楢崎弥之助衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


衆議院本会議(36期)

29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  0回発言      0文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  0回発言      0文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  0回発言      0文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  0回発言      0文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  0回発言      0文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)  1回発言   3027文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  0回発言      0文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17)  1回発言   3027文字発言

本会議発言一覧

第98回国会 衆議院 本会議 第10号(1983/03/08、36期)

私は、新自由クラブ・民主連合を代表し、五十八年度予算三案に対し、反対の立場から討論をいたしたいと存じます。五十八年度予算総額は五十兆三千七百九十六億であります。いまはやりのごろ合わせをいたしますと、私なりにはこう読めます。ゴハミナクロ。いま懸案の政治倫理問題と重ね合わせたときに、まことに意味深長な予………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第92回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第93回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言  11559文字発言
 第94回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  6回発言  40511文字発言
 第95回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  3回発言  17067文字発言
 第96回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37) 14回発言  83477文字発言
 第97回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言  17584文字発言
 第98回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 31)  5回発言  31787文字発言
 第99回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
第100回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   4503文字発言

  36期通算 118回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員118) 33回発言 206488文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 決算委員会
            43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43) 15回発言  75931文字発言

 内閣委員会
            39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39)  8回発言  52725文字発言

 予算委員会
            31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 31)  9回発言  73280文字発言

 安全保障特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   4552文字発言

 外務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第93回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1980/10/15、36期)

田中通産大臣がまだお見えでありませんから、田中大臣が見えた段階で防衛問題をちょっと途中中断するかもしれません。大村長官、先日私は「最近の防衛力増強に関する質問主意書」を提出いたしました。あの答弁書の…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1980/11/20、36期)

冒頭に委員長にお伺いいたしますが、広島県竹原市忠海町五三八三番地伊勢本花市という人から委員長あてに「国有財産処理について」という請願書が出されておりましょうか。伊勢本花市氏から請願書が仰せのとおり大…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1981/03/17、36期)

まず、昨年十一月に、これは私の地元でもあるのですけれども、福岡市に本部を置きます財団法人福岡県社会保険医療協会の就職に関する差別事件が起こっておるわけですが、その内容について法務省は把握されておりまし…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1981/04/20、36期)

私は、冒頭に、せんだっての原潜ジョージ・ワシントンの衝突事故について、その衝突事件と国内法及び国際条約との関係を整理をしたいと思います。時間が限られておりますから、私の方からいろいろと申し上げますの…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1981/05/07、36期)

公務員二法が当委員会にかかっているわけですが、中曽根行管庁長官にお伺いしますけれども、行財政改革と公務員二法の関係あるいは位置づけはどのようにお考えでしょうか。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1981/05/14、36期)

まず冒頭に退手についての私どもの考えを明らかにしておきたいと思うのですが、私は定年法の審議の場合にも指摘をしたわけですけれども、行政改革というものは単に財政のつじつま合わせだけではだめだ。つまり行政改…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1981/05/21、36期)

まず冒頭に、自民党歴代政府がとってきた本問題に対する神話と虚構を崩壊させることになるかもしれない二つの事実について総理に調査をお願いいたします。一つは、つい最近も横須賀の浦郷弾薬庫にアスロックと思わ…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1981/06/05、36期)

旧金鵄勲章にかかわる請願について、その取り扱い及び内容に関し、社会民主連合の意見を明確にいたしたいと存じます。一つは、この請願の取り扱いについて、その内容及びこれまでの請願の取り扱いのルール、慣例、…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1981/10/16、36期)

まず、十四日にアラファト議長と総理、外相は会談を持たれたわけです。その際に、いわゆるファハド八項目についてアラファト議長は同意をしたのかどうか、つまり賛成の意を込めた同意をしたのかどうか。というのは、…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1981/10/22、36期)

運輸省は、有事の場合、すなわち自衛隊法第七十六条第一項、防衛出動下令下及び同七十八条一項、治安出動下令下、この有事の場合における法制の研究をしていますか。会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1981/10/03、36期)

私は、新会派、新自連を代表いたしまして、河野洋平議員が本会議で代表質問をいたしましたその延長線上で二、三の問題について質問をいたしたいと思います。時間が二十六分ですから、答弁の方も簡潔、明確にひとつ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第5号(1982/10/07、36期)

施設庁長官にお伺いをいたします。午前中、社会党の横路委員が、F16は三つの能力、すなわち対地、対艦、空対空、迎撃ですね、そのうちで特に対地爆撃が主要目的である、これは動かせない事実であるとすれば、当…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1982/04/19、36期)

私は、まず、プロボクシング界で問題になっております金平正紀氏にまつわる問題を最初ただしたいと思います。金平氏については、さまざまな問題が提起をされておる。たとえば薬物混入の問題、これはもうマスコミが…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1982/05/12、36期)

大蔵大臣にお伺いをいたしますが、あなたの時代でなくて、聞かれなかったら聞かなかったで結構です。防衛庁がシーレーン一千海里防衛ということを大蔵省に持ち込んで、それとの関連の装備が当然出てきますね。いま…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1982/05/14、36期)

おととい十二日に質問をいたしました際に、まずリムパック82の予算についてお答えがなかった。そこで、昨日その説明をいただきました。それによりますと、説明書は、リムパック82の総予算は七億一千六百万、その…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1982/07/07、36期)

ただいまの事実は、私が先月ハワイに行って調べた事実と相違をいたしております。十三日の日に内閣委員会で防衛二法がかかっておりまして、詳しいことはそこで行いますけれども、もともとあのリムパック82では、…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第7号(1982/08/10、36期)

