吉原米治衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  1回発言   3778文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  1回発言   3778文字発言

本会議発言一覧

第87回国会 衆議院 本会議 第28号(1979/05/25、34期)

ただいま報告のありました地方財政の状況につきまして、私は、日本社会党を代表して、大平総理並びに関係各大臣に質問を行います。昭和四十八年以来、わが国経済の構造的矛盾の深まりは、長期の不況とインフレ再燃の兆しとなって国民生活を直撃し、自治体の行財政を大きく変動の渦に巻き込み、もはや倒産寸前とまで言われる………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  2回発言  13232文字発言
 第81回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第82回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  2回発言  13690文字発言
 第83回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  5回発言  31334文字発言
 第85回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第86回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  4回発言  29831文字発言

  34期通算  77回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 77) 13回発言  88087文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 建設委員会
            39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39)  9回発言  58186文字発言

 交通安全対策特別委員会
            37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37)  4回発言  29901文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1977/03/04、34期)

私は、第三次全国総合開発計画すなわち三全総について、特に長官にお伺いをいたしたいと考えます。第一に、新全総の結果が、どのように三全総に生かされるのかということでございます。新全総に基づいて進められま…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第5号(1977/04/07、34期)

私は、大きく分けまして、二つの問題について御質問をいたします。関係各省の皆さん方の明快な御答弁をお願いいたしたいと思います。その第一は、労災保険法の中の通勤災害保護制度について、その救済適用をめぐる…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1977/10/26、34期)

私はまず、長良川の河口ぜきの建設について、国土庁長官並びに建設大臣に対してお伺いをいたします。長良川は、御存じのようにウ飼いで国民に知られているとともに、また水害多発地帯としても有名でございます。こ…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第3号(1977/10/27、34期)

警察庁の方にお尋ねをいたしますが、交通事故の軽減対策について最初にお尋ねをいたします。事故対策にはいろいろ手段、方法があると思います。たとえば道路状況の完備も必要でございましょうし、あるいは車両の定…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1978/02/17、34期)

私が最初にお尋ねしたいのは、三全総に対する疑問と問題点という課題についてであります。まず最初に、大臣も交代されたことでもございますし、新しい国土庁長官としての桜内建設大臣にお尋ねをいたします。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 建設委員会 第9号(1978/03/31、34期)

住宅金融公庫法の一部を改正する法律案について質問をいたします。一昨日の渡部、中村両同僚議員の質問と重複しないように進めていくつもりでございますが、若干関連する部分も、あるいは確認する部分も出てこようか…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 建設委員会 第12号(1978/04/26、34期)

最初にお轟ねをいたしたいのは、過疎法の成果と今後の対策についてでございます。昭和四十五年度から施行されてまいりました過疎法、厳密には過疎地域対策緊急措置法、この法律は御承知のように来年度で時限立法の…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 建設委員会 第14号(1978/05/26、34期)

前回の委員会で、俗に言います天下り人事という大変生臭い質問をいたしました。その席で道路公団総裁から、常任参与について職員でもない役員でもないという、私どもにとってとうてい理解のいかない趣旨の答弁がござ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第7号(1978/04/19、34期)

わが国の運転免許所持者は三千六百万人を超えて、さらに年間百八十万から二百万人ずつの割合でふえ続けている現状でございます。まさに国民皆免許時代、こういうことが言われる今日でございますが、それだけに優秀な…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1979/02/14、34期)

私は最初に田園都市構想と定住圏について関連をして質問をいたします。政府はさきに田園都市構想と定住圏構想とは矛盾しないという統一見解を表明されているようでございますが、もしそうだとするなら、同一な構想…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 建設委員会 第7号(1979/03/16、34期)

ただいま議題になりました二法案について、国土庁を中心に関係各省にお尋ねをいたします。まず最初にお尋ねしたいのは、奄美群島は御承知のように昭和二十八年本土復帰後、御案内のとおり特別措置法によって過去二…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1979/06/01、34期)

質問の第一は中小建設業の振興についてお尋ねをいたします。最初に、昭和五十二年の第八十国会で、当委員会として中小建設業振興に関する小委員会が設置をされまして、その小委員会で全会一致でまとめられました中…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第8号(1979/05/24、34期)

最初に警察庁にお尋ねをいたします。自動車による交通事故原因を考えた場合に、およそ一三つの条件があると考えられます。つまり、一つは物損事故の場合、ドライバー間に、不注意あるいは義務違反、こういうものが…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22