大西正男衆議院議員 35期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員


衆議院本会議(35期)

24期本会議 - 30期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第89回国会(特別:1979/10/30-1979/11/16)  0回発言      0文字発言
  第90回国会(臨時:1979/11/26-1979/12/11)  0回発言      0文字発言
  第91回国会(通常:1979/12/21-1980/05/19)  4回発言   9395文字発言

       35期通算   (1979/10/07-1980/06/21)  4回発言   9395文字発言

本会議発言一覧

第91回国会 衆議院 本会議 第6号(1980/02/12、35期)

山田議員の御質問にお答えいたします。議員のお尋ねは、郵便貯金の限度額のチェックはしり抜けではないか、こういうお尋ねでございますが、郵便貯金につきましては、御承知のとおり、預入限度額は現在のところ三百万円と定められております。この限度額の範囲内におきまして、その利子は非課税とされておるところでございます。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第10号(1980/03/13、35期)

嶋崎議員の御質問にお答え申し上げます。放送大学学園の放送を認めることは、わが国放送法制の基本的変革になるのではないかという御指摘でございます。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第20号(1980/04/22、35期)

郵便法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。この法律案は、最近における社会経済情勢の動向及び郵便事業の運営の現状にかんがみ、郵便事業の運営に要する財源の確保を図るため、第一種郵便物及び第二種郵便物の料金の改定を行うほか、第一種郵便物等の料金の決定について臨時の特例を設け………会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 本会議 第21号(1980/04/24、35期)

放送法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。日本放送協会の受信料につきましては、現在、放送法第三十二条におきまして、協会の放送を受信できる受信設備を設置した者は、協会と契約を締結しなければならないとされておりますが、近時、契約締結の拒否等による受信料の不払いが増加の傾向に………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(35期)

24期委員会 - 30期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(35期)

24期質問主意書 - 30期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22