刀祢館正也衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

34期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  1回発言    802文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  1回発言    802文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第31号(1977/05/28、34期)

私は、新自由クラブを代表いたしまして、ただいま上程中の今国会の会期十二日間延長について、反対の討論をいたします。(拍手)この会期延長の直接の原因である日ソ漁業暫定協定は、単にわが国の漁業界の浮沈にかかわる大問題であるにとどまらず、領土問題とも関連する、国家百年の大計であることは、衆目の一致するところ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  2回発言    789文字発言
 第81回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言    157文字発言
 第82回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言     86文字発言

  34期通算  41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41)  4回発言   1032文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
            26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  4回発言   1032文字発言

 公害対策並びに環境保全特別委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1977/02/03、34期)

新自由クラブといたしましても、本会議における国務大臣の演説に対する質疑が各党の代表質問である以上、必ずしも従来の慣例にのみ拘束されることなく、各党一巡方式で行うことが適当であると考えます。まして質問者…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 議院運営委員会 第30号(1977/05/28、34期)

新自由クラブは、会期の十二日間の延長については反対いたします。理由は、日ソ漁業暫定協定、これが今回の会期延長の直接の理由であると思いますけれども、わが国の漁業の浮沈に関する重大問題であるにとどまらず…会議録へ(外部リンク)

第81回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1977/07/27、34期)

新自由クラブは、八日間の会期に反対いたします。その理由につきましては、いままでお話がありましたのと同様でございますが、内外ともに緊急課題が山積しておりますさなかにおきまして、国民的な要望にこたえるた…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1977/09/29、34期)

新自由クラブは、会期四十日に賛成いたします。今国会は、国民生活安定を中心といたしまして、重要案件が山積いたしておりますので、会期を十分とって、慎重審議を尽くすべきだと思います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22