瀬長亀次郎衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(34期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  2回発言   8758文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  1回発言   6350文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  1回発言   6506文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  4回発言  21614文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第4号(1977/02/04、34期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、総理に質問いたします。去る三十一日の施政方針演説及び政府演説には、残念ながら、国民が、今日の重大な情勢のもとで国政に寄せている切実な要求と期待にこたえるものが全く感じられなかったということを、率直に指摘しなければなりません。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第25号(1977/05/11、34期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、沖繩基地確保・土地強奪継続法案に対し、満身の怒りを込めてこれを糾弾し、反対討論を行うものであります。(拍手)今回、自民、民社、新自由クラブ三党が、九日夜内閣委員会において、日本共産党などの徹底審議要求を無視して強行採決した位置境界明確化特別措置法案なるものは、沖………会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第5号(1978/01/25、34期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、当面する国政の緊急課題について質問いたします。まず第一に、円高危機打開の問題についてであります。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第4号(1979/01/30、34期)

私は日本共産党・革新共同を代表して、総理大臣に質問いたします。まず第一に、底深い構造汚職の様相をますます鮮明にしてきた航空機導入をめぐる疑惑についてであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第80回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  5回発言  33399文字発言
 第81回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第82回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   5356文字発言
 第83回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第84回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  5回発言  28210文字発言
 第85回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   5837文字発言
 第87回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  4回発言  31727文字発言
 第88回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  34期通算  33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 33) 16回発言 104529文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29)  15回発言  89144文字発言

懲罰委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   0回発言      0文字発言

内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言  15385文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1977/03/04、34期)

長官、まだ沖繩に行かれたことはないと思いますが、ありますか。そこで長官に、沖繩開発庁長官ですから、長官がやはり中心になられて関係省庁と連絡をとりまして、この首切り解雇の問題を、ただ努力しますというん…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第6号(1977/04/08、34期)

質問の資料を委員部に預けてありますので、関係大臣に渡してもらいたいと思います。私は、最初に沖繩の土地問題、主として旧日本軍によって接収された土地問題、それから二番目に米軍の戦車道路による水源地の汚染…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第7号(1977/04/15、34期)

最初に、十九日から二十日の二日間にわたって行われる海兵隊の原子砲演習について伺いたいと思いますが、建設省だれか見えていますか。――この演習は県道一〇四月を封鎖して行われるわけなんですが、沖繩のほかに、…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第8号(1977/04/19、34期)

私も戦車道路の問題と、きょうもう始まっているようですが、一〇四号県道を封鎖しての演習について質問いたします。十五日の沖特委で山崎アメリカ局長は、戦車道路の建設については公共の安全に障害があるというふ…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第9号(1977/05/20、34期)

外務大臣にお伺いしたいと思います。私は、きょう実は沖繩から帰ったのですが、昨夜六時半から県民大会が開かれて、全国民に対する決議を宣言したのですが、この宣言の中身は、二重の暴挙を重ねて十八日に参議院を…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1977/11/18、34期)

最初につぶれ地の問題について藤田長官にお聞きしたいと思います。このつぶれ地問題は、現状はすでにおわかりであると思うのですが、私、九月二十日に建設大臣に会いまして、特に市町村道路のつぶれ地の問題を話す…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1978/02/17、34期)

私、きょうは限られた時間でありますので、安保、基地問題、さらに演習の激化、それに伴う県民に対する被害の続出、最後に自治体で始まっております対米抵抗といった問題に集中して質問をいたしたいと思います。委…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(1978/02/22、34期)

私、この前の委員会で、日米合同委員会のキャンプ・シュワブに関する合意メモ、八六九号の公表を要請しましたが、きょうの理事会でこれはできないといったようなことでありましたので、この点についてはなぜ公表でき…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号(1978/02/28、34期)

最初に開発金融公庫の出資及び債務保証について、二十二日の委員会で私、CTSなど公害企業に対しては出資、債務保証はやらないと思うがどうかという質問に対して亀谷総務局長は、当面そのようなことはないというこ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第7号(1978/05/12、34期)

