岡田利春衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


衆議院本会議(36期)

29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  0回発言      0文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  0回発言      0文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  1回発言   7755文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  1回発言   4385文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  2回発言  12140文字発言

本会議発言一覧

第96回国会 衆議院 本会議 第3号(1982/01/27、36期)

私は、日本社会党を代表しまして、飛鳥田委員長に続き、政府施政方針に対して質問を行うものであります。鈴木総理は、政権担当に当たって、和の政治を理念として掲げ、ロッキード事件を初め、続発した構造的汚職事件に反省を込めて、政治倫理の確立と綱紀の粛正を図る強い決意を述べられました。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第10号(1983/03/08、36期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、日本社会党・護憲共同提出の昭和五十八年度一般会計予算、同特別会計予算及び同政府関係機関予算を撤回のうえ編成替えを求める動議に賛成し、政府提出の予算三案に反対する討論を行うものであります。(拍手)予算は時の政府の顔であり、その政府の性格を語るものと言われています。………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第92回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  1回発言    805文字発言
 第93回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  2)  4回発言  34692文字発言
 第94回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 22) 12回発言 105317文字発言
 第95回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  2回発言  16189文字発言
 第96回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 26) 14回発言 126478文字発言
 第97回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  6)  1回発言   9514文字発言
 第98回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 19)  8回発言  85768文字発言
 第99回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  1)  1回発言   8658文字発言
第100回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  1回発言  14598文字発言

  36期通算 132回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 52 委員 80) 44回発言 402019文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            73回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 73)  7回発言 104159文字発言

 石炭対策特別委員会
            53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 52 委員  1) 31回発言 243400文字発言

 外務委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  5回発言  32750文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  21710文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 石炭対策特別委員会理事(第92回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第93回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第94回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第95回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第96回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第97回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第98回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第99回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第100回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第92回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1980/07/24、36期)

提案者を代表いたしまして、決議案の趣旨の御説明を申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1980/10/16、36期)

業界は安い石炭が欲しいけれども石炭はない。油は節約しなければならない。油の方が高いけれどもあるから買いやすい。こんな矛盾が起きるわけですね。私はそういう意味で、ぴしっとした見通しじゃなく、大まかなこと…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1980/11/06、36期)

林参考人に前段二、三お聞きいたしたいと思う点があります。一つは、北炭三社分離をして、それぞれ分離された会社の負債というものは、明確に分離した炭鉱に整理をされておるはずであります。そこで現在、夕張炭鉱…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1980/11/20、36期)

今回の答申をずっと読みますと、やはり産炭地の特性として、鋭角的なスクラップが進んで、現在残存鉱害が多く残されているわけです。しかもその鉱害は、無資力のものもございますし、また有資力のものもある。有資力…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1980/11/26、36期)

いま通産大臣は新しい石炭政策を諮問しているのですが、事務局として、石鉱審の審議の状況は年内どの程度まで一体審議ができるのか、事務的に御答弁願いたいと思います。明年に入りまして、さらにそれを順次検討を…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1980/12/22、36期)

ただいま議題になりました日ソ、ソ日暫定協定の内容に入る前に、外務大臣に二、三の問題についてまずお尋ねいたしたいと思います。その第一点は、今日の日ソ関係は、アフガン問題以来、いわば冷たい関係にある、こ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1981/04/24、36期)

日米の首脳会談の日程が迫ってまいっておるわけです。今国会でも対ソ政策についていろいろ外務省の見解も承ってまいったわけですが、今日の時点でわが国の対ソ外交、経済政策、いわばこの基本方針については、従来国…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1981/02/12、36期)

私は、委員長のお許しを得て、議事進行の立場から、産炭地域における地方交通線の問題について、これまでの当委員会の審議の経過を踏まえて申し上げたいと存じます。現在、政府は、さきに成立した日本国有鉄道経営…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1981/03/26、36期)

冒頭に、今年度特別会計の石炭勘定、特に原重油の関税の関係では、一千二百七十三億予算が計上されて、前年度対比十六億の伸びになっています。次の前年度剰余金受け入れ、前年は五十一億一千二百万円、今年度は百十…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1981/04/02、36期)

私の時間は十分よりございませんので、一問ずつ御質問申し上げたいと思います。初めに西村参考人にお伺いいたしますけれども、昭和三十六年という年は、考えてみますと、ちょうどわが国のエネルギーの石炭と油が全…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1981/04/09、36期)

