伏屋修治衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  1回発言   1791文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  1回発言   1791文字発言

本会議発言一覧

第82回国会 衆議院 本会議 第10号(1977/11/02、34期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、ただいま議題となりました健康保険法及び船員保険法の一部を改正する法律案並びに自由民主党による同修正案に対しまして、反対の討論を行うものであります。(拍手)反対する第一の理由は、人口の老齢化とともに、近年著しい都市化現象、核家族化など人口構造の変化に対し、医療………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  2回発言  14577文字発言
 第81回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第82回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  4回発言  29270文字発言
 第85回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第86回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  2回発言   8358文字発言

  34期通算  61回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 61)  8回発言  52205文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 57)  8回発言  52205文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 ロッキード問題に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1977/04/13、34期)

この私立学校教職員共済組合法というものは教育基本法第六条の趣旨を踏まえて立法されたと聞いておるわけでございますが、現在、この共済組合の現況、加入学校数あるいは未加入学校数等がわかればお教えいただきたい…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 文教委員会 第12号(1977/05/18、34期)

私は幼稚園、主として学校法人でない幼稚園の問題と専修学校の問題、大きく分けてこの二点についてお伺いをしてまいりたいと思います。まず最初に、昭和五十二年度予算で、私立高校以下の経常費補助が三百億となり…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1978/03/03、34期)

さきに水田委員から詳細にわたっていろいろな問題が出されましたので、重複する点があると思いますが、その点は御了承願いたいと思います。まず最初に、国民的な学校災害に対する厳しい認識に立った世論、また先国…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 文教委員会 第10号(1978/03/31、34期)

私はこれから、私の地元の岐阜大学の統合について何点かお尋ねしたいと思います。まず最初に、岐阜大学の統合についての文部省の御見解等をお聞きしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1978/04/14、34期)

教員大学につきましての多岐にわたる御質疑があった後の質問でございますので、多分に重複する面もあると思いますけれどもその面は御了承願いたいと思います。大臣の御答弁の中に、いまの時代ほど教員の資質向上が…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 文教委員会 第17号(1978/04/26、34期)

ただいまの湯山委員の質問に対する政府の御答弁、それを私もこの部屋で聞きながらまことに残念に思う一人でございます。というのは、行政府の私学教育を振興させるという認識と私たち立法府が考えておる認識との、そ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1979/05/09、34期)

参考人の皆様方にはもうすでにお目を通してみえると思いますけれども、大学局から出しました「放送大学について」の「放送大学設立の目的」の中にウの項としまして、「大学関係者の協力を結集する教育機関」というこ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1979/06/06、34期)

どういう風のめぐり合わせか、非常にやりにくい場で質問をやらされる羽目に陥ったわけでありますが、ただいま趣旨説明がございました私立学校教職員共済組合の問題についてしばらく質問したいと思います。まず、第…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22