まず稲村長官にお伺いしたいのですが、私那覇に住んでおりますから、この交通方法の変更が七月の三十日に果たして支障なく実現できるかどうかについては確信は持てない実情にある。その点をぜひ長官にお伺いしたいと…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第8号(1978/06/15、34期)

私は最初に、米軍の出すべき防衛分担金の問題についてお伺いします。今度の予算で六十億余りがこれまで出したことのなかった基地労働者の労務費の一部として組まれておると思いますが、これは金額は幾らですか。会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1978/10/18、34期)

長官の時間が限られておるそうでありますから、長官に基本的な姿勢だけを十分くらいお伺いして、こっちから聞いてもらってもいいというつもりで、あとはほかの省庁にやります。一つは放棄請求権の問題ですが、私が…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1979/02/15、34期)

最初に外務大臣に、時間の関係がありますから、まとめて質問したいと思います。第一に、北海道の一部である歯舞、色丹、これはもちろん、国後、択捉両島を含む千島列島の返還問題は、日本国民の正当な要求であり、…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(1979/04/27、34期)

現在沖繩では、複雑で実に深刻な問題がたくさん出ています。その一つは、海兵隊のキャンプ・ハンセンにおける演習が夜、昼激化して人民の不安をかき立てている問題、さらに嘉手納基地における演習の激化によって、爆…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号(1979/05/25、34期)

私この前、五月の十五日にちょうど復帰七周年記念に当たっていたんで帰りましたが、いままさに沖繩は祖国復帰八年目を迎えて、まるで逆に占領状態に入っているのじゃないかというふうに私はこの目で見てきました。現…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1979/05/31、34期)

今回の中南米局の設置で、外務省の情文局文化事業部、アジア局の次長及び大阪連絡事務所が廃止されることになるわけでありますが、私どもはこうした機械的な削減には反対であります。そこでお聞きしますが、外務省…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 34期(1976/12/05〜) 14本提出

質問主意書一覧

駐留軍労務費の一部負担問題に関する質問主意書
第83回国会 衆議院 質問主意書 第2号(1977/12/10提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

市町村未買収道路用地(つぶれ地)の補償に関する質問主意書
第83回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1977/12/10提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

放棄請求健の補償に関する質問主意書
第83回国会 衆議院 質問主意書 第4号(1977/12/10提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国立琉球大学医学部の設置に関する質問主意書
第83回国会 衆議院 質問主意書 第5号(1977/12/10提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

第二次大戦中旧日本軍によって接収された沖縄県下の土地に関する質問主意書
第84回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1977/12/27提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

沖縄の伝統芸能劇場建設に関する質問主意書
第84回国会 衆議院 質問主意書 第4号(1977/12/27提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国立琉球大学医学部の設置に関する質問主意書
第84回国会 衆議院 質問主意書 第5号(1977/12/27提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

沖縄米軍基地に関する質問主意書
第84回国会 衆議院 質問主意書 第31号(1978/04/28提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

沖縄県下の位置境界不明土地の位置境界明確化に関する質問主意書
第84回国会 衆議院 質問主意書 第32号(1978/05/02提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

沖縄県の雇用及び失業問題に関する質問主意書
第84回国会 衆議院 質問主意書 第36号(1978/05/13提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

沖縄における旧日本軍接収土地に関する質問主意書
第84回国会 衆議院 質問主意書 第38号(1978/05/20提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

沖縄における旧日本軍接収土地に関する再質問主意書
第84回国会 衆議院 質問主意書 第55号(1978/06/14提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

沖縄県の市町村未買収道路用地(旧つぶれ地)に対する国の補償措置に関する質問主意書
第87回国会 衆議院 質問主意書 第22号(1979/04/13提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

沖縄県の雇用及び失業問題に関する質問主意書
第87回国会 衆議院 質問主意書 第47号(1979/06/14提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12