木下元二衆議院議員 35期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(35期)

33期本会議 - 35期本会議

本会議発言統計

  第89回国会(特別:1979/10/30-1979/11/16)  0回発言      0文字発言
  第90回国会(臨時:1979/11/26-1979/12/11)  0回発言      0文字発言
  第91回国会(通常:1979/12/21-1980/05/19)  0回発言      0文字発言

       35期通算   (1979/10/07-1980/06/21)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(35期)

33期委員会 - 35期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第89回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第90回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  2)  2回発言  11961文字発言
 第91回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 20)  9回発言  74332文字発言

  35期通算  36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員 24) 11回発言  86293文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

法務委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)   7回発言  60689文字発言

交通安全対策特別委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  1)   4回発言  25604文字発言

予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

交通安全対策特別委員会理事(第89回国会)
交通安全対策特別委員会理事(第90回国会)
交通安全対策特別委員会理事(第91回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第90回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第2号(1979/12/05、35期)

私は、以前から問題になっております大型貨物自動車の左折事故対策をめぐって質問いたします。昨年の十月四日に運輸省の自動車局が、大型貨物自動車の左折事故が続発することにかんがみまして当面の緊急対策として…会議録へ(外部リンク)

第90回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1979/12/11、35期)

私は、まず民事法務行政分野における定員不足問題についてお尋ねをいたします。近年、登記部門での事務量の増加はきわめて著しいものがあります。そのために、法務局における施策は登記部門に重点配分せざるを得な…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第3号(1980/03/18、35期)

先般の交通安全対策特別委員会における運輸大臣の所信表明によりますと、「自動車交通の安全につきましては、自動車の検査体制の充実、自動車整備事業の指導監督の強化、過積載防止のための指導を徹底するとともに、…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第5号(1980/04/09、35期)

私は、道路欠陥と車両の強度不足による死傷事故の問題についてお尋ねします。北海道道である釧路鶴居弟子屈線というのがあります。この道路で昨年八月二十七日に、この道路の鶴居村通称芦別橋の欄干に乗用車が激突…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第7号(1980/04/17、35期)

まず私は国道百七十六号線の整備問題について建設省に伺います。国道百七十六号線は阪神間と内陸部、日本海側とを結ぶ主要な生活産業道路であります。内陸部の開発や阪神間北部の人口急増などによりまして、交通混…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1980/03/04、35期)

このたび裁判所職員定員法を改正して、判事の員数を二十二人増加をする、裁判官以外の裁判所の職員の員数を十五人増加をすることにはもとより賛成であります。もっとも、その増員に賛成ではありますが、決してそれに…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1980/03/05、35期)

私は、法人問題ことに特殊法人及び認可法人の法的性格を中心にして質問をしたいと思います。昨年末閣議決定がありました五十五年行政改革、これにおきまして、その第一に特殊法人の整理統合を掲げまして、一つに統…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1980/03/21、35期)

航空機疑獄、日韓癒着汚職、特殊法人や政府各省庁での不正経理事件、日本税理士政治連盟の政治献金問題など、不正腐敗事件が相次いで露呈をしまして、国民の広範な憤激がわが国を揺るがしていることは周知のとおりで…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1980/03/28、35期)

午前中からこの刑事補償法の問題点をめぐって論議がされておりますので、なるべく重複を避けて簡単に質問をいたしたいと思います。私も、今回の刑事補償法改正によります補償金額の引き上げははなはだ不十分だと思…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1980/04/22、35期)

私は、外国人登録法の問題に入ります前に、日本税理士会連合会及び税政連による税理士法買収事件について、ごく簡単にお尋ねしておきます。日税連と税政連は、昨年八月二十七日に合同幹部会で、税理士法改正案成立…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 法務委員会 第23号(1980/05/13、35期)

今回の民事訴訟費用等の値上げは、経済事情の変化や物価上昇を理由にいたしております。しかし、訴訟費用を物価と同視するべきではありません。物価が上がるから訴訟費用も上がるんだという考え方は妥当ではないと思…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(35期)

33期質問主意書 - 35期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12