飯田忠雄衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(34期)

34期本会議 - 35期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  1回発言   2990文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  1回発言   2990文字発言

本会議発言一覧

第84回国会 衆議院 本会議 第23号(1978/04/18、34期)

私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま提案理由の説明がありました刑事事件の公判の開廷についての暫定的特例を定める法律案について、総理大臣並びに関係大臣に質問いたします。(拍手)この法案が、刑事訴訟における必要的弁護制度の存立基盤を揺るがすとともに、刑事被告人の弁護人依頼権を定めた憲法の趣旨に触れ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

34期委員会 - 35期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  6回発言  53154文字発言
 第81回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第82回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  2回発言  15011文字発言
 第83回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32) 12回発言  98173文字発言
 第85回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  21349文字発言
 第86回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23) 10回発言  45967文字発言

  34期通算  93回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 93) 32回発言 233654文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

法務委員会
            85回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 85)  26回発言 213177文字発言

外務委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   3回発言  13470文字発言

商工委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   3回発言   7007文字発言

予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1977/04/22、34期)

本日、大変のどを痛めておりまして御迷惑かけますが、御了承ください。きょうはもっぱら法律問題についてお伺いいたしたいと思います。まず、先般同僚議員の御質問に対しまして、一般国際法上の大陸だな、こういう…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1977/04/23、34期)

時間が大変遅くなりましたので、簡単に質問を申しますので、お答えの方もどうか簡単にお願いいたします。まず最初に、条約締結権の問題についてお尋ねいたしますが、条約締結権は、これは立法に関する問題だと理解…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1977/04/27、34期)

ただいま、先日お伺いしました点について御回答をいただきまして、ありがとうございました。了承いたします。次に、一つ重要な点につきまして、基本的な点につきましてお尋ねをいたしたいのでございます。これは留…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1977/03/23、34期)

このたびの法律案を拝見さしていただきましたが、この御改正になる点だけなら余り問題が起こらないと思います。しかし、本法そのものにつきまして検討してみますと、まだまだほかに改正すべき重要な点があるのではな…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1977/03/25、34期)

二十三日の法務委員会の質問におきまして、本法の改正に当たりまして、なお根本的な問題で改正をすべき点があるのではないかということについて御質問申し上げました。ちょうど大臣はおいでになりませんでしたので、…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 法務委員会 第16号(1977/05/18、34期)

大臣が大変きょうはお忙しいということでございまするので、大臣にぜひお伺いしたい点から申し上げてまいりたいと思います。まず、憲法の三十一条の法定の手続の保障という問題が絶対的な保障だ。国民の基本的人権…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1977/11/02、34期)

ハイジャックに関します法律案を本日いただきまして拝見いたしました。正直なところ申しまして、大変失望したのでございます。といいますのは、いままで各委員の方が述べてこられましたところですが、今度の法案では…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1977/11/22、34期)

私は、いわゆるサラ金によりまして庶民が奴隷的拘束を受けております現状並びにそれに対処する政府の政策についてお伺いをいたしたいと思います。サラ金問題につきましてはこれまでもしばしば委員会において取り上…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1978/02/17、34期)

先日、法務大臣から御所信を承りました。その中で、特にきょうはその第一の法秩序の維持に関する問題、それから第二の犯罪者及び非行少年に対する矯正及び更生保護行政の充実について、この問題に関連しましてお尋ね…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1978/03/22、34期)

本日は、出入国管理令は封建的な法律かという問題これは第一点ですが、第二点は、出入国管理の根本的可否、この二つの点についてお尋ねを申したいと思います。まず、出入国管理令を見ますと、前書きに、これは政令…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1978/03/24、34期)

刑事補償法の本質の問題について質問をいたしたいと思います。まず最初に、刑事補償法の根拠となっております憲法の第四十条でございますが、この憲法の第四十条に書かれておる内容に大変疑問が多い、いままでの実…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1978/03/28、34期)

先般私は、無罪の裁判についてという問題と刑事補償の性質の問題、第三番目に、刑事補償をするときの問題、この三つの点について御質問を申し上げましたのですが、どうも十分な御答弁を得ることができませんでした。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第14号(1978/04/07、34期)

提出されました人質による強要行為等の処罰に関する法律案につきまして、この提案の理由につきましては後ほど同僚議員から御質問を申し上げる予定でございますので、私は特にこの法案に盛られた内容について御質問を…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1978/04/19、34期)

本日は、民事関係の問題を二つと、その後、刑事関係を少し御質問いたしたいと思います。民事関係は簡単に質問いたしますので、よろしくお願いします。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1978/04/25、34期)

逃亡犯罪人の引き渡しに関しまして、少しく問題点を法務大臣、法務省、外務省並びに検察庁の方にお尋ねをいたしたいと思います。同僚議員から大変詳しい質問がございました後ですので、私問題を整理しましたけれども…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1978/04/26、34期)