私は、ちょっと午前中の質問から角度を変えて若干質問をいたしたいと思います。先ほど来も産炭地振興、いわば産炭地と旧産炭地がこの概念の中には含まれておるわけです。また、答申の中にも鉱工業の振興ということ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1981/05/07、36期)

私は、いままでの石炭政策を振り返ってみて、第五次政策まではスクラップ・アンド・ビルド政策がその基調であったと思うわけです。そして第四次、第五次政策は原料炭重点主義、そして良質一般炭を一応意識しながら原…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1981/05/14、36期)

参考人の皆さんには、お忙しいところ大変ありがとうございます。初めに大垣さんと奥村さんにお尋ねいたしたいと思いますが、先ほど第七次政策の財源の問題について触れられておるわけです。財源の問題については、…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第9号(1981/05/28、36期)

私は、第七次政策に関連して、政策に関する提言を含めながら質問をいたしたい、かように思います。まず第一点は、第七次政策に取り組む姿勢の問題でありますが、先般の向坂さんの参考人としての意見の中で、石油価…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1981/08/07、36期)

九州地区の現地調査につきまして、派遣委員を代表して御報告申し上げます。派遣委員は、三原朝雄君、渡辺省一君、小渕正義君、塚田庄平君、石原健太郎君と私、岡田利春の六名で、私が団長を務めさせていただきまし…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1981/02/14、36期)

本予算委員会が憲法問題に関連する竹田発言、また武器輸出に関連する問題で中断されまして、途中、補正予算及び公聴会が入りましたから、ちょうど八日目で総括質問が再開をされたわけであります。私は、この際、端的…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1981/02/19、36期)

きょうの午前十一時に米レーガン大統領の一般教書、今後四年間のアメリカの経済政策を織り込んだ教書が発表になっておるわけです。すでにその骨子については実はいろいろ報道もされておるわけであります。ちょうど昨…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1981/10/22、36期)

今次の災害は、私自身としては、一言で言えば残念至極であり、断腸の思いだ、こういう気持ちでいっぱいであります。大臣が、災害が起きた翌日現地を視察されたということについて、私は敬意を表したいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1981/10/29、36期)

北炭夕張炭鉱株式会社のガス突出災害の実情調査につきまして、便宜私から御報告を申し上げます。派遣委員は、森中守義委員長を団長として、愛野興一郎君、田中昭二君、小渕正義君、北村義和君、小沢和秋君、伊藤公…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第11号(1982/08/06、36期)

実はきょうの私の質問は、きのう理事会で決定いただきまして、本法案の審議に関連して政府委員の出席を要求いたしたわけです。特に北方対策本部長である総理府長官の出席を要求したのでありますけれども、きょう委員…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1981/12/21、36期)

いまも日ソ関係の問題について質問がありましたけれども、冒頭に、これからの日ソの関係についてお伺いをいたしたいと思います。日ソ国交回復以来、ちょうど二十五周年を経過いたしたわけであります。七九年のアフ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1982/02/23、36期)

初めに向坂参考人にお伺いしますけれども、いまの政府のエネルギーの暫定見通し、需給見通しの改定作業が進められておるわけです。大体三月末くらいを目途にして答申をする、こう言われておるわけですが、先般エネル…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1982/02/25、36期)

労働省関係の若干の質問からお伺いをいたしたい、こう思います。今回の炭鉱離職者臨時措置法がさらに五年間延長されることになっておるわけであります。そこで、私はこの五年間の延長と他の法案との関連を考えてま…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1982/02/26、36期)

堂垣内参考人にまずお伺いをしたいと存じます。先ほど御意見を拝聴いたしておったわけですが、特に北海道の一つの柱の産業として石炭産業があるわけですけれども、その中で特に石炭の果たしている役割りという意味…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1982/03/11、36期)

限られた時間でありますので、ひとつ端的に質問いたしますから、できればどんぴしゃりお答え願いたい、こう思うわけでございます。まず初めに、私は北炭問題についてお伺いをいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1982/03/19、36期)

若干関連質問を申し上げたいと思います。去る十一日の当委員会において、ちょうど大臣が出席できなかったわけですが、北炭問題についてるる御質問申し上げたわけであります。そこで、きょうせっかく大臣もお見えで…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1982/04/01、36期)

初めに、先ほど北炭の問題について御報告がありましたから、二点ほどお尋ねいたしたいと思います。当初見込みよりも罹災者の救出が早まって、三十一日に完了いたしたわけですが、この状況からまいりますと、これか…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1982/04/22、36期)

