長田武士衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(34期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  1回発言   3038文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  1回発言   3038文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第19号(1977/04/19、34期)

私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となりました中小企業の事業活動の機会の確保のための大企業者の事業活動の調整に関する法律案について、総理並びに関係大臣に質問をいたします。中小企業の事業分野への大企業の恣意的な進出は、いまに始まったものではございません。昭和四十八年の石油ショックによる狂乱………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第80回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  6回発言  30403文字発言
 第81回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   5923文字発言
 第82回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  5回発言  31303文字発言
 第83回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47) 14回発言  90700文字発言
 第85回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  4回発言  27941文字発言
 第86回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  6回発言  34227文字発言
 第88回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  34期通算 125回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員125) 36回発言 220497文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

商工委員会
            93回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 93)  28回発言 177944文字発言

物価問題等に関する特別委員会
            29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29)   6回発言  32960文字発言

予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

交通安全対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   4627文字発言

逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   4966文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1977/03/02、34期)

いま最も政治的な大きな問題といたしまして、景気浮揚対策をどうするかということで論議がされておるわけでありますが、通産大臣にお伺いいたします。まず、景気浮揚対策のためには減税が必要であると私たちは主張…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1977/04/06、34期)

ただいま議題となっております輸出保険法の一部を改正する法律案について、並びに関連しまして若干の質問をいたします。今回の輸出保険法の一部改正案は、外国為替公認銀行等のボンド発行を容易にしていく点からわ…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1977/04/21、34期)

近年、中小企業の事業分野への大企業の進出は、巨大な資本力を背景に直接、あるいは子会社を通し、ダンピングなどの手段を用いて中小企業の企業者の存立基盤を脅かしておるわけでありますが、こういう大企業の進出は…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1977/04/22、34期)

独占禁止法の改正論議が巻き起こりましてからすでに三年を経過していることは御存じのとおりであります。私は、政府改正案の矛盾点を速やかに修正し、今国会での強化改正をどうしても実現すべきであるという立場から…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1977/04/27、34期)

私は、分野調整の審議に当たりまして、本法案は中小企業の事業活動の機会を適正に確保するためのルールといたしまして、この分野調整については評価をいたしておるわけでありますが、先ほど飯田参考人のお話を伺いま…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第24号(1977/05/20、34期)

まず、初めにお伺いいたしますが、過日の先進七カ国首脳会議の宣言及び宣言付属文書の中で、世界景気、国際収支問題と並んで焦点の一つと見られました核の再処理問題を初めとするエネルギー問題がございますが、そこ…会議録へ(外部リンク)

第81回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1977/08/23、34期)

本日は景気対策について御質問をいたしたい、こう考えておりましたが、長官がまだお見えになっていないようでありますから、公取委員長に御発言をいただきたいと思っております。沢田公取委員長は、本日任期が切れ…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1977/10/28、34期)

私は、最近の円高基調を反映いたしまして、円高差益が顕著と見られておりますところの石油製品の問題について、通産省に対し総括的に質問を行いたいと思っております。その前に、きのうの新聞の報道によりますと、…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1977/11/15、34期)

資源の乏しいわが国にとりまして、自主開発することによって資源を確保するということ、それは私は当然だと思いますし、また急務であると考えられるわけであります。したがって、私は、わが国の沿岸における開発につ…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1977/11/16、34期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、ただいま議題となっております日本国と大韓民国との間の両国に隣接する大陸棚の南部の共同開発に関する協定の実施に伴う石油及び可燃性天然ガス資源の開発に関する特別措…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1977/11/25、34期)

最近、国民の間で冠婚葬祭互助会への加入が急増いたしておるわけであります。これに伴って、業者と契約者の間のトラブルが頻繁に起きております。そこで、私は、消費者保護の立場から、以下数点にわたり、通産省並び…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第2号(1977/10/25、34期)

私は、当面する物価対策について、為替相場の円高傾向が輸入品の小売価格にどのように反映されておるかという点を中心に、経企庁並びに関係省庁に対して具体的に質問をいたしたいと考えております。その前に、物価…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第4号(1978/03/22、34期)

まず運輸大臣に、交通事故による被害救済についてお尋ねをしたいわけでありますが、先ほど井上委員から質問が出ております。さらに私は続けてまいりたいと思っております。去る二月十五日の運輸委員会でわが党の石…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第1号(1978/01/27、34期)

私は、ただいま議題となっております円相場高騰関連中小企業対策臨時措置法案などを成立させ、中小企業の苦境を打開し、経営の安定化を図ることは当面の急務であると考えております。しかし、中小企業を本質的に円高…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1978/03/03、34期)

通産、企画両大臣の所信表明に対する質疑に入る前に、二、三お伺いしたいと思っております。まず、福田内閣の有力閣僚でありますところの河本通産大臣、宮沢経済企画庁長官に、予算の修正問題についてお尋ねをした…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1978/03/30、34期)

参考人の方々には、大変お忙しい中を当委員会に御出席をいただきまして、ありがとうございます。まず、宇野参考人にお伺いをしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1978/04/04、34期)

