正森成二衆議院議員 35期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(35期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

  第89回国会(特別:1979/10/30-1979/11/16)  0回発言      0文字発言
  第90回国会(臨時:1979/11/26-1979/12/11)  0回発言      0文字発言
  第91回国会(通常:1979/12/21-1980/05/19)  0回発言      0文字発言

       35期通算   (1979/10/07-1980/06/21)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(35期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第89回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  1回発言  10668文字発言
 第90回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  2)  2回発言  19187文字発言
 第91回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員  4) 12回発言 100866文字発言

  35期通算  41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 34 委員  7) 15回発言 130721文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

大蔵委員会
            34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 34 委員  0)  14回発言 108308文字発言

航空機輸入に関する調査特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   0回発言      0文字発言

予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言  22413文字発言

商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

大蔵委員会理事(第89回国会)
大蔵委員会理事(第90回国会)
大蔵委員会理事(第91回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第89回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1979/11/21、35期)

財政問題、与党の党内問題、ともに大変なときに大蔵大臣をお引き受けになりまして、まことに御苦労さまでございます。この間、大臣が最初の大蔵委員会でごあいさつをなさりました。その中に「この場合、歳出面にお…会議録へ(外部リンク)

第90回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1979/12/05、35期)

今度の外為法の改正で、経常取引あるいは資本取引の原則自由、有事規制の法体系になったわけであります。私どもが心配いたしますのは、これによって大商社などの為替投機が進むのではないかということであります。も…会議録へ(外部リンク)

第90回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1979/12/10、35期)

私は、税理士法の一部改正案について、これから大臣並びに政府関係者に質問をいたしたいと思います。税理士法については、かねがね税理士会で、昭和三十九年にも改正案が出されて、それは廃案になったと承知してお…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1980/02/05、35期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、ただいま議題の税理士法一部改正案に対し、反対の討論を行います。反対の第一の理由は、本案が税理士及び税理士会に対する大蔵省、国税庁の監視、監督権限を大幅に強化し、税…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1980/02/19、35期)

まず最初に、本法案の前提となりました東京ラウンドが長期間にわたって行われたわけですが、私どもが承知しておりますところでは、77などと言われております発展途上国が今回の東京ラウンドに不満を持っておる、あ…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1980/03/12、35期)

小倉参考人にまず伺いたいと思います。今度の税調の答申では、一般消費税を実施すべきである旨の提言を五十四年度の税制改正に関する答申で行ったが、「国民の十分な理解を得るに至っていないと考えられるところか…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1980/03/19、35期)

それでは関連で一言聞かしていただきます。いま最後に直税部長の方から姿勢についてお話がありましたが、その前提として同僚の多田委員の質問に対して、いずれにせよ昭和四十八年中だから時効になっておりますとい…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1980/03/26、35期)

それでは、まず最初に大蔵大臣に伺いたいと思います。本日の夕刊を見ますと、大臣ももちろんごらんいただいたと思いますが、本日朝の週休二日制関係閣僚懇談会で国家公務員の週休二日制、いわゆる四週五休制で、正…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1980/04/02、35期)

本日は、私の方の手違いで急に日銀副総裁においでいただくよう申しましたところ、承りますと、午後御日程がございましたのにわざわざ国会においでいただきましたそうで、厚くお礼を申し上げますとともに、日程を狂わ…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1980/04/04、35期)

関参考人にお伺いしたいと思います。国債引き受けのシンジケート団の会長として種々御皆労なことだと思います。新聞紙上で拝見いたしますと、あなたの御発言として市場実勢を見ながら今回はじっくり発行条件を詰め…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1980/04/09、35期)

澄田副総裁どうも御苦労さまでございます。四月二日に私は本法案について質問さしていただきましたが、澄田副総裁にお聞きしていたちょうど途中で終わりましたので、その続きから始めさしていただきます。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 大蔵委員会 第24号(1980/04/18、35期)

それでは、私から、本法案について若干の問題を聞かしていただきます。いま伊藤委員からも御質問がございましたが、中華人民共和国がIMFに正式加盟ということが報ぜられております。そこで、その問題について若…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 大蔵委員会 第25号(1980/04/23、35期)

それでは、私から伺わせていただきます。同僚委員の質問と若干重複する点があるかもしれませんが、なるべく重複を避けて伺いたいと思います。他の委員も質問をされましたが、昨年十二月の税調の答申でも「現在、道…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 大蔵委員会 第30号(1980/05/15、35期)

財政再建と国債の問題というのは非常に国民の関心の深いところですが、最近、新聞を見ておりますと、今年度十四兆二千七百億円国債を発行することになっておりますが、その発行額を一兆円ほど減額してほしいという要…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1980/02/04、35期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、これからお手元に提出した総括質問項目に基づいて若干の質問をさしていただきます。その前に、項目にはございませんが、緊急に聞かしていただきます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(35期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12