後から大臣に対する質問がありますので、いまの与えられた時間は、きわめて事務的な問題に限って御質問いたしたい、こう思います。まず第一点、北炭は、関係炭鉱で従来まで十一山、炭鉱閉山をいたしておるわけです…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第12号(1982/07/08、36期)

夕張新炭鉱の事故調査委員会の報告書をずっと拝読しまして、非常によくまとまっている報告書である、私はこう実は評価をいたしておるわけです。これだけの大災害があって、現場の直接担当者が死亡しているという状況…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1982/08/19、36期)

私は、初めに当面問題になっております北炭夕張新鉱の問題についてお尋ねをいたしたいと思います。大沢管財人はきのう記者会見をして、二十一日にも正式な提案をする。そして、その骨子について大体説明になってお…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第14号(1982/08/26、36期)

本日議題になっている北炭夕張炭鉱の問題は、私に言わせると、いままで一貫した石炭政策の個別企業対策の矛盾のあらわれである、こう指摘せざるを得ないと思うのです。したがって、このまま推移すれば、今後も第二、…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1982/02/09、36期)

つい先ほどのニュースで、八時四十分ごろ、福岡発の羽田行きの日航DC8が、百六十人乗りでありますけれども、着陸に失敗して海に突っ込んで死者も出た模様であるということを、実はテレビで聞いたわけであります。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1982/02/22、36期)

昨年の十月十六日に北炭夕張で災害がございまして、九十三名の方々が亡くなっておるわけです。そして、年を越えて一月六日、ベーリング海において第二十八あけぼの丸の転覆事故がございまして、一名だけが奇跡的に生…会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1982/12/16、36期)

ただいま議題になっております日ソ、日米の漁業条約は、いわゆるわが国の北洋漁業に関する協定であるわけです。二百海里時代を迎えて、わが国の北洋漁業も大変困難な事態に直面をいたしてまいったわけでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1983/04/26、36期)

サケ・マス漁業協定の質問に入る前に、二、三日ソ関係についてお伺いをいたしたいと思います。先般、第三回の日ソ事務レベル協議が行われたわけであります。この双方の主張点を冷静に読んで判断をいたしますと、い…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1983/03/25、36期)

初めに国際石油の動向の予測についてお尋ねしたい、こう思っておりましたけれども、いま大臣から一応の見解を述べられたわけであります。そこで、日本の権威あるエネルギー機関が実は今後の動向について予測をいた…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1983/05/24、36期)

参考人の皆さん、大変御苦労さまです。限られた時間でありますので端的に参考への皆さんに御質問をいたしたいと思います。まず初めに有吉参考人にお尋ねをいたしますけれども、先ほど大沢構想と石炭協会の答申のい…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1983/05/25、36期)

夕張再建問題がいままでいろいろ議論されてまいりましたけれども、いままでの間、夕張再建の方向を示したのは、第一には大沢構想であると思います。これは明確に再建の方向を示唆をいたしておるわけです。そして今日…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1983/07/07、36期)

両参考人、大変御苦労さまです。初めに有吉参考人にお尋ねいたしたいと思うのですが、いわば石炭産業、炭鉱の特殊性から考えて、しかも夕張の場合には非常に深部の、ガスの湧出量の多い鉱区である。露頭とか、きわ…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1983/02/08、36期)

私は、主として外交問題を中心にして質疑を行いたいと思うわけです。きわめて素直に私は質問いたしたいと思いますので、総理の率直な御答弁をまず心からお願いを申し上げておきたいと思います。まず、本論に入る前…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1983/02/22、36期)

エネルギー問題に関連して質問をいたしたいと思っておりますが、まだ通産大臣が参りませんから、その前に運輸大臣に、関係する問題について御質問いたしたいと思います。特にいま問題になっておりますのは、ことし…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1983/03/08、36期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、日本社会党・護憲共同提出の昭和五十八年度一般会計予算、同特別会計予算及び同政府関係機関予算を撤回のうえ編成替えを求めるの動議に賛成し、政府提出の予算三案に反対する…会議録へ(外部リンク)

第99回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1983/08/04、36期)

質問に入る前に一つお伺いいたしておきたいと思うのですが、去る七月十三日の産炭地域振興関係各省庁等連絡会、ここで配付された資料の中に、「大臣、石炭協会に対して、道が中心となって再開発する場合に協力するよ…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1983/10/05、36期)

北炭夕張炭鉱の問題で、閉山が決定して以来、大野労働大臣は非常に繁忙の中、現地を訪れて、現地の実態調査また生の声を聞かれたわけですが、この現地訪問について私も心から敬意を表したいと思う次第であります。…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22