飛鳥田一雄衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


衆議院本会議(36期)

26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  1回発言   4258文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  0回発言      0文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  1回発言  10141文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  1回発言   8355文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  1回発言   9541文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  1回発言   7739文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  2回発言  15142文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  7回発言  55176文字発言

本会議発言一覧

第92回国会 衆議院 本会議 第4号(1980/07/25、36期)

ただいま議長から御報告のありましたとおり、内閣総理大臣自由民主党総裁大平正芳君は、去る六月十二日、虎の門病院において逝去せられました。まことに痛惜の念にたえません。ここに、私は、諸君の御同意をいただき、議員一同を代表し、謹んで哀悼の言葉を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第3号(1981/01/28、36期)

私は、日本社会党を代表して、鈴木総理の施政方針に関し質問をいたします。まず初めに、事の緊急性にかんがみ、豪雪救済対策を伺いたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 本会議 第4号(1981/09/30、36期)

私は、日本社会党を代表して、本国会で行われました鈴木総理の所信表明に関して質問をいたします。この際、私は、お言葉だけではなく、具体的に進めておられる施策の実際に即して伺いたいと思います。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第3号(1982/01/27、36期)

私は、日本社会党を代表して、鈴木総理の施政方針に関し、国民の切実な関心が集中している若干の問題点について御質問をいたしたいと存じます。(拍手)まず、その第一は、今日の世界を覆う核戦争の危機に対処してわれわれは何をなすべきか、際限なき軍拡競争の流れを核軍縮、核廃絶の方向に切りかえるための日本の役割りは………会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 本会議 第4号(1982/12/08、36期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、総理の所信表明演説に対し、われわれの考え方を明らかにしつつ、同時に、若干の質問を行いたいと考えます。総理、あなたがつくった中曽根内閣の顔ぶれを見て、私は驚き、あきれ、果ては憤りさえ感じたのであります。政府・与党のかなめの地位に平然と灰色高官を据え、あまつさえ刑事………会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第3号(1983/01/27、36期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表し、総理の施政方針に関して、国民の声を代弁しつつ質問を行いたいと存じます。(拍手)昨日、ロッキード疑獄事件の田中角栄被告に対して、懲役五年、追徴金五億円の求刑が行われました。その衝撃は、いまや改めて国民の中に大きく広がりつつあります。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第23号(1983/05/24、36期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題となりました中曽根内閣不信任案について、提案の趣旨を申し上げます。(拍手)まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第92回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第98回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  36期通算   2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 懲罰委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第98回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22