官房長官にお尋ねをいたしますが、内閣総理大臣の専権事項はどういうものがありますか。たとえば自衛隊法七十六条防衛出動は総理大臣のみの専権事項であると思いますが、ほかにどういうものがありますか。ただ、御…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 決算委員会 第9号(1982/09/21、36期)

外務大臣が六時までという時間制限がありますから、大臣も簡潔に明瞭にひとつお答えいただければ、六時前にここを出られると思います。それで、午前中の井上一成議員は、今度の総理大臣訪中に関して当然避けて通れ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1982/03/18、36期)

私は、冒頭外務省の方に、本日かかっております在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案に関連して、一言注意を喚起しておきたい問題があるのです。か…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1982/05/13、36期)

私は三時間に及ぶ論議を聞いておりまして、私の質問は一番最後であり、十分間でありますから、伊藤長官は個人としては友人であり尊敬している人物でありますけれども、ここでその論議の結論として私なりに判決を言わ…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 内閣委員会 第19号(1982/07/29、36期)

私は冒頭、ただいま重要問題になっております教科書検定、記述変更問題を取り上げたいと思います。この防衛二法審議の際にこの問題を取り上げる意義というものは、私はただ単に中国や韓国側からの批判があったから取…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 内閣委員会 第20号(1982/08/10、36期)

私は、厚生省設置法一部改正に際しまして、緊急調査を要する事態が起こっておりますので、以下、問題点を明らかにしたいと思います。内容は、白い巨塔、国立大学医学部と製薬会社の癒着の問題についてであります。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1982/02/10、36期)

私は、まず、総理の政治姿勢から問題に入りたいと思いますが、昨日、与党自民党は憲法調査会を開いて、そこで大体憲法改正草案を秋までに成文化する、それを決めて、その後、次の参議院選挙でこの憲法改正問題を争点…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1982/02/18、36期)

いまの報告については後ほど質問をいたしたいと思いますが、まず、問題のファントムの試改修問題から質問に入りたいと思います。この問題が起こりましてからいろいろ新しい事柄が明らかにされました。防衛庁はこち…会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1982/06/24、36期)

私は、一番最初に、日立、三菱電機産業スパイ問題について一言だけお伺いをいたしておきたいと存じます。大内委員も取り上げましたけれども、この問題に関連する法的な問題としては、いわゆる日本国とアメリカ合衆…会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1982/12/14、36期)

私で各党代表の質問が一巡をするわけであります。私も国会に出て二十二年間、予算委員を務めること十二年間、予算委員会、ほとんどの各党代表者が自分の持ち時間の半分を割いて中曽根内閣の政治姿勢あるいは政治倫理…会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1982/12/17、36期)

私は、新自由クラブ・民主連合を代表いたしまして、政府提出の昭和五十七年度補正予算案二案に対し、反対の立場から討論を行います。一連の審議から露呈されたことは、まず、中曽根内閣がロッキードシフト、対米追…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1983/03/23、36期)

せんだって、二月二十一日の予算の総括で、五十四年度の国体改造論、内部改易という、いわゆる幻のクーデターと言われた問題について私は提起をした。それは、そのときにも私はくどく言っておるのですが、機密漏洩事…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1983/05/19、36期)

私の質問時間は七分程度というまことに非常識な質問時間でありますから、ただいまの大蔵省の局長の答弁を聞いておって反省をいたしまして、質問方式を変えて、質問を一括してざらっと言いますから、答弁は一括してや…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1983/02/21、36期)

いよいよ総括も最後になったわけであります。大体世論の示すところは、いま程度の自衛隊は必要ではなかろうかという世論が七、八割ある。一方においては、憲法は守るべきであるという世論も同じように七、八割ある。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1983/03/02、36期)

官房長官がまだお見えではありませんから、大蔵大臣が大蔵委員会との関係があるそうですから、ちょっと順序が違いますけれども、大蔵大臣の関係について一問質問をしておきたいと思います。すでに当委員会でもわれ…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1983/03/08、36期)

私は、新自由クラブ・民主連合を代表し、昭和五十八年度予算三案に反対の立場から討論をいたします。昭和五十八年度予算は、きわめて厳しい内外情勢をいかに打開していくかの処方せんであり、同時に、治癒策でなけ…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1983/10/06、36期)

私は、大韓航空機撃墜事件に関していろいろ不明な点がありますから、以下それを時間の許す限りただしてみたいと思うのであります。第一番目は、陸上自衛隊、五十年段階では二別と言っておりましたが、現在では調別…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 36期(1980/06/22〜)  7本提出

質問主意書一覧

最近の防衛力増強に関する質問主意書
第93回国会 衆議院 質問主意書 第1号(1980/09/29提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

我が国固有の個別的自衛権の及ぶ地理的範囲に関する質問主意書
第94回国会 衆議院 質問主意書 第25号(1981/04/02提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

サウジアラビア原油輸入に関する質問主意書
第94回国会 衆議院 質問主意書 第27号(1981/04/06提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

核積載艦船の我が国領海内通過に対するライシャワー発言に関する質問主意書
第94回国会 衆議院 質問主意書 第39号(1981/05/21提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

ライシャワー発言究明のための随時協議に関する質問主意書
第94回国会 衆議院 質問主意書 第40号(1981/05/25提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国会決議と行政権の関係に関する質問主意書
第95回国会 衆議院 質問主意書 第14号(1981/11/20提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

米国海軍所属戦艦ニュージャージーの日本寄港と非核三原則に関する質問主意書
第99回国会 衆議院 質問主意書 第1号(1983/07/20提出、36期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22