育有給休暇…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 34期(1976/12/05〜)  2本提出

質問主意書一覧

学校法人日本大学における学生の自治・学生対策等に関する質問主意書
第84回国会 衆議院 質問主意書 第63号(1978/06/16提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

学校法人日本大学における学生の自治、学生対策等に関する質問主意書
第87回国会 衆議院 質問主意書 第48号(1979/06/14提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12