ただいま審議中であります特定不況産業安定臨時措置法案の質問に入る前に、緊急課題でありますところの円高問題について、一、二お伺いをしたいと思います。まず、一ドル二百二十円の大台を割り込んだことは、輸出…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1978/04/06、34期)

外務大臣に冒頭から質問があるのですが……。そこで、本協定についてさらに審議を重ねていきたいと考えておりますが、本日は、時間もありませんし、国内法と言われております本法律案についても問題が解明されてい…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第20号(1978/04/18、34期)

ただいま議題となっております液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律の一部を改正する法律案について質問をいたします。LPガスについては、近年急速に普及いたしておりまして、国民生活にとって…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第22号(1978/04/21、34期)

石油国家備蓄についてお伺いをいたしたいと思っておりますが、現在の石油備蓄政府は、昭和五十一年四月に石油備蓄法が施行され、四年後の昭和五十四年度までに日本の全石油消費量の九十日分を備蓄するということが根…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第23号(1978/04/25、34期)

本日は、電力料金の円高差益還元対策についてお伺いしたいわけでありますが、その前にタンカー備蓄についてお尋ねをしたいと思います。四月二十二日の日本経済新聞の報道では、会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第26号(1978/04/28、34期)

ただいま議題となっております特定機械情報産業振興臨時措置法案は、従来のハードウエア・オリエンテッドな発想を転換して、ソフトウエア業を加えた産業振興策を目指す姿勢は、私はそれなりに評価できると考えており…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第34号(1978/08/30、34期)

初めに、経済問題について大臣にお尋ねをいたします。当面する経済情勢は至って厳しい状況にあります。したがって、このままでは五十一年度、五十二年度と同じように、後半には景気後退という事態が必至という状況…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 逓信委員会 第21号(1978/05/31、34期)

まず、初めに、テレビジョンの難視聴解消問題についてお伺いをしたいと思っております。辺地難視聴については、NHKを初め関係者の尽力によりまして年々解決への一途をたどっております。しかし、今後における辺…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第5号(1978/04/06、34期)

政府は、四月三日、一ドル二百二十円割れの円高局面がこのまま続けば、日銀が発表しておる輸入物価指数、すなわち昭和五十年を一〇〇とした場合に、三月以降下落の傾向を強め、四月には三年ぶりに九〇を下回るとの見…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第9号(1978/05/11、34期)

政府は去る四月二十一日の経済対策閣僚会議におきまして、緊急輸入の促進、経済協力の促進、円高差益の還元を三本柱とする国際収支対策及び円高に伴う物価対策を決定いたしたわけであります。そこで、本日は円高に…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 商工委員会 第1号(1978/09/27、34期)

今国会の主眼は、何と申しましても、長期不況を打開し、景気を着実に回復軌道へ乗せる、そういう適切な対策を講ずることが最大の課題であると考えております。そのためにも、経済の動向を的確に把握することが当面の…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1978/10/16、34期)

ただいま議題となっております大規模小売店舗における小売業の事業活動の調整に関する法律及び小売商業調整特別措置法の一部を改正する法律案について、私は、消費者の利益の保護を前提といたしまして、若干質問をし…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1978/10/18、34期)

まず初めに、五十三年度補正予算案の組み替え動議を背景にいたしまして、自民党と新自由クラブの協議でまとまった五十三年度補正予算についての合意事項の中に、ただいま審議しております特定不況地域中小企業対策臨…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第4号(1978/10/19、34期)

まず初めに消費者被害救済についてお尋ねしたいと思っております。本年一月、経済企画庁から消費者被害調査の結果が発表されております。この調査の結果かち推定した消費者被害をこうむっておる世帯は百九十一万五…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1979/02/14、34期)

本論に入る前に、去る十日、都内豊島区南池袋一丁目カドラー白銀マンションで発生いたしました、ガス大爆発事故の概要並びに被害状況について警察庁にお尋ねをいたします。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1979/04/10、34期)

私は初めに、海外経済協力基金法の一部を改正する法律案に入る前に緊急課題といたしまして二、三質問をいたします。まず、原子力発電事故問題についてお尋ねいたします。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1979/05/08、34期)

法案の内容に入る前に、まずエネルギー全般の問題について若干お尋ねをいたします。初めに、去る四月二十日、石油審議会石油部会の了承を得た、昭和五十四年度から昭和五十八年度に至る石油供給計画についてであり…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1979/06/01、34期)

五月二十一、二十二日の両日にパリで開催されましたIEA閣僚理事会について、幾つかの質問をしたいと考えております。この閣僚理事会には通産大臣も出席されたわけでございますが、八〇年代のエネルギー総合戦略…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第5号(1979/05/29、34期)

昨年十一月を境といたしまして、わが国の物価情勢はそれまでの安定鎮静化傾向から一転して上昇軌道に入っておるわけでございます。これは卸売物価が昨年十一月以来六ヵ月連続いたしまして上昇を続けております。この…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第8号(1979/08/10、34期)

中川委員の質問に関連いたしまして、私は石油製品価格についてお尋ねをいたします。ことしに入りまして石油各社が原油の値上げなどを理由に三月、五月、六月の三回にわたりまして石油製品の値上げを行ったわけであ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12