最近、一連の公害裁判におきまして新しい過失の考え方が展開されてきております。そこで、本日は、こうした新しい過失理論のために生じてきます世の中の具体的な混乱、こういうものに関しましてどのような救済処置を…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1978/05/12、34期)

本日は弁護士会の御意見を承りますので、通常政府に対する質問ですと政府の反対側に立って質問いたしますが、きょうは弁護士会と反対側の立場に立って御質問をいたしたいと思います。といいますのは、実体的真実を発…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1978/05/31、34期)

本日は、四つの問題点について御質問を申し上げたい予定でございましたが、時間の関係で二つだけにいたしたいと思います。その第一の問題は、国際協力事業従事者の帰国後の生活保障について、こういう論題でござい…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第28号(1978/06/06、34期)

まず最初に、司法書士法の一部改正案について御質問申し上げます。この司法書士制度は、従来は認可制をとっておられたのですが、これをやめて登録制にされた理由についてお伺いをいたしますが、まず第一に、認可制…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 法務委員会 第29号(1978/06/07、34期)

仮登記担保契約に関する法案について御質問申し上げます。まず第一に、仮登記担保契約について、このたび特に債務者保護の規定を設けられるわけですが、譲渡担保契約と区別してなぜこれだけ保護されるのか、その理…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1978/10/13、34期)

まず最初に、裁判官の報酬、検察官の俸給あるいは裁判官以外の裁判所の職員、検察官以外の検察庁の職員の給与、こういうものを定めるに当たりまして、どういうものを根拠として決められたのであるか、そのことをお伺…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1978/10/20、34期)

私は、いわゆるサラ金問題について質問をいたしたいと思いますが、本日は民事局長お忙しいと聞きましたので、先に民事局長の御所管の分についてお尋ねをいたしたいと思います。本会議におきまして、わが党の正木委員…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1979/03/16、34期)

藤原参考人にお尋ねをいたします。先ほどの御説明でいろいろのことがございまして、特に輸入の問題がございましたが、現実の輸入状況というものにつきまして、もう少し詳しく御報告をお願いいたしたいのと、それか…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1979/03/20、34期)

このたびの法律改正につきまして、疑問点二、三お伺いをいたします。繊維工業構造改善臨時措置法という法律は、昭和四十二年七月に最初に立法をされましてからすでに十二年を経過し、最終改正をされてからでも五年…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1979/05/29、34期)

中小企業の合理化あるいは近代化の必要が言われておりますが、その方法とかその完成像をどのようにとらえておいでになるかという点についてお尋ねをいたしたいと思います。これは一つの例ですが、産地産業の現状は…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1979/03/02、34期)

本日は法案審議の日でございますので、特に提出されました二つの法案に関連する問題についてお尋ねをいたします。まず最初に、この法案が法務省の方が原局として提出されておりますことは憲法上の要請であろうと思…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1979/03/14、34期)

本日の参考人のお方様には大変時間が遅くなりまして申しわけございませんが、五つの点につきましてお尋ねをして、お教えを請いたいと思います。まず第一は、安楽死というものは一体何であるかという問題につきまし…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1979/03/20、34期)

八木参考人及び田中参考人、御両人のお方に御質問を申し上げます。きょうは大変御苦労さまでございますが、主としてお尋ねいたしたいのは、身分関係の問題給与関係の問題それから秩序維持の問題について、お尋ねを…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1979/05/08、34期)

まず、民法の改正案についてお尋ねをいたします。民法の法文は、これを拝見いたしまして、大変表現がむずかしくて誤解するところが多いわけですが、この民法の法文を今後もっとわかりやすい形で改正をしていただく…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 法務委員会 第14号(1979/05/23、34期)

私は、現在問題になっておりまする航空機汚職の問題について質問申し上げるわけですが、この問題につきましては、主として航空機汚職の調査特別委員会がございますので、その方面となるだけ重複しない分野、つまり法…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 法務委員会 第16号(1979/05/29、34期)

先般の松野証言によりますと、松野さんは、自分のもらったものは政治献金だということを言っておられますが、新聞によりますと、刑事局長は、このお金は工作資金だとかあるいは成功報酬だというふうに考えるとおっし…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1979/06/05、34期)

飯田でございます。和島参考人の先ほどのお話によりますと、現行法の再審請求事由、これは明白な事実の発見ということになっておるが、これでは十分ではない、もう少し範囲を広げるべきだ、このように伺いましたが…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書

質問主意書提出数

 34期(1976/12/05〜)  3本提出

質問主意書一覧

内閣の衆議院解散権に関する質問主意書
第87回国会 衆議院 質問主意書 第5号(1979/02/09提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

最高裁判所の規則制定権と国会の立法権との関係に関する質問主意書
第87回国会 衆議院 質問主意書 第6号(1979/02/09提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

内閣の衆議院解散権に関する再質問主意書
第87回国会 衆議院 質問主意書 第7号(1979/02/21提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12